松竹梅 (落語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松竹梅(しょうちくばい)は古典落語の演目の一つ。原話は、初代三笑亭可楽が出版した「江戸自慢」の一遍である「春の花むこ」。初代松富久亭松竹の作とも。

元々は上方落語の演目で、明治30年(1897年)ごろに4代目柳亭左楽が東京に移植した。主な演者に6代目春風亭柳橋林家木久扇などがいる。

あらすじ[ソースを編集]

松五郎、梅吉、竹蔵というトリオが、「名前がめでたい」と言う理由で出入り先のお店のお嬢さまの婚礼に招かれた。

ところが、このトリオは結婚式に招かれるのは初めてで、席上どうしたらいいのかまったく分からない。

仕方がないので、三人そろって岩田の隠居に相談に行くことになった。

相談を受けた隠居は、「ただ飲み食いするだけじゃ失礼だ」といい、何か余興をやってあげたらどうかと勧める[1]

「例えば、こんなのはどうだ。挨拶をしたら、三人並んでぱっと扇子を広げ、まず松さんが『なったあ、なったあ、蛇(じゃ)になった、当家の婿殿蛇になった』。次に竹さんが『なに蛇になあられた』。最後に梅さんが『長者になぁられた』」

お婿さんが蛇になったとか何とかいい、変な気にさせたあとで「長者になった」と盛り上げるわけだ。

さて、練習。松公から練習することになったが、これがなかなか進まない。

松公は「ま…ま…マァ♪」と出てこないし、竹は「デデンデデン、なあんのぉぉぉぉぉう」と、義太夫調。

問題なのは梅公で、健忘症だと言う彼は何度練習しても言葉が出てこない。

松と竹が何とかフォローすることにして、時間が無いのでそのまま婚礼会場に乗り込んだ。

教わったとおりに忌み言葉を避け、ご挨拶も済んだところでいよいよ『芸』をすることに。

「まことにご愁傷さま…じゃなくて、本日はご婚礼、まことにおめでとうございます。僭越ながら、我々『松竹梅』が婚礼の余興といたしまして…」

扇子をぱっと広げて。

なったあ、なったあ、蛇(じゃ)になった、当家の婿殿蛇になった

なに蛇になあられた

松と竹は何とか切り抜けたが、肝心の梅吉が案の定、言葉を忘れて固まってしまった。

紅茶に…番茶に…烏龍茶に…」

間違えるたびにやり直しになり、とうとう松が『なったあ、なったあ、ヤ(嫌)になった』」。

一同大笑い。

「ええ、失礼いたしました。では、改めてまいります。『なったあ、なったあ、蛇(じゃ)になった、当家の婿殿蛇になった』

なに蛇になあられた

梅公、任せた!!

「えー、『亡者になあられた』

式場は大騒ぎとなり、三人は逃げようとしたが梅吉だけ捕まってしまう。このことを隠居に伝えると隠居はこう言った。

「大丈夫だ、梅さんはそのうちお開きとなって帰るだろう

忌み言葉[ソースを編集]

この「松竹梅」に限らず、「高砂や」や「たらちね」など結婚式の噺で必ず出てくるのがこの忌み言葉。

詳しいことは「忌み言葉」の項に譲るが、結婚式の司会などもする噺家にとって、この風習は実に恐るべきものらしい。

この噺は比較的短いので、枕として自らが体験した結婚式でのエピソードを入れる噺家が多いのだが、どの口演を見ても一つは「忌み言葉」に対する苦言が入っている[2]

おかしな祝電[ソースを編集]

披露宴でのエピソードに並び、この噺でたびたび出てくるのが祝電に関する小噺。中でも傑作などが以下の一遍だ。

  • あたし諦めるわ。ケイコ」
  • 前のことは忘れてがんばれがんばれ。麹町警察署一同より
  • 「仕事が立て込んでおり、結婚式に行かれなくてゴメン。次の機会には必ず行くよ

脚注[ソースを編集]

  1. ^ この部分をあっさり流して『芸』につなげる演者もいれば、マナーや「忌み言葉」に関して、本物の結婚式同様こまごまとレクチャーする演者もいる。
  2. ^ 披露宴』を疲労と引っ掛けて【疲労エン】(林家木久扇)