時そば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

時そば』(ときそば)は、古典落語の演目の一つ。

内容は蕎麦屋台で起こる滑稽話であり、数多い古典落語の中でも、一般的に広く知られた演目の一つである。「刻そば」「時蕎麦」という表記が用いられることもある。

1726年享保11年)の笑話本「軽口初笑」の「他人は喰より」が元となっている。これは、主人公が中間であり、そばきりの価格は6文であった。

解説[編集]

明治時代に、3代目柳家小さん上方落語の演目「時うどん」を江戸噺として移植したとされている[1]。 以降柳派の落語家が得意とし、戦後は6代目春風亭柳橋5代目柳家小さん5代目古今亭志ん生がそれぞれ十八番とした。

そばの勘定を巡るごまかしを目撃した男が、それにえらく感心して、自分も真似して同じことをしようというスリリングかつ滑稽な話である。演者にもよるが、近年はマクラとして、江戸時代のそばについての解説ないし薀蓄話がされることも多い[要出典]

そばを食べる場面においてを勢い良くすするを実際と同じように表現することが本作の醍醐味であり、一番の見せ場であるとよく言われる。更には、「そばをすする音とうどんをすする音には、確実に差異があるともされる。それをリアルに表現するのが当然で、何より落語の醍醐味」と堂々と主張する者[誰?]までいる。しかし5代目古今亭志ん生は本作を、何としても勘定をごまかしたい男を描いた物語と位置付けている[要出典]。志ん生の理論に従えば、麺をすする音のリアルな表現は所詮は瑣末な事で、巧妙に勘定をごまかす男と、それを表面的に真似してしまうためしくじってしまう間抜け、を描くのが本作の真髄であり醍醐味である。

この話は、九つ(午前0時前後)に屋台のそば屋が街を流し営業している事が必要であるが、江戸では振売屋台が多く深夜の娼婦を客とする「夜鷹蕎麦」[2]が街を巡っていた[3]。また、蕎麦の価格が9より多少高くないと成立しないが、それまでは6文程度だった蕎麦の価格が享保年間に急騰[4]、二八蕎麦は16文[5]となった。ほめあげるにしては質素なチクワを入れただけのかけ蕎麦が存在している事で成り立っている[6]

物語[編集]

冬の深夜、男が通りすがりの屋台の二八そば屋を呼び止め、かけそばを注文する。男は看板を褒め、割られていない割り箸を褒め、更には器、鰹節を使った汁、麺の細さ、ちくわの厚さなどを次々にほめ上げる。

食べ終わった男は蕎麦屋に掌を出させ、一文銭を一枚一枚数えながらテンポ良く乗せていく。「一(ひい)、二(ふう)、三(みい)、四(よう)、五(いつ)、六(むう)、七(なな)、八(やあ)」と数えたところで、「今何時(なんどき)でい!」と時刻を尋ねる。主人が「へい、九(ここの)つでい」と応えると間髪入れずに「十(とお)、十一、十二、十三、十四、十五、十六、御馳走様」と続けて16文を数え上げ、すぐさま店を去る。つまり、代金の一文をごまかしたのである。

この一部始終を陰で見ていたもうひとりの男がいた。彼はその手口にえらく感心し、自分も同じことを翌日に試みようとする。

気が急いて早めに街に出た男だったが、彼がつかまえた屋台は昨日見たものとはまったく違っていた。箸は誰かが使ったもの、器は欠け、汁は辛過ぎ、そばは伸び切り、ちくわは紛い物のちくわ麩と、ほめるところがひとつもない。そばを食い切ることができないまま、件の勘定に取り掛かる。「一、二、……八、今何時でい」主人が「へい、四つでい」と答える。「五、六……」。まずいそばを食わされた上に勘定を余計に取られてしまうのだった。

当時の時法では深夜の「暁9つ(午前0時頃)」の前が「夜4つ(午後10時頃)」だったことにより、この話が成立している。

改作・アレンジ[編集]

  • 景山民夫が本作をリメイクした新作落語『年そば』を書いている。舞台が現代に移され、駅の立ち食いそばで勘定をごまかす物語になっている。原作の時間を尋ねる質問は、店員に対して年齢を尋ねる質問に置き換えている。Aのやり口にえらく感心したBが、別の駅でそのやり方を真似ようとする。そして、原作とは全く異なる絶妙かつ衝撃的な下げが待っていた(短編集『東京ナイトクラブ』角川文庫に収録)。
  • 柳家喬太郎が『時そば』を演じる時、コロッケそばの魅力についてのまくらを語ることがあり、高座で演じるコロッケの描写とストーリーは観客を爆笑させる内容である[7]。落語好きの東出昌大は喬太郎本人と対談した時や[8]落語ディーパーの『時そば』の回[9][10]で、そのまくらが大好きであることを熱く語っている。そのため「喬太郎の『時そば』は『コロッケそば』である」と言われることもある[8]
  • また、喬太郎には「クロケットヌードルソング」という持ち歌(コミックソング)がある[11][12]
  • 瀧川鯉昇には、二軒目の蕎麦屋の屋号やディテールを細かく変えたバージョンの『蕎麦処ベートーベン』がある[13]
  • 笑福亭鶴笑は現代風にアレンジした『時ゴジラ』というパペット落語(高座の上で自作の小道具を用いながら演じる落語)を持ちネタとしている。主人公がうどん屋で9時からテレビで放映される映画のゴジラを見ながらうどんを食べるという内容になっている。
  • 名古屋の落語家である登龍亭獅篭登龍亭福三は、そばをきしめんに替え、サゲや一部ディテールを地域に合った形にして「時きしめん」として演じている[14]。なお、同じ一門の登龍亭幸福は、地域に合わせたオリジナルのくすぐりなどは入れているが、あくまで「時そば」である。

