土橋萬歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土橋万歳(どばしまんざい)は、上方落語の演目の一つ。元ネタは、上方歌舞伎の『夏祭浪花鑑』の七段目、長町裏の場。

主な演者には、3代目 桂米朝などがいる。

あらすじ[編集]

船場の大店・播磨屋の離れ座敷では、若旦那の作次郎を丁稚の定吉が割り木片手に見張っているというおかしな状態が続いていた。

「…なんでそこに居んのや?」

この状況を抜け出して遊びに行きたい――方法を考えていた若旦那は、定吉をお土産とお小遣いで買収し、布団の中に箒を押しこんでダミーを作って逃げ出してしまう。

そんな事とは露知らず、階下では番頭が風邪で寝ている主の代わりに葬式へ参列しようと準備を進めていた。

丁稚の亀吉を、定吉の代わりに若旦那の見張りに送り込み、降りてきた定吉を(すでに若旦那を逃がしているとは知らずに)葬式のお供に連れて家を出る。

その帰り道…「お昼を食べましょう」とやたらと勧めてくる定吉の言動から、すでに若旦那が逃亡したことに気付いた番頭は、定吉を誘導尋問にかけて若旦那の居場所を聞き出すとそこへ飛んでいった。

定吉が言っていた、難波の一方亭という料理屋へ行ってみると、すでに二階は大宴会の最中。

若旦那の遊び仲間である、灰屋常次郎の名前を騙って若旦那を呼び出そうとするが、当てが外れてしまい自分が座敷に引っ張り上げられてしまった。

冗談半分に謝る若旦那に対し、番頭は涙ながらにお説教を開始。とうとう逆切れした若旦那に階段から突き落とされてしまった。

それから数時間後…景気なおしに新町遊郭へ繰りこもうと言う若旦那の号令で、一座は難波を出発。

途中でとある土橋に差し掛かった時、藪の中から覆面の男が飛び出してきて「追剥じゃー!!」

びっくりした芸子や幇間は、若旦那を放り出して逃げてしまう。一人で震える若旦那に、追剥は「茶屋遊びをやめろ」と変な要求を突き付けた。

キョトンとする若旦那に、追剥は「顔をよく見ろ」と覆面を取って見せる。…なんと正体は番頭だった。

「普段は若旦那とか言って持ち上げているくせして、いざとなったら見捨てるんです」

花柳界の連中の非情さを説き、なんとか若旦那を改心させようとする番頭だが、頭に血の上った若旦那は聞き入れようとしない。

それどころか、とうとう「馬鹿にするな!」と履いていた雪駄を脱いで番頭の顔を思いっきり殴りつけてしまった。

「…何をするんですか若旦那!」

これでは店に出られない…と、憤る番頭の手が、思わず葬式に参列するために腰に差していた『葬礼差し』に伸びてしまう。

あわてて手をひっこめたが、その様子を見てまた逆切れした若旦那が「お前に殺されるなら本望じゃ、さぁ斬れ!! 」と掴みかかってきた。

もみ合ううち、たまたま鞘走ったが葬礼差しが若旦那を傷つけてしまう。

――とうとう『若旦那を生かしておけば店のためにならない』と悟った番頭は、「人殺し」とうめく若旦那に刃を振りおろして…。

|- 若旦那は自分の絶叫で目を覚ました。見れば自分がいるのは播磨屋の離れ座敷で、そばには定吉がキョトンとした表情で座っている。


今のは夢か――安心した若旦那は、急に番頭のことが気になって定吉に呼んでくるように命じた。


定吉が帳場へ降りてくると、なんと番頭も帳面に筆を突き立てて唸っている。


あわてた定吉に揺り起こされ、若旦那が自分を呼んでいると聞かされた番頭は、何かを感じ取ると大急ぎで離れ座敷へ飛んでいく。


若旦那と番頭は、顔を合わせると今まで自分が見ていた夢の話をし…二人同時に、全く同じ夢を見ていたのだと気づいて慄然とする。


なんとか若旦那に固くなってもらいたい…番頭の一念がこんな奇跡を生んだのか。自分の愚かさをやっと悟った若旦那はこれからは商売に励むと番頭に誓った。


「もしあれが夢じゃなかったら、今頃、番頭は主殺しの重罪で死刑やったなぁ…」


若旦那の述懐に、なぜかそばにいた定吉が泣き出してしまう。


「今のは夢や」とあわてて弁解する若旦那に、定吉はそんなことで泣いているのではないと答えた。


「重罪で死刑だったら、お父っつぁんはどうなるのかと心配で…」
「お前のお父っつぁんって何や?」
「重罪どころか、大和の萬歳なんです」 |}

概要[編集]

落語の若旦那と言えば、まじめな働き者…というのはごく少数で、大抵は『飲む打つ買う』の三道楽に血道を上げる極道ばかり。

この話でもご多分にもれず、番頭を突き落としたのに「厄介払いができた」とドンチャン騒ぎを始めるような非情な若旦那に天誅が下ってしまう。

ちなみに、冒頭で若旦那が定吉にあげると言うお金の単位から、この話の舞台が明治時代であることが推測される。

帯刀が禁じられた時代で起こった刀による殺人劇を、番頭が葬式に出席する為に『葬礼差し』を持っていたことにすることで見事にクリアしている。

歌舞伎の見事な翻案話[編集]

クライマックスの若旦那殺しは、上方歌舞伎の名作である『夏祭』の見事なパロディとなっている。

忠義な番頭は歌舞伎の主人公・団七に、傲慢な若旦那は主人公の義父である義平次に準えられており、殺人のシーンは歌舞伎同様のダンマリで演じられる。

落ちの解説[編集]

若旦那の「重罪で死刑」という言葉を聞いた定吉が、『重罪』の意味がわからずに「十罪」と聞き間違えてしまい、『十』よりも『万』のつく自分の父親のほうが罪が重いのでは…と思ってしまうのが落ち。


以前、上方では大和から出張してきた太夫と才蔵が萬歳をやっていたことに由来しているが、現在では解りにくくなったためマクラで説明する必要が出てきてしまった。 |}

他の場所に出てくる『夏祭』[編集]

元ネタとなった「夏祭浪花鑑」は、芝居好きの若旦那が父親に芝居のせりふで応対する『七段目』の冒頭部分にも顔を出している。