三十石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三十石』(さんじっこく)または『三十石夢乃通路』(さんじっこくゆめのかよいじ)は、大坂を結ぶ三十石舟の船上をおもな舞台とする上方落語の演目の一つ。本来は旅噺「東の旅」の一部であり、伊勢参りの最終部、京から大坂の帰路の部分を描く。現在は独立して演じられることが多い。

大阪では明治初期の初代桂文枝が前座噺を大ネタにまで仕上げた。その後、2代目桂小文枝5代目笑福亭松鶴が得意とし、6代目笑福亭松鶴、5代目桂文枝、3代目桂米朝2代目桂枝雀なども得意とした。東京では明治期に4代目橘家圓喬が上方から東京に移した。6代目三遊亭圓生が子供の頃に聴いた圓喬は、舟歌は歌っていなかったという。その後5代目三遊亭圓生が得意とし、6代目三遊亭圓生に受け継がれた。6代目圓生はこの話をより良く仕上げるために、5代目松鶴に教えを請うたという。また6代目圓生は舟歌の件りでいいノドを聴かせていたが、この舟歌の部分も5代目松鶴の教えによる部分が大きいという。

江戸落語では近代に入り、東京京都間の汽車旅に替えて演じられる。

主人公二人が京からの帰途、伏見街道を下り、寺田屋の浜から夜舟に乗り、大坂へ帰るまでを描く。 前半は宿の描写、船が出る時のにぎわい、美人が乗ると思い込んだ好色な男の妄想、旅の道中に出会ういろいろなものに触れての軽妙な会話、船頭の物まね、などが続く。 後半では船中で五十両の金が盗まれる騒動が起きるが、船頭の機転で盗んだ男がつかまり、噺はめでたく結ばれる。

前座試験としての『三十石』[編集]

戦前、5代目笑福亭松鶴が正岡容に語った内容によると、『三十石』の舟歌の場で、楽屋にいる前座銅鑼を鳴らすが、それには宵と夜更け、明け方の三つの鳴らし方があり、出来ない者は「他人の鳴り物一つ気を回さぬ未熟者が、どうして自身の芸の修練が出来るか」との理由で、二つ目に昇進してもらえなかったという[1]

バリエーション[編集]

6代目笑福亭松鶴は、番頭が船客の名前を確認する場面で船客の名前を「中川清長谷川多持明石徳三河合一石原裕次郎長嶋茂雄」と紹介していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正岡容「随筆 寄席風俗・上方落語・芝居噺研究」より

関連項目[編集]

くらわんか舟 - 三十石船を相手に飲食物を販売していた商人。この作品にも彼らの横暴な物言いがネタにされている。