付き馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

付き馬(つきうま)は、古典落語の演目のひとつ。付け馬(つけうま)、早桶屋(はやおけや)とも。主に東京で広く演じられる。

概要[編集]

原話は1692年元禄5年)に出版された笑話本『噺かのこ』第四巻「薬屋にて人参を騙りし事」。これは男が弁舌たくみに薬屋で朝鮮人参をだまし取る、という内容だが、落語では吉原遊廓を舞台にした「廓噺」のひとつとして成立した。

「付き馬(付け馬)」とは、遊廓における、料金の不足を徴収するために客の帰宅に同行する店員を指す俗称である。当初は送迎のための馬を引く馬子が、この際の料金回収を担って客の自宅へ行っていたが、横領が後を絶たなかったため、やがて妓楼の従業員が直接担当するようになり、呼称だけが残ったものであるという。

主な演者に8代目三笑亭可楽5代目古今亭志ん生5代目春風亭柳朝7代目立川談志などが知られる。

あらすじ[編集]

男がひとり、吉原のとある妓楼の前で何かを考え込んでいる。近くの店の妓夫(ぎゆう=男性従業員)が気になって声をかけると、男は「叔母さんが金貸しをしているんだが、叔母さんの代わりに、ここの店に掛け取り(=借金の回収)に来たんだけどね、『明日まで待ってくれ』って言われたんだ。うちは遠方にあり、今から帰って出直すのはバカバカしい。それよりは、近くでひと晩を過ごし、翌朝掛け取りに来たほうが合理的だと思ったのだが、あいにく金を持ってきていない。それで、相談があるんだよ。ひと晩あたしをあんたの店で遊ばせてくれないかな? 明日掛け取りした金で支払いをするから」と答える。

妓夫を通じ、その店の帳場が了解したため、男は登楼し、どんちゃん騒ぎを繰り広げる。翌朝、男が顔を洗っていると、昨夜の妓夫が料金を取りにやって来る。男は「じゃあ、これから取りに行くから、ついて来てくれ」と答え、妓夫を連れて店を出る。男は昨日の店ではなく銭湯へ妓夫を連れて行き、さらには定食屋で酒を飲みながらの朝食をすすめる。そのたびに、妓夫が代金を立て替え、男は「あとで倍にして返すから心配するな」となだめる。

しかし、いつの間にか吉原大門を出て、遊廓の外にいたことに気づいた妓夫は「いつになったら払っていただけるのか」と怒り出す。男は「ここの近所にいるあたしの伯父さんに金を借りて、支払いを済ませよう」と提起して田原町まで妓夫を連れ、1軒の早桶屋(=早桶の注文販売を手がける葬祭業者)にひとりで入っていく。

男は店主を呼び出し、小声と大声を使い分けて次のように話す。「(小声で)通りの向こうに男がいるでしょう。あいつの兄貴が、ゆうべ(=昨夜)亡くなりましてね、急に早桶が必要になったのですが、……(大声で)何とかこしらえていただけませんでしょうか?……(小声で)腫(は)れの病で死んだんでね、『図抜け大一番小判型』なんていう、ものすごい奴が必要になりましてね。……(大声で)何とかひとつお願い……え、大丈夫ですか!?(大声のまま、妓夫の方を向き) おーい、なんとかしてくれると言ってるぞ! ……(小声で)あいつ(=妓夫)は兄貴が死んで混乱しているから、変なことを言いかねないが、ひとつよろしく」男は妓夫と店主を引き合わせると、「用事があるから」と言って姿を消す。

男の声を「何とかこしらえていただけませんでしょうか」「大丈夫ですか」しか聞かなかった妓夫は、男が金の算段をまとめたと勘違いし、高圧的な態度で「出していただきましょう」と、金を待つ。店主は男の注文通りの巨大な早桶を出してくる。妓夫は仰天すると同時に、男が遊郭でただで遊びたいためについていた嘘に今までだまされていたと気づく。妓夫の話を聞いた店主は妓夫に対し「見抜けねえ、てめえも間抜けだ」と激怒し、「こんな早桶は、よそには回せねえ。手間賃はともかく、早桶の材料費は置いていけ」と妓夫に迫る。妓夫が「あり金は全部、さっきの男に使われた」と告げると、店主は早桶の職人を呼び、

「おい、廓内(なか)まで付き馬に行け」

関連項目[編集]