柳家さん喬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柳家 さん喬(やなぎや さんきょう)は、落語家の名前。


柳家やなぎや さんきょう
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}柳家(やなぎや) さん.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}喬(きょう)
柳家さん喬一門定紋「丸に三つ柏
本名 稲葉いなば みのる
別名 藤間 一寿生 (日本舞踊藤間流)
生年月日 (1948-08-04) 1948年8月4日(73歳)
出身地 日本の旗 日本・東京都墨田区本所
師匠 五代目柳家小さん
弟子 柳家喬太郎
六代目柳亭左龍
柳家喬之助
柳家喬志郎
柳家小傳次
三代目柳家さん助
柳家小平太
五代目柳家小志ん
柳家㐂三郎
柳家さん花
柳家やなぎ
柳家小きち
名跡 1. 柳家小稲
(1967年 - 1972年)
2. 柳家さん喬
(1972年 - )
出囃子 鞍馬獅子
活動期間 1967年 -
活動内容 1967年 -
所属 落語協会
受賞歴
国立演芸場金賞(1984年)
選抜若手演芸大賞 真打部門大賞(1986年)
文化庁芸術祭賞(1987年)
浅草芸能大賞新人賞(1994年)
芸術選奨文部科学大臣賞(2013年大衆芸能部門)国際交流基金賞・浅草芸能大賞奨励賞(2014年)
紫綬褒章(2017年)[1]
備考
落語協会常任理事

柳家 さん喬(やなぎや さんきょう、1948年8月4日 - )は、東京都墨田区本所出身の落語家落語協会所属。本名は稲葉いなば みのる[2]中央大学附属高等学校卒業。出囃子は「鞍馬獅子」[2]。紋は「丸に三ツ柏[2]

「さん喬」は自身で考えた高座名であり、そのことから自身を「初代柳家さん喬」と称している。だが、「柳家さん喬」の名は初代柳家小はんが一時期名乗っていたことがある。

概要[編集]

人間国宝となった5代目柳家小さんの門下。実家は本所吾妻橋洋食店「キッチンイナバ」(2014年4月30日閉店)[3][4]。本所に生まれ育ち、歩いて5分のところに大歓楽街「浅草公園六区」があったため、幼少のときから祖父や父に寄席や演芸場に連れていってもらうなど、落語に親しむ環境にあった[5]

初高座は1968年12月28日で、場所は日本橋人形町末廣の小さん一門会、演目は『道灌』であった[2][注釈 1]

人情噺の評価が高いが、滑稽噺にも力量を発揮する実力派の噺家である[6]。もっぱら古典落語を演じていたが、近年では、まれに新作落語を演じることもある(後述)。得意とする演目は『うどん屋』『井戸の茶碗』『笠碁』『猫の災難』『野ざらし』『片棒』『そば清』『百川』『棒鱈』『幾代餅』『天狗裁き』『柳田格之進』『芝浜』『締め込み』『初天神』『真田小僧』など[5][6][7]

つやのある声と柔らかな物腰で女性ファンも多く、江戸の四季を色あざやかに浮かび上がらせる情景描写や男女の心理描写に定評がある[6]。また、長屋噺を得意とし、長屋の生活の描写にもすぐれている[6]

同じ5代目小さん門下(元は5代目の孫弟子)の柳家権太楼と親交が深く、よきライバルでもあって、毎年8月の上野の鈴本演芸場や、年末の新宿末広亭における2人の高座は人気を博している。また上方の6代目笑福亭松喬一門とも交流がある。

柳家喬太郎はじめ多数の弟子をかかえている。2021年には柳家小志んの尽力により[8]色物・前座まで一門全員が自分の入門経緯を書いた書籍「柳家さん喬一門本 ~世にも奇妙なお弟子たち」が発行された。

2006年から毎年7月に、米国ミドルベリー大学夏期日本語学校に招かれ、落語を通して外国人に日本語と日本文化を紹介する活動を続けている。2007年の秋には、国際交流基金ブダペスト日本文化センター主催の「落語を通じてハンガリー人を笑わせる」試みに協力した[9]

新作では、三遊亭圓丈がさん喬のために書き下ろした「稲葉さんの大冒険」という演目があり(稲葉は、さん喬の本名の姓)[10]、現在は弟子の喬太郎の得意ネタとなっているが、さん喬自身もごくまれに演じることがある。また、劇作家の黒田絵美子の協力を得て、書き下ろしの新作落語も演じている。2007年の落語協会の新作落語台本発表落語会[11]では、脚本家の浪江裕史が書き下ろした「娘の結婚 [注釈 2]」を披露した 。

