厩火事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

厩火事(うまやかじ)は落語の演目の一つ。別名を「厩焼けたり」ともいう。題名はネタになっている孔子故事から。

主な演者に、8代目桂文楽3代目古今亭志ん朝5代目三遊亭圓楽などがいる。

あらすじ[編集]

髪結いで生計を立てているお崎の亭主は文字通り「髪結いの亭主」。怠け者で昼間から遊び酒ばかり呑んでいる年下の亭主とは口喧嘩が絶えないが、しんから愛想が尽き果てたわけではなく、亭主の心持ちが分からないと仲人のところに相談を持ちかける。

話を聞いた仲人は、孔子が弟子の不手際で秘蔵の白馬を火災で失ったが、そのことを咎めず弟子たちの体を心配し弟子たちの信奉を得た話と、瀬戸物を大事にするあまり家庭が壊れた武家の話をする。そして目の前で夫秘蔵の瀬戸物を割り、どのように反応するかで身の振り方を考えたらどうかとアドバイスをする。

帰った彼女は早速実施、結果夫は彼女の方を心配した。感動したお崎が「そんなにあたしのことが大事かい?」と質問すると、「当たり前だ、お前が指でも怪我したら明日から遊んで酒が呑めねえ」

バリエーション[編集]

立川志の輔春風亭小朝は、お崎が「麹町さる武家」の部分で「麹町の日テレでマラソンを走っている間寛平」と、「学者の孔子」の部分で「役者幸四郎」と現代風なツッコミを入れるようにアレンジをしている。

解説[編集]

落語につきもののぐうたら亭主としっかり者の女房による喧嘩話、しかし心では亭主を愛している女房。そして亭主も・・と思いきや、期待を裏切るオチがこの噺の聞き所。

お崎の職業である「回り髪結い」は江戸中期に興った。文字通り客の家や店を回って髷を結う仕事で、彼女のように腕が良ければ、当時の庶民に比べて相当いい暮らしができた。

その他「あらすじ」欄では触れられていないが、お崎が仲人にマシンガンのように自分の不満をまくし立て、それに対するアドバイスにくだらないツッコミを言ったり、直前の自身の悪口と大きく矛盾するほど亭主を擁護し始めるところも、この噺の特徴でもある。

注釈・出典[編集]