百年目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

百年目』(ひゃくねんめ)は、落語の演目。元々は上方落語の演目で、のちに東京に移植された。一説には東西とも同じ原話があり偶然に作られたという。3代目桂米朝2代目桂小文治2代目桂小南6代目三遊亭圓生ら大看板が得意とした。

あらすじ[編集]

船場のさる大店、「これ、定吉」「これ藤吉」「ああ、幸助どん」と番頭の次兵衛は口やかましく奉公人を叱っている。

この番頭、奉公人にはきびしいが、なかなかのやり手で主人の信頼も厚い。そろそろ暖簾分けをむかえており、「ほんまにわしがおらんかったらどうなりますのや。わたいも今年で四十二、ほんまやったらとうに分家させてもらうのをアンさんがたが頼んないよって、伸ばしてもろてるのやないかいな。」と二言目には小言をいう。奉公人は番頭のことを「毛虫」と陰口をついているものの怖いので面と向かっては逆らえない。  

番頭は店では律儀な堅物で通っているものの実は大変な遊び人で、店の者に、得意先廻りに行くと嘘をついてこっそり金目のかかった粋な着物に着替え、大川で屋形船を借り、芸者幇間をあげてどんちゃん騒ぎをする。船は満開の桜とそれを愛でる人々でにぎわう桜ノ宮へ。

一同船を下りると、「目ン無い千鳥」という扇子で目隠しをして芸者を追い回す遊びを始める。目隠しされた番頭、偶々捕まえた人を「そうれ。扇子取って面を拝見。ばあ。」と目隠しを取って見れば、何と大旦那。「やあ、番頭どんかいな。」「うっへえ~。これは大旦那はん。ご機嫌よろしゅう存じます。長らくご無沙汰をいたしました。つきましては、お家も繁盛と承り、おめでとうございます。」と、酔いも醒め真っ青な顔で平伏する番頭。「ああ、これ、これ、アッハハハ、何を言いますのじゃ。・・・もう堪忍してんか。年より相手にの稽古さすのやないで。・・・ああ。お連れの衆ですか。お楽しみンとこ、えらいすまんこって。どうぞ、うちの番頭どん大事な人じゃさかい、よう遊ばしとくなされ。でも、早よう帰らしとくなはれ。それだけ頼んどきますよってにな。はい、ご免。」と、その場の雰囲気を壊さないよう、逃げるように去ってしまう。

茫然自失の番頭、みんなを置いて店に飛んで帰り、あるいは人違いではないかと一縷の望みを託して店の者に問うたところ、大旦那が出入りの医者玄白と桜ノ宮に桜を見に行ったことを確かめ、「う~ん。ああ。二階寝床敷いとくれ。頭痛うてかなわん。しばらく寝ますわい。」と寝込んでしまう。

その晩、「ああ、川口で船割った。なんちゅう悪日やろかいな。」眠るどころではない。謝ろうか。いっそ夜逃げしてしまおうか。着物も財産のうちと小山のように着込んで逃げる支度をしたり、今回だけはと大目に見てもらえるかもしれないと脱いだり、着たり脱いだりを繰り返して番頭へとへとになってしまう。やっとうとうとすると、許されて元気で働く夢や警察でどつかれる夢をかわりばんこで見る始末。翌朝も針の筵に座る心地。いつも丁稚に店を開けさせるのを自分から開ける。

「あっ!番頭はん。えらいすんまへん!寝坊してまいました。わたいがやります。」「・・・ええから。わしがするねや。」「そんなこと大旦那はんにでも見つかったら、わたいがえらい大目玉だす。変わっておくんなはれ。」「・・・ええから。わしがする。」「せやけど、わたいのすることおまへんがな。」「・・・ほな、お前が帳面つけとき。」「そんなあほなことできますかいな。」仕方なしに帳場に坐って帳面を調べるが心ここにあらずの状態である。

ようよう大旦那に呼ばれた番頭、覚悟を決めて行くと、案に相違して大旦那は穏やかな口調で普段の働き振りを誉め、法話を引き合いに出し自分一人が楽しむのではなく奉公人にもゆとりを持たせよ、さらに金は使うときは惜しまず使え、昨晩帳簿を調べたが番頭は自分の金で散財している。それくらいの器量がないと大きな商いはできない。わしも付き合うからこれからもどしどし遊べというありがたい話。恐縮する番頭に「それはそうと、あのとき何で『長らくご無沙汰してます。』て、何じゃ、長い事会うてないような言い方したが、どないしたのじゃ。」「へえ。あのときは酔いもなんも醒めてもて、大旦那さんのお顔見たらああ言うしか他にござりまへんでした。」「ほお。毎日顔合わしてるやないか。」「ところが、顔見られて、しもた。これが、百年目と思いました。」

解説[編集]

鴻池の犬』『菊江の仏壇』などと同じ、船場の商家を舞台にした大ネタである。かなりの技量と体力が演じ手に求められ、米朝も独演会でしくじった事がある。大旦那、番頭、丁稚、手代、幇間、芸者など多くの登場人物を描きわけ、さらに踊りの素養があらねばならない。力の配分が難しい噺である。米朝の大旦那は圓生演じる大旦那より一回り大きい。