政治家(細野豪志[12]小泉進次郎[13]松井孝治[14]など)のファンも多く、2018年結成された国会議員による超党派落語議員連盟の設立会合ではゲストとして招かれ国会内で落語を演じた[15]。その後、2021年2月9日に国会内で開催されたコロナ禍での落語界の実情と対策を考える落語議連会合では、新型コロナウイルスによる落語業界の現状についてのヒアリングに実演家として唯一参加[16][17]、「落語を守っていかなければならないが、危機にひんしている」と落語家が置かれている状況について説明した[18]

特技は日本舞踊(藤間流名取)[2][5]、趣味は創作料理、演劇鑑賞[2][5]

真打昇進の同期[編集]

経歴[編集]

1967年3月4日、五代目柳家小さんに入門。前座名は「小稲」[2]

1972年11月に五街道雲助柳家さん治金原亭駒三三遊亭梅生立川談十郎三遊亭楽松と共に二ツ目に昇進し、「さん喬」と改名[2]。さん喬の名は自分で考えたものである。師匠小さんの「さん」に橘家圓喬の「喬」の字を加えて「さん喬」とした[注釈 3]

1980年10月に真打試験に合格[2]し、1981年3月真打昇進[2]

1984年に国立演芸場金賞受賞[2]。1986年、選抜若手演芸大賞 真打部門大賞受賞[2]。1987年、文化庁芸術祭賞受賞[2]。1994年、浅草芸能大賞新人賞受賞[2]

2001年に落語協会理事付役員に就任[2]し、2006年に落語協会常任理事に転任[2]

2013年に芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)受賞[2][19]

2014年に国際交流基金賞 受賞(落語家としては初受賞)、浅草芸能大賞奨励賞受賞。2017年、紫綬褒章受章。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ウェブ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

  • NHK「ラジオ深夜便ーザ・はなし家 芸より人を磨け(1) 柳家さん喬」(2018年1月1日放送) 
  • NHK「ラジオ深夜便ーザ・はなし家 芸より人を磨け(2) 柳家さん喬」(2018年1月2日放送) 
  • NHK「ラジオ深夜便 深夜便アーカイブス」(2020年9月7日、9月8日)

著書[編集]

  • 『柳家さん喬 大人の落語』(講談社、2017年6月)音声DVD付 ISBN 978-4062202855
  • 『噺家の卵 煮ても焼いても 落語キッチンへようこそ!』(筑摩書房、2017年11月)ISBN 978-4480815408
  • 『なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか?』柳家さん喬、柳家喬太郎|著(徳間書店、2018年8月)ISBN 978-4198646332 
  • 『柳家さん喬一門本 ~世にも奇妙なお弟子たち~』さん喬と弟子たち|著(秀和システム、2021年1月)ISBN 978-4798063287

DVD[編集]

  • えほん寄席 臨機応変の巻―「ねずみ」柳家さん喬 (絵)和田誠、NHKエデュケーション(2009)
  • えほん寄席 馬力全開の巻―「長短」 柳家さん喬 (絵)黒田征太郎、NHKエデュケーション(2009)
  • えほん寄席 東奔西走の巻―「死神」 柳家さん喬 (絵)水木しげる、NHKエデュケーション(2009)
  • えほん寄席 伸縮自在の巻―「欠伸指南」柳家さん喬(絵)モンキーパンチ、NHKエデュケーション(2009)

CD[編集]

朝日名人公ライブシリーズ、Sony Music Direct(2001~2018)

 柳家さん喬1 「片棒」「芝浜」(2001)

 柳家さん喬2 「千両みかん」「ちりとてちん」(2004)

 柳家さん喬3 「唐茄子屋政談」(2006)

 柳家さん喬4 「品川心中」上下(2007)

 柳家さん喬5 「福禄寿」(2010)

 柳家さん喬6 「おせつ徳三郎(通し)」(2010)

 柳家さん喬7 「猫定」(2011)

 柳家さん喬8 「船徳」「肝潰し」(2011)

 柳家さん喬9 「鴻池の犬」「水屋の富」(2012)

 柳家さん喬10 「雪の瀬川(全)」(2013)

 柳家さん喬11 「明烏」「棒鱈」(2013)

 柳家さん喬12 「あくび指南」「鼠穴」(2013)

