前田武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前田 武彦
誕生 1929年4月3日
日本の旗 日本東京府東京市
死没 2011年8月5日(満82歳没)
東京都
職業 タレント放送作家司会者
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 立教大学経済学部中退
テンプレートを表示

前田 武彦(まえだ たけひこ、1929年昭和4年〉4月3日 - 2011年平成23年〉8月5日)は、日本の男性タレント放送作家司会者三桂所属。愛称はマエタケ

人物[編集]

1960年代、それまで台本を読み上げる形式が一般的だった放送司会に「フリートーク」、「楽屋オチ」、「世間話」といった手法を持ち込み、最盛期にはその毒舌と絶妙な話術から「フリートークの天才」と呼ばれた。

思想的には左派であり、自らが司会するテレビ番組で日本共産党の候補が選挙で当選したことを礼賛したことから、以後10年近くのあいだテレビ業界から干されたこともある。前田は司会や脚本家のほか、作詞家として、平井和正原作のアニメ『エイトマン』の主題歌の作詞(萩原哲晶作曲、克美しげる歌唱)もしている。血液型A型。 また、ヨットを趣味とし、ヨット関係の月刊誌に連載コラムを持つなどしていた。

生涯[編集]

生い立ちから放送作家へ[編集]

1929年東京府東京市に生まれる。太平洋戦争中には予科練に1年半在隊し、敗戦翌年の1946年に開校した鎌倉アカデミア演劇科に第1期生として入学した。同期生にはいずみたく勝田久津上忠、1年下に高松英郎がおり、村山知義服部之総に学んだ。同科卒業後には立教大学経済学部経営学科に入学するも中退した。様々な職業を転々としながら、1953年の開局間もないNHKの放送作家になりラジオやテレビの台本を書くようになった。テレビについては、放送開始当初から放送作家(放送構成作家)として活動していた。

司会者[編集]

1960年代に入ってからはタレント活動が本業となり、洋楽チャート番組『東芝ヒットパレード』(TBSラジオ)などラジオ番組にパーソナリティーとして出演した。また、1968年から放送されたテレビの歌番組、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ)では司会者を務め、マエタケの愛称で呼ばれる人気司会者となった。同番組では、その毒舌で度々若手女性歌手を泣かせることがあったほか、自称「あだ名の名人」として、共に司会を務めていた芳村真理を始め、スタッフや出演歌手に数多くにニックネームを付けた。

1969年11月、それまでの司会者・立川談志の降板を受け、テレビの演芸番組『笑点』の司会に就任、翌年12月まで務めた。同番組では新オープニングテーマ(中村八大作曲)の作詞も行った。さらに、『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』(日本テレビ1969年 - 1971年)の司会、『ゴールデン洋画劇場』(フジテレビ)の初代映画解説者(1971年 - 1973年)を務めた。

共産党応援とテレビ局の報復[編集]

1973年夏、武彦は参議院議員選挙大阪府選挙区補選で、日本共産党公認の沓脱タケ子を応援。応援演説中に「沓脱さんが当選したら、当日の夜ヒットでバンザイをします」と発言(当時の補欠選挙は翌日開票)。結果、沓脱は自民党公認の森下泰を1万票余りの僅差で破り当選。前田は約束を守り番組エンディング後に万歳をした。直後は特に問題にならなかったが、この選挙が国政補欠選挙で初めて共産党候補が自民党候補を破った選挙であったことや、週刊サンケイが「マエタケ、共産党候補当選にバンザイ」と記事にしたことなどから、一種のスキャンダル的騒動に発展。それが反共右派である当時のフジテレビオーナー・鹿内信隆の逆鱗に触れ、同年秋には夜ヒットの司会降板に繋がった。さらに、その他の出演番組からも降板、もしくは番組自体が打ち切りになることが相次ぎ、前田はその後数年間に渡ってメディア出演の機会の大部分を失うこととなり、長期にわたりテレビ業界で冷飯を食う羽目になる。その一方で、ラジオでは、1978年4月から1979年12月まで文化放送平日朝の生ワイド番組『マエタケの朝は自由大通り』のパーソナリティを務めた。

メディア出演復帰[編集]

1980年代前半になると、前田は『朝のホットライン』(TBSテレビ)にお天気キャスターとして出演、「お天気マン」と呼ばれて徐々にテレビ出演の機会を増やしていった。また、俳優として映画、『釣りバカ日誌』シリーズ(松竹)や、『想い出づくり。』(TBS)に出演した。

1999年、70歳を迎えた武彦は、東京・六本木のディスコ、「ヴェルファーレ」で古稀祝いパーティーを挙行、それには巨泉、芳村真理堺正章愛川欽也うつみ宮土理夫妻ら、かつて共に仕事をした芸能人らが発起人として名を連ねていた。

死去[編集]

2011年8月5日、肺炎のため東京都内の病院で死去。82歳没[1]。生前最後の仕事は、亡くなる約1か月前の同年7月16日に放送されたTBSラジオ『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』へのゲスト出演だった。最後のテレビ出演は、2010年5月23日に放映されたフジテレビボクらの時代』での小沢昭一と大橋巨泉との対談であった。

前田の死去を受けて、長年の友人であった大橋巨泉は「ボクにとっては良き先輩、影響を受けた人」、萩本欽一は「教科書のような存在でボクにとっては大きかった人」とそれぞれ故人を偲ぶコメントを発表している[2]。『笑点』の前任司会者だった立川談志も、週刊現代の連載「立川談志の時事放談 『いや、はや、ドーモ』」で前田を偲んだ。

エピソード[編集]

戦時中、特攻兵器「蛟龍」の搭乗員となるべく猛訓練を受けた。これについて出演したテレビ番組で、「(自分の受けた訓練は)優しさなんか一つも無かった。死んでいく人間に対して棒で殴ったりしていた」、「(戦争を)最後までやるのかと思っていたら終わってしまった」と首を傾げながら当時の心境を述べている[3]。海軍通信兵だった前田は、手旗信号を判読することができた。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

映画[編集]

CM・広告[編集]

その他[編集]

作詞[編集]

著書[編集]

  • 『アイデア話術 人をひきつけ、愛される 私が成功したやり方』ベストセラーズ 1969
  • 『毒舌教室 日ごろのウップンを晴らす本』光文社カッパ・ブックス 1969
  • 『夜のヒットスタジオ ぼくのスター名鑑』新人物往来社 1969
  • 『お天気おじさんマエタケの天気図を読む本 TV・新聞の天気図がおもしろ〜い』日本実業出版社 エスカルゴ・ブックス 1984
  • 『私も髪では苦労した 男は頭髪で勝負する』ごま書房 ゴマ生活ブックス 1996
  • 『マエタケのテレビ半生記』いそっぷ社 2003

共著[編集]

  • 『話のタネ本』樋口清之,高木重朗共著 ごま書房 ゴマブックス 1973
  • 『タケロー・タケヒコの本音斬り』森本毅郎共著 グラフ社 1985
  • 関根勤と共著)『前武・関根のおしゃべりに会いたくて-しゃべリスト養成講座』ゴマブックス、2001

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]