猫の災難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猫の災難(ねこのさいなん)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永6年(1777年)に出版された笑話本・「新落噺初鰹」の一遍である『初鰹』。

元々は上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。主な演者として、4代目柳家小さん3代目三遊亭金馬、現代では10代目柳家小三治3代目柳家権太楼などがいる。

あらすじ[編集]

朝湯から帰ってきて、一人でぼんやりしていると急にお酒が飲みたくなってきた。

しかし、熊五郎は一文無し。逆立ちしたってお酒が飲めるわけがない。

「飲みてえ、ノミテェ…」と唸っているところに、隣のかみさんが声をかけた。

見ると、大きな鯛の頭と尻尾を抱えている。

なんでも、猫の病気見舞いに特大のをもらって、身を食べさせた残りだという。
捨てに行くというので、「眼肉(咀嚼筋)がうまいんだから、あっしに下さい」ともらい受けた。

「このままだと見栄えが悪いな。そうだ…」

ざるの上に載せ、すり鉢をかぶせてみたら何とか鯛があるような形になった。これで肴はできたが…肝心なのは『酒』だ。

「今度は、猫が見舞いに酒をもらってくれないかな…」

ぼやいていると、そこへ兄貴分が訊ねてきた。

「酒や肴は自分が用意するから、一緒にのまねぇか?」

そういった兄貴分が、ふと台所に目をやって…件の『鯛』を発見した。

「いい鯛が在るじゃねぇか!」

すり鉢をかぶせてあるので、真ん中がすっぽり抜けていることに気づかない。

「ジャア、後は酒を買ってくるだけだな。どこの酒屋がいいんだ?」

近くの酒屋は二軒とも借りがあるので、二丁先まで行って、五合買ってきてもらうことにした。
さあ、困ったのは熊だ。いまさら『猫のお余りで、真ん中がないんです』だなんていえる訳がない。
思案した挙句、酒を買って戻ってきた兄貴分に【おろした身を、隣の猫がくわえていきました】と告げた。

「どっちの隣だ? 俺が文句を言いにいってくる!!」
「ちょっと待ってくれ! 隣のうちには、日ごろから世話になってるんだよ…」

『我慢してくれ』と熊に言われ、兄貴分、不承不承代わりの鯛を探しに行った。

「助かった…。しかし、どんな酒を買ってきたのかな?」

安心した途端、急にお酒が飲みたくなる。

「どうせあいつは一合上戸で、たいしてのまないからな…」

冷のまま、湯飲み茶碗に注いで「いい酒だ、うめえうめえ」と一杯…また一杯。
兄貴分の分は別に取っておこうと、燗徳利に移そうとした途端…手元が狂って畳にこぼした。

「おわっ!? もったいねぇ!!」

畳に口をつけてチュウチュウ。気がつくと、もう燗徳利一本分しか残っていない。

「参ったな。如何しよう…。仕方がない、また隣の猫に罪をかぶってもらうか」

兄貴分が帰ってきたら、【猫がまた来たので、追いかけたら座敷の中を逃げ回って、一升瓶を後足で引っかけて…】と言うつもり。
そうと決まれば、これっぱかり残しとくことはねえ…と、熊、ひどいもので残りの一合もグイーッ!

「いい休みだな。しかし、やっぱり酒がすべてだよ。花見だって、酒がなければ意味がねぇしな」

『夜桜ぁ~やぁ~♪』と、いい心持で小唄をうなっているうち、《猫を追っかけている格好》をしなければと思いつき、向こう鉢巻出刃包丁
セリフの稽古をしているうち…眠り込んでしまった。

一方、鯛をようやく見つけて帰った兄弟分。熊は大鼾をかいて寝ているし、一升瓶をみたら酒がすべて消えている。

「なにやってんだよ!!」
「ウー…だから、隣の猫が…」
「瓶を蹴飛ばして倒した!? なんて事を…ん? この野郎、酔っぱらってやがんな。てめえがのんじゃったんだろ」
「こぼれたのを吸っただけだよ」

『隣に怒鳴り込む』と、兄貴分がいきまいている所へ、隣のかみさんが怒鳴り込んできた。

「いい加減にしとくれ。家の猫は病気なんだよ。お見舞いの残りの鯛の頭を、おまえさんにやったんじゃないか!」

物凄い剣幕で帰っていった。

「どうも様子がおかしいと思ったよ。この野郎、おれを隣に行かせて、いったい何をやらせるつもりだったんだ!?」

「だから、隣へ行って、猫によーく詫びをしてくんねえ…」

タイトル・ロール不在の落語[編集]

タイトルには「猫の…」と記載してありながら、この物語には一切猫が出てこない。
これは江戸落語独自の演出で、上方版にはしっかりとオチに猫が登場している。

上方版のオチ[編集]

猫が入ってきたので、阿呆が『ここぞ』とばかり声を張り上げる。

「見てみ。可愛らし顔して。おじぎしてはる」

それを聞いて、猫が神棚に向かって前足を合わせ…。

「どうぞ、悪事災ニャン(=難)をまぬかれますように」

ちなみに、上方版では貰ってくるのは『腐った鯛のアラ』で、くれたのは『酒屋』という設定。

バリエーション[編集]

「犬の災難」(作:5代目古今亭志ん生[編集]

猫を犬に替え、鯛ではなく、隣に届いた鶏を預かったという設定。

相棒が酒を買いに行っている間に、隣のかみさんが戻ってきて鶏を持っていってしまうという、合理的な段取りである。

最後は酒を「吸った」ことを白状するだけで、オチらしいオチはない。