春風亭柳好

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

春風亭 柳好(しゅんぷうてい りゅうこう)は落語名跡

代数のカウントは文献によりまちまちである(著名な「野ざらしの柳好」を3代目と記すのか5代目と記すのかという違いである。彼は自ら3代目と名乗った)。 先行する同名跡として

3代目[編集]

3代目 春風亭 柳好しゅんぷうてい りゅうこう
3代目 春風亭 柳好
野ざらしの柳好(1948年)
本名 松本 亀太郎
生年月日 1887年4月24日
没年月日 (1956-03-14) 1956年3月14日(68歳没)
出身地 日本の旗 日本東京都台東区
師匠 2代目談洲楼燕枝
6代目春風亭柳枝
名跡 1. 談洲楼燕吉(1912年)
2. 柳亭燕玉(1912年 - ?)
3. 柳亭燕雀(? - 1913年)
4. 春風亭錦枝(1913年 - 1917年)
5. 3代目春風亭柳好(1917年 - 1956年)
出囃子 梅は咲いたか
活動期間 1912年 - 1956年
活動内容 落語
幇間
家族 春風亭梅好(弟)
所属 睦会
日本芸術協会

実際には、上記のように5代目である。

3代目春風亭 柳好野ざらしの柳好1887年4月24日 - 1956年3月14日)は落語家。本名 松本 亀太郎東京都台東区浅草出身。出囃子は「梅は咲いたか」。

来歴・人物[編集]

花が咲いたかのように艶やかかつ華のある高座で、「唄い調子」と言われる流麗な口調が独特。多くのファンを獲得した。今日でも落語愛好家の間で「柳好」と言えば決まって「3代目」のことを指すほどである。ただし人物描写や心理表現といったものは皆無で、批評家の評価は低く、人気のわりには高い評価を受けなかった。ラジオ東京(現・TBS) 専属落語家。

1912年2月?、2代目談洲楼燕枝に入門し燕吉を名乗る。その後同年?に柳亭燕玉柳亭燕雀、一時京都の寄席笑福亭などに出演。1913年1914年ころに春風亭錦枝で睦会に迎えられ1917年6代目春風亭柳枝の門下で柳好で真打ちに昇進。東京演芸会社から落語睦会に陣営強化のためにスカウトされる。8代目文楽6代目柳橋(当時小柳枝)2代目小文治と並び「睦の四天王」と呼ばれた。1933年ころから、一時期高座を離れ幇間となるが、間もなく日本芸術協会(現在の落語芸術協会)に所属。

出囃子の「梅は咲いたか」が流れ高座横の出演者を示すめくりが「柳好」に変わると客席は「柳好だ。」と期待にどよめきだし、本人が高座に出ると拍手の嵐となった。その凄さに、8代目桂文楽は「楽屋で聞いても上手いとは思えません。でも、もう、あの、ぱあっとしたはなやかさは何なんでしょうねえ」と誉め、序列は上でも構わないから落語協会の方に来て欲しいと真顔で語った。(以下は6代目圓生が川戸貞吉に語った述懐)6代目圓生も同様に、序列は上でも構わないから落語協会の方に来て欲しいと思っていた。実際に、落語協会が、柳好を日本芸術協会から引き抜くという計画があった。頓挫したのは、落語協会側の2代目円歌が反対したからである。

得意ネタは「野ざらし」、「がまの油」、「鰻の幇間」、「電車風景」、「二十四孝」、「たちきり」など。高座へ上がると客席から決まって「野ざらし」や「がまの油」を求める掛け声がかけられたという。また、学習院大学落語研究会に依頼され、学内の講堂にて『五人廻し』を演じたこともあった[1]。しかし、噺の途中で会場に目をやったところ、客席の最前列に皇太子明仁親王がいるのに気づき、動揺して途中で高座を下りてしまった[2]。『五人廻し』は遊郭を舞台とする艶噺だったことから、控室に戻ってからも「あたし、不敬罪で逮捕されるんじゃないか」[2]と顔面蒼白で動転しており、落語研究会の吉村昭らが「今は民主主義の時代ですから、そんなことありません」[2]と必死に宥めたという。

晩年は向島の芸者屋の若旦那となっていた。1956年TBSラジオで「穴どろ」を収録後、上野鈴本演芸場の楽屋で急逝(なお、鈴本の楽屋で亡くなったのは4代目柳家小さんにつぐ二人目)。享年69。弟子に4代目春風亭柳好、10代目柳亭芝楽、燕雀(元・春風亭好燕、廃業)、実の弟の春風亭梅好、千代若、漫才の桂金吾、俗曲の桂小豆(玉川スミ[3]らがいる。

4代目[編集]