詐欺[編集]

釣り銭詐欺の手口は、落語演目『壺算』で話となっている。マスメディアでは、現実に起きる釣り銭詐欺のことを「時そば詐欺」と表現することがある。

他のメディアへの影響[編集]

  • 映画監督押井守は、本作を元に、立喰師という新たな職業(詐欺師)を創作し、自身の関わる、日本を舞台にした作品[疑問点]で登場させている。また、後に戦後日本史を加え、かつての作品に登場させた立喰師をまとめた作品を立喰師列伝としてシリーズ化した。
  • うる星やつら』のアニメ版第122話「必殺! 立ち食いウォーズ!!」では、立喰師の起源として「寛文の頃 江戸は本郷団子坂に住まいしたという時そばせいえもん」であるという説が語られる。
  • じょしらく』ドラマCDでは、阿澄佳奈演じる蕪羅亭魔梨威が同名の落語を演じている。こちらは落語の要領で勘定をごまかそうとしたオタクの男が、かけそばを食べた拍子に時をかけてしまい、25年後の世界で自分の娘と協力して元の世界に戻る、という内容である。
  • アニメ『ケロロ軍曹』では、中学校にある七不思議の一つ「上りと下りで段数の違う階段」の解決に本作を引用している。[要出典]
  • 以前、東京・深大寺の水神苑敷地内に、柳家喬太郎プロデュースの時そばの世界にちなんだ日本そば店「大當りや(あたりや)」が存在した。外装は江戸時代の屋台そば風、メニューは「花巻」「しっぽく」「かけ」のみであった[15]
  • 2009年6月から7月にかけて、サークルKサンクス落語協会監修弁当として「二八ざる蕎麦」「わさびと五目のおいなりさん」を発売。古典落語『時そば』『そば清』『王子の狐』などのあらすじと出囃子がダウンロードできる(「前座のあがり」もしくは「二上がりかっこ」)QRコードが印刷されたカードとセットで販売された。[16]
  • 「時そば」をはじめとした落語のネタを数学的視点から解説する「時そばの客は理系だった―落語で学ぶ数学」(柳谷晃著、幻冬舎新書、2007年)という本が出ている。落語監修は三遊亭金八林家久蔵
  • BS朝日御法度落語 おなじはなし寄席!」の2021年1月9日の第1回では、笑福亭たま「時うどん」(上方落語)と柳家さん喬「時そば」(江戸落語)を続けて放送。その後司会の千原ジュニアと演者2人のトークで、同じ演目(とされる落語)の東西での演じ方や内容の相違点について話した。
  • 脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ 貴弘, 福盛「『刻うどん』にあって『時そば』にないくだり : 暑けりゃ肌脱げ、寒けりゃ袷着」。
    2. ^ 守貞漫稿』五編「夜鷹そばは夜鷹がもっぱら夜売りそばを食べた」
    3. ^ 杉浦日向子『一日江戸人』「いっさいの買い物の用を足すことができるほど便利」
    4. ^ 立川寸志 (2021年11月19日). “男はなぜそば屋をだませなかった?「時そば」のなぞを解く 落語家・立川寸志さん特別寄稿(下)”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/368358?rct=kd_zokan 2021年11月23日閲覧。 
    5. ^ 『杉浦日向子の江戸塾 笑いと遊びの巻』第一章「蕎麦が16文」
    6. ^ 「時そば」のメニューを探せ!
    7. ^ クリエイター・インタビュー 柳家喬太郎”. web料理通信 (2016年2月17日). 2019年9月24日閲覧。
    8. ^ a b 「文春オンライン」編集部 (2018年5月2日). “東出昌大×柳家喬太郎「二ツ目ブームと名人について語ろう」 落語“大好き”対談【前編】”. 文春オンライン. 文藝春秋. 2019年9月24日閲覧。 “喬太郎師匠の『時そば』のマクラが大好きで”
    9. ^ 落語ディーパー!~東出・一之輔の噺(はなし)のはなし~「時そば」”. NHK番組表. NHK (2019年9月23日). 2019年9月24日閲覧。 “▽喬太郎、(読点原文ママ)「コロッケそば」に東出爆笑!”
    10. ^ 落語ディーパーの時に放送された喬太郎の『時そば』は、落語百選DVDコレクション 第2号 (デアゴスティーニ・ジャパン、2008年10月21日)に収録されているものである。
    11. ^ 『の・ようなうた~柳家喬太郎歌謡図鑑~』所収。
    12. ^ 馬場憲一 (2006年11月12日). “喬太郎歌謡図鑑「の・ようなうた」 三波春夫もまっつぁお!!”. ざぶとん亭風流企画. 2019年10月2日閲覧。
    13. ^ 広尾 晃 (2019年4月17日). “落語家・瀧川鯉昇がひたすら紡ぐ世界観の魅力 「伝説の師匠」仕込みの独特の噺に迫る”. 東洋経済オンライン. 噺の話5000文字. 東洋経済. 2020年10月23日閲覧。
    14. ^ 雷門獅篭 (2016年6月22日). “『時きしめん』の巻:其の参”. 雷門獅篭のなごや落語だポン!. 中日新聞. 2021年11月15日閲覧。
    15. ^ 閉店:大當りや (あたりや)”. 食べログ. 2021年12月1日閲覧。
    16. ^ サークルKサンクスから“落語協会監修弁当”が登場!”. 東京ウォーカー. ウォーカープラス (2009年6月15日). 2019年3月20日閲覧。

    関連項目[編集]

    • 時うどん
    • ちくわぶ - ちくわぶという食材について、記録上最も古く語られた噺としてしばしば引用される。

    参考[編集]