茶碗蒸し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
茶碗蒸し
Chawan mushi by gaelenh.jpg
茶碗蒸しを匙で食べる。
テンプレートを表示
日本料理レストラン「花鳥」の茶碗蒸し(ハワイホノルル

茶碗蒸し(ちゃわんむし)は、日本料理の一つである。

製法[編集]

円筒状の茶碗椎茸ギンナンユリ根蒲鉾(主に板蒲鉾)・鶏肉小海老焼きアナゴなどの具材と、溶きに薄味の出し汁を合わせたものを入れ、吸口にミツバ柚子の皮などを乗せて蒸し器で蒸す。蒸し器の蓋はずらして乾いた布巾を挟んでおく。

急激に加熱すると、卵が早く凝固して隙間()ができる。マイタケを生のまま入れるとプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)の作用で卵が凝固しなくなるので、火を通してから入れる。

夏場には冷やして上に冷たいダシをはり、冬場には熱いままで供される。

業務用として茶碗蒸し用の具材入り卵液が販売されている。

バリエーション[編集]

  • 茶碗蒸しの具にうどんを加えたものを小田巻き(苧環)蒸し(おだまきうどん)、あるいは信田蒸しと呼ぶ。
  • 具に豆腐を使い、蒸しあげた後に上からあんをかけたものを空也蒸しという。
  • 地域や家庭により貝類白身魚の甘露煮やの水煮、生麩などを入れる例がある。
  • 米子市を中心とした鳥取県西部では春雨を入れるのが定番である。

茶碗蒸しを扱った作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]