高砂や

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高砂や(たかさごや)は、落語の演目のひとつ。

かつては8代目春風亭柳枝6代目春風亭柳橋などが演じ、現在は10代目柳家小三治が十八番にしている。

あらすじ[編集]

何の因果か、物知らずな八五郎がひょんな事から仲人を仰せつかる事になった。相手は伊勢屋という豪商。着ていく服もなく、困った八五郎、知り合いの隠居に羽織を借りに行った。

ついでに仲人の心得を教えてもらい、「ご祝儀に『高砂や』ぐらいはやらなくてはいけない」と言われる。

『謡』などに縁のない八五郎は頭を抱えるが、隠居に「ほんの頭だけうたえば、あとはご親類方がつけるから」と言われてしぶしぶ歌う事になる。節が似ていると言うので、豆腐屋の売り声を試し声とし、なんとか出だしだけはうたえるようになった。

さて本番。婚礼の披露宴なかばで「ここらでご祝儀をひとつ」。

頼まれた八五郎、いきなり「とーふー」と声の調子を試したあと、「高砂や この浦舟に 帆を上げて」をひとくさりやって、「あとはご親類方で」と逃げようとした。ところが「親類一同不調法で……仲人さんお先に」といわれ、思わず「高砂や この浦舟に帆を 下げて」と謡ってしまい、「下げちゃ、だめですよ」と突っ込まれる。

「高砂や この浦舟に 帆をまた上げて 高砂や この浦舟に……ウゥ……助け舟ェ!!」

概要[編集]

典型的な『オウム』(教えてもらったとおりにやろうとして失敗するパターン)の噺で、似たようなパターンの噺に「松竹梅」がある。

オチとなる「高砂や」の謡いは、能の『高砂』に出てくる謡で、高砂の松と住吉の松とが相生の松であるとし、夫婦和合をうたっている。

その他[編集]

この後、

  • 「高砂や この浦舟に帆を 下げて~」などとやっているうち、一同が巡礼歌の節で「高砂や」を謡いだしてしまう。仕舞には一同揃って「婚礼にご容赦(=巡礼にご報謝)」。

まで演じるのが本来のやり方だが、「巡礼にご報謝」(石川五右衛門を主役とした歌舞伎楼門五三桐』二幕目の幕切れで、巡礼姿の真柴久吉が発する決め台詞)が分かりにくいことから、「助け舟」でサゲることが多い。