桂小南 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2014年9月
2代目 桂 小南かつら こなん
本名 谷田 金次郎
生年月日 1920年1月2日
没年月日 (1996-05-04) 1996年5月4日(76歳没)
出身地 日本の旗 日本京都府
師匠 3代目三遊亭金馬
2代目桂小文治
名跡 1. 山遊亭金太郎(1939年 - 1958年)
2. 2代目桂小南(1958年 - 1996年)
出囃子 野崎
活動期間 1939年 - 1996年
所属 東宝名人会(1939年 - 1951年)
日本芸術協会→落語芸術協会(1951年 - 1996年)

2代目 桂 小南(かつら こなん、1920年1月2日 - 1996年5月4日)は、東京上方落語を演じた落語家。特に「いかけ屋」で知られる。本名は谷田 金次郎(たにた きんじろう)。

経歴[編集]

1920年(大正9年)、京都府北桑田郡山国村井戸(現在の京都市右京区)に、左官業・谷田政吉の三男として生まれる[1][注釈 1]小学校を修了したのちの1933年昭和8年)、京都市今出川寺町の印刷店に奉公し、1年後の1934年(昭和9年)に京都市内の呉服問屋にうつった。呉服問屋では、すぐに東京日本橋に移された。

問屋に5年つとめた後、1939年(昭和14年)、3代目三遊亭金馬の内弟子となり、山遊亭金太郎を名乗る。入門当初は金馬が東宝専属であったため、寄席の定席には出られず、主に東宝名人会前座を務めていた。太平洋戦争中は召集を受け、1945年(昭和20年)に復員した[注釈 2]1951年、定席の高座に出るために金馬の口利きで2代目桂小文治の身内となる。1958年(昭和33年)9月、8代目桂文楽の好意で2代目桂小南を襲名して真打となった。落語芸術協会所属。出囃子は『野崎』。

丹波なまりが抜けず伸び悩んでいたところ、師匠の3代目金馬より上方噺に転向するように言われ、それまで習得した江戸噺を封印した[2]。以降、大阪の「富貴」「戎橋松竹」などといった寄席に出かけては、ヘタリ(囃子方)を勤めるかたわら、上方の若手(3代目桂米朝3代目桂春團治6代目笑福亭松鶴5代目桂文枝ら)に混じって、古老落語家から上方噺を教わった。このとき、小南に稽古をつけた橘ノ圓都が自信を取り戻し高座に復帰した、という上方落語復興の一側面を物語るエピソードがある。

独特な口調は「小南落語」とも呼ばれた。芸に厳しく、終生「稽古の鬼」と称された。1969年(昭和44年)には文化庁芸術祭大賞を受賞しており、1968年(昭和43年)と1981年(昭和56年)には文化庁芸術祭の奨励賞、1989年平成元年)には芸術選奨文部大臣賞を受賞した。1990年紫綬褒章受章。

門下には、桂文朝桂南喬桂南八桂南治桂南なん、3代目山遊亭金太郎3代目桂小南がいる[2][注釈 3]

1996年(平成8年)に死去した。享年77(満76歳没)。

得意ネタ[編集]

など、得意ネタは200を超えた。CBSソニーからLPレコードが残されている。

エピソード[編集]

  • 2代目小南(当時、金太郎)は、もとは「右女助」の名跡を継ぐべく、8代目文楽との交渉に及んだが、逆に文楽に見込まれ、彼が持つもうひとつの名跡の「小南」を譲られることとなった(初代桂小南は文楽の師匠である)。
  • 説明するのに面倒だから、と「京都出身」で通していた。このため、京都市出身と理解する人も少なくなかった。なお、山国村は1955年(昭和30年)に京北町となり、さらに2005年(平成17年)に京都市右京区に編入されているため、現在では京都市出身でも間違いではなくなっている。
  • 小学生向けの古典落語の本を出版し、各地で「学校寄席」を開くなど、6代目柳亭燕路と同様に低年齢層への古典落語普及に努めた(後述)。
  • 趣味は水彩画。仕事で地方に行った際は画廊骨董店をよく巡った。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 生家は、臨済宗#臨済宗天龍寺派常照皇寺のある十数戸よりなる集落にあり、小学校から4キロメートルも離れていた。『落語の案内』(1982)pp.71-72
  2. ^ 部隊では金馬の弟子ということもあり、お座敷がかかって引っ張りだこの状態となったが、腸チフスのため死線をさまよったこともある。『落語案内』(1982)pp.129-134
  3. ^ 弟子は全員東京の落語家で、東京弁で落語を演じている。

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 『落語のいき 第2巻 食と旅噺編』 小学館〈小学館DVD BOOK〉、2009年3月。ISBN 978-4-09-480382-2
  • 古今東西落語家事典(平凡社、1989年)
  • 上方落語ノート(桂米朝著、青蛙房、1978年)
  • 続・上方落語ノート(桂米朝著、青蛙房、1985年)
  • 落語案内 楽屋への招待(桂小南著、立風書房、1982年)

関連項目[編集]