青菜 (落語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青菜(あおな)は、古典落語の演目の一つ。

概要[編集]

もとは上方落語で、3代目柳家小さんが東京へ移植した。以降東京では小さん一門の得意ネタとして知られる。他の主な演者に東京の6代目春風亭柳橋、上方の初代桂春輔2代目桂春団治3代目笑福亭仁鶴2代目桂ざこばらがいる。

あらすじ[編集]

夏のある日、ある隠居の家で仕事を終えた植木屋は、隠居から「精が出ますな」と労をねぎらわれ、「柳蔭(やなぎかげ=みりんと焼酎をブレンドした飲料の上方での呼び名。東京では「直し」または「本直し」と呼ぶ)をご馳走しよう」と、座敷に誘われる。

隠居は、酒肴として洗いを植木屋にすすめる。植木屋はいい気分で舌鼓を打つが、ワサビの辛さに閉口する。「口直しを出そう。植木屋さん、青菜[1]は好きか」「大好物です」隠居は手をたたいて、「奥や! 奥や!」と台所に向かって声をかける。隠居の妻は何も持たず座敷に現れ、「鞍馬から牛若丸が出でまして、名も九郎判官(くろうほうがん)」と不思議な返答をする。すると隠居は、「ああ、義経にしておこう」と言ってすませてしまう。

客人が来たと勘違いした植木屋が辞去しようとすると、隠居は押しとどめ、「青菜は食べてしまってもうない、と言うのはみっともないので、妻は『菜も食らう』ほうがん、と、源義経にかけた洒落言葉で言ったのだ。私は、それなら『良し』つね、と返事をしたというわけだ」

隠居夫婦の上品なやりとりに感心した植木屋は、自分も来客が来た際に活用しようと思い立って、長屋に飛んで帰り、自分の妻にこれを教える。折りしも友人が風呂に誘いにやって来るので、さっそく再現しようと、急いでありあわせのもので酒と酒肴の用意をするが、植木屋の長屋には座敷と台所を隔てるものがなく、手をたたいて妻を呼び出すところがうまく再現できない。困った植木屋は、妻を押し入れに放り込んでしまう。

植木屋は、やって来た友人に「植木屋さん。精が出ますな」と声をかける。「植木屋はおまえじゃないか。俺は大工(あるいは建具屋)だ」「冷えた柳蔭をご馳走しよう」「これは生ぬるいし、濁酒だろう」「この鯉の洗いを……」「これはおから(あるいはイワシの塩焼き)じゃないか」「植木屋さん」「植木屋はおまえだ」「青菜は好きか」「俺は青菜は嫌いだ」

困った植木屋が「そんなこと言わずに『食う』と言ってくれ」と泣き出すので、友人がしかたなく「食う」と言うと、植木屋は手をたたいて、「奥や! 奥や!」と叫ぶ。すると、ホコリやクモの巣を顔に引っ掛けた妻が、汗をかきながら押し入れから転げ出てきて、友人は腰を抜かす。妻は息を切らせながら「鞍馬から牛若丸が出でまして、名も九郎判官義経」と続けざまに言ってしまい、植木屋の言うことがなくなってしまう。困った植木屋は、

「……弁慶にしておけ」

バリエーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 基本的に青菜を参照。10代目柳家小三治おひたしにたっぷりのかつおぶしをかけたものとしている(TBS落語研究会2016年8月24日放送分『青菜』より)。

関連項目[編集]