4代目 春風亭 柳好しゅんぷうてい りゅうこう
本名 小川 清
生年月日 1921年1月5日
没年月日 (1992-07-07) 1992年7月7日(71歳没)
出身地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
師匠 3代目春風亭柳好
6代目春風亭柳橋
名跡 1. 春風亭笑好(1950年 - ?)
2. 4代目春風亭柳好(? - 1989年)
出囃子 おいとこ
活動期間 1950年 - 1989年
所属 日本芸術協会→落語芸術協会(1950年 - 1989年)

4代目春風亭 柳好川崎の柳好1921年1月5日 - 1992年7月7日)は、落語芸術協会に所属した落語家。本名 小川 清神奈川県横浜市出身。出囃子は『おいとこ』。

来歴・人物[編集]

工場勤務を経て家業の魚屋を継いだが、1950年8月、29歳の時に3代目柳好に入門して春風亭笑好を名乗る。1953年10月、二つ目昇進。師匠没後の1956年6代目春風亭柳橋門下に移る。1958年10月、真打昇進。フジテレビお笑いタッグマッチ』の回答者として人気を獲得する。

落語をやらせていただきます」とボソリと断りを入れてから噺に入り、独特の低音とゆっくりとした口調で穏やかな高座を務めた。若い頃から7代目春風亭柳枝を崇拝し、SPレコードを収集しては研究に没頭したという。居住地から「川崎(の師匠)」と呼ばれ、川崎を本拠としたプロ野球大洋ホエールズ(後に本拠を移転して横浜大洋ホエールズ)のファンでもあった。色紙にサインをする際は、いつも「はなしかはタマゴが先でトリが後」と書いた。

健康を害し、1989年に芸術協会を脱退して治療に専念したが、1992年に死去。享年71。

得意ネタ[編集]

得意ネタは『お見立て』『こんにゃく問答』『道具屋』『小言幸兵衛』『味噌蔵』『二十四孝』『かぼちゃ屋』『牛ほめ』など。とりわけ与太郎噺を得意とする。

出演映画[編集]

家族[編集]

娘が2人いた。5代目柳好がこの2人の娘に襲名を願い出た際は、特に反対されることもなく無償で名跡が提供されたという。

洒落の一環として、自宅では縁遠い次女(相当な美人と評された)を「春風亭古娘」と呼んだ。次女の親友が胆石手術をした際には、退院祝いとして「春風亭胆石」の芸名を与えるなど、エピソードの多い人物だった。

弟子[編集]

弟子に9代目春風亭小柳枝がいる。

5代目[編集]

5代目 春風亭 柳好しゅんぷうてい りゅうこう
本名 平山 哉
生年月日 (1967-07-13) 1967年7月13日(50歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
師匠 5代目春風亭柳昇
名跡 1. 春風亭柳八(1986年 - 2000年)
2. 5代目春風亭柳好(2000年 - )
出囃子 おいとこ
活動期間 1986年 -
家族 平山織絵(妹)
所属 落語芸術協会

5代目春風亭 柳好1967年7月13日 - )は、落語芸術協会に所属する落語家。本名 平山 哉(ひらやま はじめ)。神奈川県川崎市出身。出囃子は「おいとこ」。

来歴・人物[編集]

1986年12月、5代目春風亭柳昇に入門。春風亭柳八を名乗る。1991年2月二つ目昇進。2000年5月真打昇進とともに、5代目柳好を襲名。

先代を彷彿させるほのぼのとした高座を務める。得意ネタは『井戸の茶碗』『薬缶』など。弟子に春風亭柳城(真打)と、春風亭吉好(2013年に二つ目昇進)がいる。

母校の東京農業大学で特別講師を務める。

妹はチェリスト平山織絵[4]

メディア出演[編集]

テレビ
1998年7月19日放送の「大喜利下克上」でチャンピオンとなり、4週間番組を休んだ山田隆夫の代わりに座布団運びを務めた。
ルールによって次回出演権を剥奪された翌週は、彼が座っていた5番席に神田蘭が座ることが多かった。出演権を剥奪された2010年12月12日放送分が最後の出演となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 吉村昭「一度は死んだ私――若き日の手術から生還して作家になるまで」『文藝春秋』89巻9号、文藝春秋2011年8月1日、286頁。
  2. ^ a b c 吉村昭「一度は死んだ私――若き日の手術から生還して作家になるまで」『文藝春秋』89巻9号、文藝春秋2011年8月1日、287頁。
  3. ^ 玉川スミ - 協会員プロフィール 故人|落語芸術協会
  4. ^ ORIE HIRAYAMA blog 2008.11.14

出典[編集]

  • 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社ISBN 458212612X
  • 古今東西噺家紳士録