木久蔵ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木久蔵ラーメン

木久蔵ラーメン(きくぞうラーメン)とは、落語家林家木久扇(二代目林家木久蔵の父)が運営するラーメン事業である。自宅調理用ラーメンの販売及び他店舗へのラーメン商品の提供を行う。かつては、「全国ラーメン党」の屋号でラーメン店の経営も行っていた。

なお、本項目では木久蔵と名乗っていた時代も含め、木久扇と記す。

概要[編集]

1982年(昭和57年)に木久扇と横山やすしが「全国ラーメン党」を結成したことを機に販売を開始した。全国ラーメン党の店舗は、最盛期には約27店舗あったが(木久扇談)、東京都渋谷区代々木駅西口の店舗を残して、2012年(平成24年)までにすべて閉店し、代々木駅西口の店舗も2015年(平成27年)5月29日に閉店した。2017年(平成29年)現在は、岩手県雫石町にある「ホテル森の風」内にあるレストラン「めん処 森のそばや」にて食べることができる[1]。この他、居酒屋チェーンの「養老乃瀧」一部店舗で限定メニューとして登場したことがある。

現在は通信販売や関東地区の主要施設(東京駅羽田空港等)での土産物といった自宅調理用商品がメインとなっており、東京土産ランキングNo.1になったこともある。木久扇一門の寄席や独演会などで弟子(子飼いの林家きく姫以降の面々)が販売することもある。

目指す所は「昔懐かしい中華そば」であり、中力粉強力粉を混ぜた縮れの細麺、スープ関東で好まれる醤油を基にしたあっさり味である。

木久蔵は2007年(平成19年)9月に初代林家木久扇を名乗り、息子のきくおが二代目林家木久蔵を襲名したが、木久蔵ラーメンの名称はそのまま継続された(本人曰く、襲名すると印刷代が約70万円かかり高く付くからとのこと)[2]。表には「林家木久蔵ラーメン」と記されており、木久扇または鞍馬天狗を元にした「ラーメン天狗」というキャラクターが描かれている。

2008年(平成20年)には、おやつカンパニーが発売するベビースターラーメンに、林家木久蔵ラーメン味が登場している。

2009年(平成21年)には、横浜開港150周年「開国博Y150」との協業林家木久蔵横浜ラーメンが登場している(当時、桂歌丸に非公認とネタにされていた)。

笑点』の「大喜利」では、林家木久扇のネタとして「まずい」「木久扇の弟子は木久蔵ラーメンの販売員」「食べたら腹を壊した」「人食いワニに食べさせたらワニが即死した」「味覚の破壊」と茶化されることがある。また、自身も「返品が多い」「みんなが悪く言うおかげで売れなくなった」と自虐することもある。歌丸からも、入院中に「木久ちゃんからのお見舞いの品」を看護師が知らぬ間に焼却炉の方面に持って行った、とネタにされたことがあったが、2013年(平成25年)元日放送の「寿 大喜利」内で、木久扇の自虐に対して歌丸が「醤油味好きだよ。あっさりしていて旨かったよ。」と 珍しく褒める場面も見られた。

種類[編集]

現在は福岡県の株式会社まあるいテーブルが木久扇とライセンス契約し製造・販売をしている。

  • 林家木久蔵ラーメン
  • 乾麺 木久蔵ラーメン
  • 林家木久蔵 東京つけめん
  • 木久扇ナポリタン
  • 木久扇ワンタンメン

初代木久蔵時代に発売されたものは、ラベル変更の印刷費節約のために「木久蔵〜」のまま。木久扇襲名(改名)後に発売されたものは、「木久扇〜」となっている。

逸話[編集]

「まずい」や「返品」はあくまで『笑点』の「大喜利」でのネタである。1999年元日放送の「笑点正月スペシャルバスツアー」で木久蔵ラーメンを笑点の面子で訪れた際には、食通としても知られる林家こん平が「旨い物食う時に言葉はいらないよ」と絶賛した。立川談志は高座で「あいつはね、落語うまくないけどラーメンうまいよ」と評している。加山雄三は「行列のできる法律相談所」出演の際に試食し、「俺は(ラーメンの味には)うるさい」と前置きした上で「うまい」と絶賛している。

木久蔵ラーメンがまずい、というネタが始まったのは林家木久扇が中華料理人とラーメン作りで対決の際、ゆでる麺をこぼすなどうまく行かず、散々な目にあったことが始まりである。したがって本当にまずいのは「林家木久扇本人が作ったラーメン」のこととされる。また、2015年に放映されたTV番組『しくじり先生 俺みたいになるな!!』にて、笑点で木久蔵ラーメンはまずいと言う話が出るのは「家にある分が切れたから送ってくれ」という合図だという話が語られた。

2007年以降に全国の食品会社で賞味期限偽装問題が発覚した際、メンバーや木久扇自身から「黄色い恋人」「ラーメンの付合せのスイーツ赤福」「賞味期限ラベルの貼りかえ」「売れ残りを焼きそばにして再出荷」「サービスの半ライスも事故米」など、食品偽装が問題となった品と関連付けられたネタが多数登場した。また、『ミシュランガイド』の東京版が発行された際には、「私のラーメン店には(『ミシュランガイド』の取材は来ないが)保健所の人が(食中毒の)調査に来た」と木久扇自身がネタにしていたこともある。これらはいずれもネタの範囲の話である。

木久扇の元・弟弟子である三遊亭好楽からは、(木久扇の)弟子たちが「木久扇から得るものはないが、売るものはいっぱいある」と散々言っていたとネタにされたこともある。「売るもの」とは、もちろん木久蔵ラーメンのことを指す。

トルコ共和国カッパドキアで、皿の絵付けを行った際、木久蔵ラーメンを食べる河童を描いており、木久扇自身が河童の頭の部分のをかぶり、それを鏡で見てモデルとして描いていた。この絵付け皿は、視聴者への贈り物となっている。

注釈[編集]

  1. ^ めん処 森のそばや|ホテル森の風 鶯宿
  2. ^ 2017年4月27日放送「得する人損する人」より

関連項目[編集]

  • 千鳥屋製麺所 - 宮城県にある製麺加工会社[1]。「木久ちゃんの麺'Sリポート」と題した生ラーメンの宮城ローカルCMが1980年代に木久扇主演で放映された。
  • トヨタアート

外部リンク[編集]