幕末太陽傳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
幕末太陽傳
監督 川島雄三
脚本 田中啓一
川島雄三
今村昌平
製作 山本武
ナレーター 加藤武
出演者 フランキー堺
左幸子
南田洋子
石原裕次郎
音楽 黛敏郎
撮影 高村倉太郎
編集 中村正
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1957年7月14日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

幕末太陽傳』(ばくまつたいようでん、幕末太陽伝とも表記)は、1957年(昭和32年)7月14日に封切られた日本映画である。

概要[編集]

45歳の若さで亡くなった川島雄三監督の代表作である異色コメディ映画で、実在した遊郭「相模屋」を舞台に起こる様々な出来事をグランドホテル方式という構成で、テンポ良く描いている。50年前の時代劇映画であるにもかかわらず年代を問わず観客の支持を得ており、日本映画史上の名作の一本として数えられる。

ストーリーはオリジナルだが、落語居残り佐平次』から主人公を拝借し、『品川心中』『三枚起請』『お見立て』などの物語を随所に散りばめた。脚本はチーフ助監督も務めた今村昌平田中啓一が川島と共同で執筆し、フランキー堺が主演した。1957年度のキネマ旬報ベストテンで第4位にランクインされた。

製作の経緯[編集]

作品の冒頭に「日活製作再開三周年記念」という文字が表示される。これは戦時中の企業整備令(1942年)によって大都映画新興キネマと製作部門が合併し大映となった日活が、1953年に映画製作再開を宣言して、翌1954年調布日活撮影所が竣工して製作再開してから3年目という意味である。新生日活は、技術部門を東宝から、監督部門を松竹大船撮影所から主に引き抜き、この三周年記念映画を任された川島雄三もまた松竹大船からの移籍組(他に西河克己鈴木清順今村昌平などがいる)であった。

日活は当初文芸映画や新国劇との合作を主としていたが、1956年に『太陽の季節』を大ヒットさせると、石原裕次郎という新時代のスターが主演する若者向けの映画会社へと変貌を遂げていた。しかし、この映画によって登場した太陽族に対する世間の風当たりは強く、日活内部でも「太陽族映画」を拒否する傾向が強かった。そんな中で川島の提出した脚本はまさしく幕末の太陽族を意識させずにはおかないものであり、以後映画が完成するまでの間、川島と日活上層部との軋轢は絶えなかったという。また、3周年を記念する大作が古典落語をつなぎあわせた喜劇映画であったこと、石原裕次郎などスター俳優を脇に回して軽喜劇で人気を博していたフランキー堺を主役に据えたこと、品川宿のセット予算など制作費の問題で会社と現場との間で軋轢があったこと、そして川島がかねてから抱いていた待遇の不満などが積み重なり、結局川島はこの映画を最後に日活から東京映画へと移籍することになった。

修復と再評価[編集]

2012年、日活が100周年を迎えることを記念して本作のデジタル修復が行われた。この修復には本作で録音を担当した橋本文雄が、録音・修復監修として参加した。2011年に世界各国を巡回上映[1]。日本でも一般公開された[2][3]

ランキング

  • 1979年:「日本公開外国映画ベストテン(キネマ旬報戦後復刊800号記念)」(キネ旬発表)第11位
  • 1989年:「日本映画史上ベストテン(キネ旬戦後復刊1000号記念)」(キネ旬発表)第6位
  • 1989年:「大アンケートによる日本映画ベスト150」(文藝春秋発表)第9位
  • 1995年:「オールタイムベストテン・日本映画編」(キネ旬発表)第10位
  • 1999年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編(キネ旬創刊80周年記念)」(キネ旬発表)第5位
  • 2009年:「映画人が選ぶオールタイムベスト100・日本映画編(キネ旬創刊90周年記念)」(キネ旬発表)第4位

あらすじ[編集]

文久2年(1862年)の江戸に隣接する品川宿。お大尽を装って遊郭旅籠の相模屋で豪遊した佐平次は、金がないのを若衆に打ち明けると居残りと称して相模屋に長居を決め込み、下働きから女郎衆や遊郭に出入りする人々のトラブル解決に至るまで八面六臂の活躍をし、果てはこの旅籠に逗留する攘夷派の志士たちとも渡り合う。様々な出来事の末に佐平次は体調を悪くするが、それでもなお「首が飛んでも動いてみせまさぁ」と豪語するのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

時代背景[編集]

