酢豆腐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

酢豆腐(すどうふ)は、落語の演目。ここでは、派生した「あくぬけ」、上方落語の「ちりとてちん」についても記述する。

原話は、江戸時代中期の1763年宝暦13年)に発行された『軽口太平楽』に収められている[1]。これを明治時代になって初代柳家小せんが落語として完成させた[要出典]8代目桂文楽十八番にした[要出典]。さらに、3代目柳家小さんの門下生だった初代柳家小はんが改作した物が、後述する「ちりとてちん」である[1]。「ちりとてちん」は後に大阪へ輸入され、初代桂春団治が得意とした[要出典]。「ちりとてちん」はもう一度東京へ逆輸入され、桂文朝等が演じた[要出典]。現在では、柳家さん喬柳家花緑らも演じており、東京の寄席でもなじみのある噺となっている[要出典]

あらすじ[編集]

酢豆腐(江戸)[編集]

ある夏の昼下がり。暇な若い衆が寄り集まり暑気払いに酒を飲もうと相談をしているが、「宵越しの銭は持たない」が身上の江戸っ子たちには金がない。はどうにか都合するとして、安いはないかと考えていると、ある男が糠床の底に残っている古漬けでかくやの香こ(糠漬けの古漬けを刻んでミョウガ生姜を薬味として添えた料理)を作ればいいと提案する。これは妙案だと皆喜ぶが、手が糠味噌くさくなるのがいやなので古漬けを引き上げる役を引き受ける者がひとりもいない。

やがて兄貴分の男が、昨夜豆腐を買ってあったことを思い出したが、せっかくの豆腐は与太郎が夏場にもかかわらずねずみいらずの中にしまったせいで腐ってしまっていた。

そこに伊勢屋の若旦那が通りかかる。知ったかぶりの通人気取り、気障で嫌らしくて界隈の江戸っ子達からは嫌われ者の若旦那を見た兄貴分は、この若旦那を困らせてやろうと思いついて彼を呼び入れると、「実は舶来物の珍味があるのだが、何だかわからねえ。若旦那ならご存知でしょう」と腐った豆腐を出す。若旦那は知らないとも言えず、「これは酢豆腐でげしょう」と知ったかぶる。さすがは通人の若旦那だと持ち上げられた上にどうやって食べるのか見せてくれと頼まれるといやとは言えず、仕方なく腐った豆腐を一口食べて苦悶する。兄貴分が「若旦那、もう一口如何ですか」と声をかけると若旦那が「いや、酢豆腐は一口に限りやす」。

ちりとてちん(上方)[編集]

旦那の誕生日に、近所に住む男が訪ねて来る。

白菊刺身茶碗蒸し、白飯に至るまで、出された食事に嬉しがり、「初めて食べる」、「初物を食べると寿命が75日延びる」とべんちゃら(お世辞)を言い、旦那を喜ばせる男。

そのうち、裏に住む竹という男の話になる。件の男、何でも知ったかぶりをするため、誕生日の趣向として、竹に一泡吹かせる相談を始める。

そこへ、水屋で腐った豆腐が見つかり、これを「元祖 長崎名産 ちりとてちん」(または「長崎名物 ちりとてちん」)として竹に食わせるという相談がまとまる。

そうとは知らずに訪れた竹が、案の定「ちりとてちん」を知っていると言うので食わせると、一口で悶え苦しむ。

旦那が「どんな味や?」と聞くと、竹いわく「ちょうど豆腐の腐ったような味や・・・」。

あくぬけ[編集]

上記酢豆腐の若旦那に腐った豆腐ではなく、四角く切った石鹸ケーキだと偽って食べさせ、その事に気づいた近所の老婆が注意すると「これでアクが抜けます」と落とす『あくぬけ』というバリエーションがある[要出典]

その他[編集]

  • この噺から、半可通のことを「酢豆腐」と言うようになった[1]
  • 「ちりとてちん」では、現在は「長崎名物」ではなく「台湾名物」とする演出もある[要出典]笑点の演芸コーナーで春風亭昇太が演じたときもこちらで口演した。
  • この噺に出てくるのは腐敗した豆腐であり、人体の健康に問題ないようにコウジカビなどで発酵させた中国腐乳臭豆腐沖縄豆腐ようなどの豆腐加工食品とは別物である[要出典]
  • 落語家の瀧川鯉昇は腐った豆腐を実際に食べたことがあり、CD「瀧川鯉昇1」収録「先代小柳枝を語る」で腐った豆腐を食べるに至った経緯と食べた後の様子を語っている。噺家になるまえの逸話として話の枕につかっている。それによると、三日間、40度の熱に浮かされ、タオルのような軽いものも持ち上げられないほどに衰弱。その後約2ヶ月の間、温泉での療養を要したという。
  • 「ちりとてちん」とは、旦那の娘が弾いていた三味線の音色、または裏の稽古屋から聞こえる三味線の音色を表す擬音語口三味線)である[要出典]
  • 茶碗蒸しを噺の中に組み入れたのは3代目桂南光である[要出典]。本人の好物だったためだが、近年では他の噺家も取り入れており、スタンダードとなりつつある。
  • 女流噺家3代目桂あやめは改作し、の視点から演じている[要出典]
  • 露の新治は最初の師匠である林家染三から三代目林家染丸の型で教わっている[要出典]。特徴として、噺の中にビールが出てくる。
  • 高知の郷土料理に「豆腐の梅酢づけ」という料理があり[2]豆腐を数時間、梅酢に漬けた、「酢豆腐」という料理がある[要出典]。数センチ幅に切って供するが、表面が紫色で中身は白と、色の対比が美しい。
  • 桂吉弥は朝ドラ「ちりとてちん」出演直前(出演する前週)に高座で演じている。「繁昌亭らいぶシリーズ3 桂吉弥」で聞く事が出来る。この高座は元々は「持参金」をやる事にしており、落語会の告知チラシにも記していたが「ちりとてちんの方が面白いで」と言われて急遽演目を変えた。また、「(ドラマの)台本の中身は出演時まで他言禁止だったにも関わらず嬉しがりで高座で内容を喋ってしまった。台本に台本の内容は出演前は他言してはならない旨の但し書きがあった」と語った[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 興津要 『古典落語続』講談社、2004年3月、37頁。 
  2. ^ 出典:農林水産省Webページhttps://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/tofunoumezuzuke_kochi.html
  3. ^ 「繁昌亭らいぶシリーズ3 桂吉弥」にて

関連項目[編集]