 柳家さん喬13 「柳田格之進」「井戸の茶碗」「幾代餅」「さん喬トーク1・2」(2013)

 柳家さん喬14 「子別れ」(2014)

 柳家さん喬15 「夢の酒」「妾馬」(2014)

 柳家さん喬16 「笠碁」、「寝床」(2016)

 柳家さん喬17 「浜野矩随」「三年目」「百川」「掛取万歳」(2017)

 柳家さん喬18 「ちきり伊勢屋」(全)(2018)

一門[編集]

真打[編集]

二ツ目[編集]

前座[編集]

  • 柳家小きち

色物[編集]

廃業[編集]

  • 柳家さん市

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一番弟子の喬太郎の初高座の演目も『道灌』である。
  2. ^ 2020年には「娘の結婚」を原案としたテレビドラマ『あしたの家族』が放送された。
  3. ^ さん喬は「小太郎」の名がほしくて師の小さんに伺いを立てたが却下されたといわれている。
  1. ^ https://mainichi.jp/articles/20170428/k00/00m/040/172000c?ck=1
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 落語協会 芸人紹介「柳家さん喬」
  3. ^ キッチン イナバ(閉店)”. 食べログ. 2018年9月1日閲覧。
  4. ^ 柳家さん喬 (2017年11月10日). 噺家の卵 煮ても焼いても 落語キッチンへようこそ!. 筑摩書房. pp. 8-14. ISBN 9784480815408 
  5. ^ a b c d 『落語のいき 4』(2009)pp.22-23
  6. ^ a b c d 『CD付 落語入門』(2008)p.94
  7. ^ 『古今東西落語家事典』(1989)
  8. ^ 柳家さん喬『柳家さん喬一門本「おわりに」』秀和システム、2021年1月16日、237頁。「この本に関して、弟子の小志んが兄弟弟子や私の間に入って色々と働いてくれました。」
  9. ^ をちこちマガジン「落語でハンガリー人がハンガリー人を笑わせる~柳家さん喬師匠、ブタペストに来たる」2014年1月15日閲覧
  10. ^ 円丈とり日記 :11月12日:夜: 日本橋社会教育委員会館:~円丈蔵出しまぼろし独演会~”. 三遊亭円丈落語の世界. 三遊亭円丈 (2010年11月12日). 2019年2月15日閲覧。 “この「稲葉さんの大冒険」は、そもそもさん喬さんのために円丈が、30年ほど前に書き下ろした落語、そう、ここに出てくる主人公の稲葉ミノルさんと言うのはさん喬さんの本名だ。”
  11. ^ 07年落語協会台本募集2020年1月13日閲覧
  12. ^ 細野豪志 (2015年12月14日). “寄席と落語のすすめ”. 細野豪志Blog. ameba blog. 2021年1月30日閲覧。 “最も親しくして頂いているのが柳家さん喬師匠。”
  13. ^ 小泉進次郎議員の演説スキルの原点 柳家さん喬師匠語る”. 女性自身. 光文社 (2018年1月12日). 2021年1月30日閲覧。
  14. ^ 油井雅和 (2019年10月7日). “エンタメノート 「セクシー発言たたかれたけど…」小泉進次郎さんの落語マニア宣言”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20191007/k00/00m/040/007000c 
  15. ^ 進次郎氏ら落語議連発足 落語家から注文も”. 日テレ24 (2018年11月20日). 2021年1月30日閲覧。
  16. ^ 他に演者側でヒアリングに参加したのは、高橋史記(落語協会事務局長)、田澤祐一(落語芸術協会事務局長)、植野佳奈(オフィスまめかな代表取締役(五代目円楽一門会))。
  17. ^ Koji Matsui 松井孝治(@matsuikoji) (2021年2月9日). “コロナ禍での落語界の実情と対策を考える落語議連会合が開催されてます。”. twitter. 2020年2月24日閲覧。
  18. ^ 共同通信 (2021年2月9日). “柳家さん喬「危機にひんしている」落語界の支援訴え”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/general/news/202102090000613.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 
  19. ^ 平成24年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由”. 文化庁 (2012年). 2013年5月13日閲覧。
  20. ^ Inc, Natasha (2020年4月30日). “5時間の「ABEMA寄席」に柳家さん喬、入船亭扇遊、林家彦いち、隅田川馬石ら(コメントあり)” (日本語). お笑いナタリー. 2020年5月1日閲覧。

文献[編集]

外部リンク[編集]