この作品の舞台となる品川宿は、現在の京急本線北品川駅周辺にあたる。映画の冒頭に、舞台となる相模屋の映画撮影当時の姿である「さがみホテル」が登場する。バックに流れる加藤武のナレーションはここを「北品川カフェー街と呼ばれる16軒の特飲街」と紹介する。つまり赤線地帯である。映画の撮影当時は、まさにこの赤線廃止が目的で作られた売春防止法成立直前であり、カメラは滅びつつある風景を写しながら既に滅びてしまった風景へと遡っていく不思議な効果を生んでいる。相模屋は実在する旅籠である。舞台となる文久2年には、実際に高杉晋作や久坂玄瑞が逗留していたといわれている。高杉らはこの旅籠に滞在し、御殿山に建設中だった英国公使館焼き討ち事件を計画していた。相模屋は地元では土蔵相模という呼び名の方が良く知られている。実物は現存しないが、模型が品川区立品川歴史館に展示されている。模型を見ると、川島雄三とスタッフが細部に至るまで、この旅籠を忠実に再現していることがわかる。なお、映画内に登場する志道聞多は井上聞多のちの井上馨、伊藤春輔は伊藤俊輔のちの伊藤博文である。

エピソード[編集]

  • 高杉晋作役は本来三橋達也が予定されていたが、三橋の方から断ったため断念した。
  • 小沢昭一が演じた貸本屋の金造が海から出てくる心中のシーンで、小沢は猫の死骸を抱いているが、この猫はこのシーンの撮影前、あらかじめ撮影所の小道具部屋で飼われていたものである。猫好きの小沢は、小道具部屋の前を通るたびにその猫の頭を撫でたりしていたが、やがて変わり果てた姿となったその猫と“共演”することとなった。小沢は晩年に至るまで、その猫の霊に手を合わせていた[4]
  • 本作の冒頭のナレーションを務めたのは加藤武である。彼はフランキー堺と親交が深く、本編にも出演したかったそうだが、スケジュールの都合でナレーションのみの参加となったという[2]

幻のラストシーン[編集]

映画の最後は、こはるに熱を上げるしつこい旦那を煙に巻こうとした佐平次が、千葉からやって来た旦那の杢兵衛を海蔵寺の墓場に連れて行き、出鱈目な墓を指してそれをこはるの墓であると騙すというものである。結核を暗示する咳をし、顔色の悪い佐平次に杢兵衛は「(墓石を偽ると)地獄に落ちねばなんねえぞ」と言い、佐平次の体調不良を天罰だと罵る。すると佐平次は「地獄も極楽もあるもんけえ。俺はまだまだ生きるんでえ。」と捨て台詞を吐き、海沿いの道をどこまでも走って逃げていくというものである。

このラストシーンは、脚本段階では、佐平次は海沿いの道ではなく、杢兵衛に背中を向けて走り始めると墓場のセットが組まれているスタジオを突き抜け、更にスタジオの扉を開けて現代(昭和32年)の街並みをどこまでも走り去っていくものであった。佐平次が走り去っていく街並みはいつかタイトルバックに登場した北品川の風景になり、その至るところに映画の登場人物たちが現代の格好をして佇み、ただ佐平次だけがちょんまげ姿で走り去っていくというものだったという。これは川島がかねてから抱いていた逃避願望や、それとは相反する形での佐平次に託した力強さが、時代を突き抜けていくというダイナミックなシーンになるはずだったが、現場のスタッフ、キャストからもあまりに斬新すぎると反対の声が飛び出した。川島が自らの理想像とまで見なしていた佐平次役のフランキー堺まで反対に回り、結局川島は現場の声に従わざるを得なかった(但し、フランキー堺は後に「あのとき監督に賛成しておくべきだった」と語っている)。しかし幻のラストシーンも現存するそれも、それまでの軽快なタッチとは異なり、墓場という陰鬱な風景をなかば嫌悪と恐怖を持って描いており、そこから逃避するという点では一貫している。このラストについては、日活に対する川島の怒りが撮り逃げという形で表れたとする説、「サヨナラだけが人生だ」という言葉を残した川島の人生哲学が反映したとする説、あるいは故郷の恐山に対する嫌悪と畏怖など諸説がある。なお、この幻ラストの方は、後に様々な映画人によって、意識的、無意識的に踏襲されている。今村は自身のドキュメンタリー映画『人間蒸発』でラストシーンの部屋がセットだという事を観客に明かし、映画とドキュメントと現実社会の境界の曖昧さを問い掛けた。川島と同郷である寺山修司は、恐山を舞台にした『田園に死す』のラストで、東北の旧家のセットが崩壊すると、その後ろから1970年代新宿駅東口交差点が現われるという演出をしている。また、崩壊したセットの周囲を現代人となった映画の登場人物たちが往来するなどにも川島の影響をうかがわせる。

後年にフランキー堺が主演した開拓初期の北海道を舞台にした、1977年放映のTVドラマ東芝日曜劇場時計』(脚本倉本聰北海道放送制作)のラストは、唐突に現代の都会雑踏で見知らぬ他人の二人を写し出して終わる。出会ったこと、大自然の原野に孤立し繰り広げる二人の暗闘出来事すべては時代の運命だったという暗喩に現代の希薄な群衆人間関係の様子を添えた。この場面はフランキー堺起用で印象的なものとなった。

