千両蜜柑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

千両蜜柑または千両みかん(せんりょうみかん)は、古典落語の演目。上方落語だが江戸落語でも演じられる[1]。原話は、明和9年(1772年)に出版された笑話本「鹿の子餅」の一遍である『蜜柑』[1]松富久亭松竹の作とも伝わっている。

価値観の錯覚をサゲとする[1]

あらすじ[編集]

6月(旧暦のため、現在の7月に近い)。ある大店の若旦那が病の床のつき、父である店の主人はほうぼうの名医に診せるが癒えない。医者が言うには、これは気の病であり、何か強い心残りがあって、これを解決すれば快方に向かうという。しかし、父が尋ねても若旦那は答えようとせず、日に日に衰弱していく。もう数年もすれば暖簾分けしてもらえるほど主人からの信頼厚く、若旦那とも幼馴染の番頭・佐兵衛が呼び出され、若旦那の悩みの種を聞き出すように命令される。

佐兵衛相手でも当初は答えることを渋っていた若旦那であったが、決して馬鹿にせず、必ず用意すると断言する佐兵衛についに折れ、自分が欲しいものはミカン(温州蜜柑)だと答える。てっきり女だとばかり思っていた佐兵衛は拍子抜けし、そんなもので良いなら座敷中を埋めるほどのミカンを持ってきてやると大言壮語を吐く。

この事を主人に伝えると「6月の最中にどこにミカンがある」と窘められ、佐兵衛は自分が約束したことの難しさに気づく。しかし、今さら無理だと答えればその言葉で死にかねないとし、さらに主人は、それは主殺しと同じだからお前は逆さ磔になるだろうと脅しつける。

慌てふためく佐兵衛は当てもなく街中を駆けずりまわり、慌てすぎて金物屋(上方の場合は鳥屋など)にミカンは無いかと尋ねる始末だった。そしてミカンを探すなら青果物を扱う問屋を訪ねるべきだろうと諭される。

こうして佐兵衛は、冬は大量のミカンを扱っていることで知られる大店を訪ねると、その番頭は「ある」という。ミカンを扱う店の看板に掛けて、夏であってもミカンが欲しい者がいればそれ売るのが商売である、としてほぼ無駄になると知りつつ、毎年、冬の間に仕入れたミカンを1つの蔵いっぱいに保管しているという。

こうして番頭に連れられ、佐兵衛はミカンの蔵の中へと入るが、冷蔵技術などない当時においてそのほとんどは腐っていた。しかし、奇跡的に1つだけ無事なミカンを見つけ、佐兵衛は喜ぶ。さて代金はと聞くと、番頭は千両だという。夏に欲しいと求める客のために、毎年1つの蔵分を無駄にしており、それだけの価値があると番頭は言う。困った佐兵衛は主人に確認しに行くが、主人は息子の命には代えられないとして二つ返事で1つのミカンを千両で買うことを決める。

こうして手に入れたミカンを若旦那は美味しそうに食べ、みるみる血色がよくなっていく。その様子を見ながら佐兵衛は、10房あるから1房100両かなどと計算し、主人たちの金銭感覚に呆れかえる。若旦那は7房食べたところで3房を佐兵衛に差し出し、苦労を掛けさせたので両親とお前を労いたいという。

主人に3房のうち2房を渡そうと廊下に出たところで佐兵衛はふと考える。今自分の手元には1房100両、すなわち合計300両の価値があるミカンがある。自分はやがて暖簾分けしてもらえるが、50両も貰えないだろう。

こうして佐兵衛はミカン3房を持って姿を消した。

上方落語と江戸落語の差異[編集]

基本的な話の筋は同じである。他の噺と同様に地名には差異があり、上方落語では天満の青物市場が登場する。

ミカンに千両の値がつく経緯については江戸落語では保管に掛かった経費などを考慮して初めから店側が言及するものだが、上方では初めタダで良いと言われたのを主人公が意地になって千両に上げてしまうというものである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 東大落語会 1969, pp. 259–260, 『千両みかん』.

参考文献[編集]

  • 東大落語会 (1969), 落語事典 増補 (改訂版(1994) ed.), 青蛙房, ISBN 4-7905-0576-6 

関連項目[編集]

  • たちきり - 枕で田舎者の女中がそれ自体に価値のない線香の束を盗んでしまうという、本話のサゲと同じ小噺が演じられることがある。