また、アニメーター・映画監督の庵野秀明が『新世紀エヴァンゲリオン』制作中に「『幕末太陽傳』をやりたかった」と各媒体でたびたび語っている。なお、テレビ版最終回で実写のスチル映像が紛れ込んだり、「もう一つの可能性」と称してまったく雰囲気の異なる学園ラブコメになりその最後がアフレコ台本で終わるのも、『幕末太陽傳』のラスト、そして川島の積極的逃避哲学から庵野が影響を受けた結果であるという。

影響[編集]

スタッフ、キャストのうち、今村昌平とフランキー堺は特にこの映画と川島から影響を受けている。今村が昭和56年(1981年)に製作した『ええじゃないか』は、舞台を両国橋周辺に移し時代も数年先としているが、『幕末太陽傳』でやり残した部分を映画化した気配が濃厚な作品だった。フランキーは生前の川島と東洲斎写楽の映画『寛政太陽傳』を作ろうと約束していたという。それが果たされずに川島が死亡したため、フランキーは俳優業の傍ら写楽の研究を続け、平成7年(1995年)に自ら企画・製作に参加して『写楽』(篠田正浩監督)を作り上げた。フランキーが高齢になったため、写楽役は真田広之が演じることになりフランキーは蔦屋重三郎役に回ったが、川島は「写楽はフランキー以外に考えられない」と語っていた。フランキーは師とあおぐ川島との約束を果たし、その翌年に死去している。川島を師と仰ぐ藤本義一は、舞台を大阪にした『とむらい師たち』の脚本で、勝新を川島に見立て、主人公を造型した。(葬式屋の生涯:墓場は、川島が好んで使用したシーン)。ラストで勝新が生と死の挟間で彷徨する地獄とも思えるシーンは、川島の出身地恐山そのものである。

漫画化[編集]

『幕末太陽傳』制作過程とそれに至る川島の生涯は、『栄光なき天才たち』(森田信吾作画・伊藤智義原作)で漫画化されている(集英社文庫版第2巻)。先述した故郷への畏怖が映画のラストシーンに影響を与えたとする説は、この漫画で初めて提示されたものである。なお、この漫画のラストは、川島が現代の日本にひょっこり現われるという「幻のラストシーン」を再現するものになっている。

舞台[編集]

同名タイトルの舞台化作品が、2015年9月に本多劇場で上演された。上演台本・演出は江本純子が担当。主演は青木崇高[5]

キャスト

2017年4月から7月まで、宝塚歌劇団雪組公演として宝塚大劇場東京宝塚劇場で上演予定。脚本・演出は小柳奈穂子が担当。主演は、早霧せいな咲妃みゆ。併演はShow Spirit『Dramatic “S”!』(作・演出は中村一徳)。本作は早霧と咲妃の退団公演で[6]、宝塚大劇場公演は、宝塚歌劇団103期生の初舞台公演となる[7]

キャスト

脚注[編集]

  1. ^ 世界各国で日活作品の特集上映が決定!1年ごしでアメリカ、ヨーロッパ、アジアで、鈴木清順や川島雄三監督『幕末太陽伝』デジタル修復版など【第64回カンヌ国際映画祭】 シネマトゥデイ 2011年5月17日 4時14分
  2. ^ a b 日活100周年記念!フランキー堺、南田洋子、石原裕次郎、小林旭ら出演の『幕末太陽傳』がデジタル修復版で劇場に復活決定!! シネマトゥデイ 2011年10月20日 6時16分
  3. ^ 日活の象徴「幕末太陽傳」復活 デジタル版で公開 アサヒ・コム 2011年12月23日10時45分
  4. ^ 小沢昭一・著『老いらくの花』(2009年・文春文庫、P.92~93)所収「『幕末太陽伝』の猫」より
  5. ^ a b 青木崇高主演×江本純子演出で映画「幕末太陽傳」が舞台化”. シアターガイド (2015年7月13日). 2015年7月14日閲覧。
  6. ^ “宝塚雪組トップ 早霧せいな、来年7月退団 咲妃みゆと同時に”. スポニチアネックス. (2016年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/21/kiji/K20161121013766290.html 2016年12月20日閲覧。 
  7. ^ “宝塚雪組が映画「幕末太陽傳」ミュージカル化、早霧せいなが佐平次役に”. ステージナタリー. (2016年8月17日). http://natalie.mu/stage/news/198423 2016年8月17日閲覧。 
  8. ^ a b c “「幕末太陽傳」会見、早霧せいな&咲妃みゆが最後に誓う「喜んでもらえる舞台を」”. ステージナタリー. (2017年1月16日). http://natalie.mu/stage/news/217023 2017年1月17日閲覧。 

外部リンク[編集]