三條正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三條正人(さんじょうまさと、1943年1月30日 - 2017年10月5日)は日本歌手である。本名は渡辺正好(わたなべ まさよし)。滋賀県大津市出身

鶴岡雅義と東京ロマンチカのメインボーカリスト。(1967年 - 2017年)

妻は女優香山美子

経歴[編集]

1943年(昭和18年)1月30日、滋賀県大津市に生まれる。滋賀県立膳所高等学校卒業。法政大学在学中にコーラスグループを結成し、ダンスホールでプロ歌手として活動を始める。

1967年(昭和42年)作曲家、鶴岡雅義に請われ、男性歌謡コーラスグループ「鶴岡雅義と東京ロマンチカ」のリードボーカルとして迎え入れられた。『小樽のひとよ』でレコードデビューし、大ヒットとなる。その甘くせつない歌声と美しく哀愁を帯びたレキントギターのメロディーは、ムード歌謡が全盛期であった当時の大人の心を大きく揺さぶった。

1968年(昭和43年)、『旅路のひとよ』で日本レコード大賞歌唱賞を受賞。NHK紅白歌合戦に初出場。(以後6年連続)

1969年(昭和44年)には『君は心の妻だから』『北国の町』の大ヒットが続く。

フジテレビの「夜のヒットスタジオ」では毎週レギュラー出演して、お茶の間の人気者になる。端正なマスクと抜群の歌唱力で、多くの女性ファンを獲得する。

人気絶頂の中、1973年(昭和48年)女優の香山美子と結婚。1974年(昭和49年)、『さだめ』でソロ歌手としてデビュー。

1978年(昭和53年)『北の都の物語』で東京ロマンチカに復帰する。以後、ロマンチカからの独立と復帰を繰り返すが、『あなたを待ちます』『ひとりの札幌』などがヒットし、ソロ歌手としての評価も高い。

1993年(平成5年)には歌手生活30周年を迎え、記念曲『愛のぬけがら』をリリース。東京、大阪で記念リサイタルを開催。

1999年(平成11年)1月、東京都世田谷区の駐車場で二人組の強盗に襲われ、頭部に怪我を負う。乱闘になるが所持金は無事で、三條の勇猛果敢ぶりが話題になる。

2003年(平成15年)鶴岡雅義と東京ロマンチカに20年ぶりに復帰。2013年(平成25年)10月には東京ロマンチカ結成50周年の祝宴が開催された。

際だったファンへの配慮と飾らない人柄からいつもたくさんのファンに囲まれる華やかな歌手人生であった。

2016年から体調を崩し、入退院を繰り返していたとされるが、ステージやテレビ出演を続けていた。2017年(平成29年)9月17日、群馬県富岡市のかぶらホールにて、ロス・インディオスの55周年記念コンサートにゲスト出演。これが最後のステージとなった。 2017年(平成29年)10月5日、マントル細胞リンパ腫のため東京都渋谷区の病院にて死去。74歳没。10月9日通夜、10日告別式が東京都中野区の宝仙寺にて行われ、多くのファンが見送った。

2018年 (平成30年)1月24日、株式会社フリーボードより追悼CDが発売された。『鶴岡雅義と東京ロマンチカ 永遠に 三條正人追悼盤 ファンが選んだ16曲』

紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 1968年(昭和43年)第19回 小樽のひとよ
  • 1969年(昭和44年)第20回 君は心の妻だから
  • 1970年(昭和45年)第21回 別れの誓い
  • 1971年(昭和46年)第22回 追憶
  • 1972年(昭和47年)第23回 くちづけ
  • 1973年(昭和48年)第24回 君は心の妻だから

ディスコグラフィー[編集]

鶴岡雅義と東京ロマンチカ名義

  • 好きなのさ(1965年)
  • 咲かせて頂戴愛の花(1966年11月)
  • 粉雪のラブレター/なみだ花(1967年6月)
  • ほんとなのよ(1967年8月)
  • 小樽のひとよ(両A面)1967年9月
  • ブエナス・ノーチェス東京/真耶子よ 1967年11月
  • 裏町セレナーデ/恋する東京 1968年1月
  • 夜霧のドライブイン(A面) 1968年3月 
  • 旅路のひとよ/二人の夜があるかぎり 1968年7月
  • 愛に散りたい/しのび逢う町 1968年12月
  • 君は心の妻だから(A面) 1969年2月 
  • 北国の町(A面) 1969年9月
  • 別れの誓い(A面) 1970年3月
  • 生きるかぎりは(B面) 1970年6月
  • 恋は消えても愛は残る/君は今でも(両A面) 1970年9月
  • 君は人妻/涙のおもかげ(両A面) 1971年3月
  • 追憶/あなたを愛した頃 1971年8月
  • 女の詩集/木枯らしの歌 1971年12月
  • 歳月/命あればこそ 1972年3月
  • くちづけ/港が見える散歩道 1972年10月
  • 秘密(A面) 1972年10月
  • 鳥取・砂丘・風の人(A面) 1973年3月
  • 人ふたり(A面) 1973年7月
  • なみだ妻/雨のおもかげ(両A面) 1973年10月
  • 小樽をはなれて(B面) 1974年1月
  • 別れてきました/銀座の恋 1974年4月
  • 北の都の物語(A面) 1978年5月
  • 冬のめぐり逢い/函館の灯よいつまでも 1979年1月
  • 愛は砂漠/ハマナスは恋の花 1979年4月
  • いのち恋/さだめ 1979年8月
  • 明日からあなたは/雨のおもかげ 1979年12月
  • 花かげのひと(A面) 2003年5月
  • 有楽町でまた逢いましょう/母に贈るワルツ 2004年11月
  • 100ダースの恋/高瀬舟慕情 2007年6月
  • 勇気の歌/涙を残して 2011年7月
  • 最後のラブソング(A面、デュエット 山本さと子) 2016年10月

三條正人名義

  • さだめ/お前 1974年10月
  • さいはての宿/おんなの業 1975年3月
  • いのち恋/心斎橋 1975年7月
  • 苦労かけたね/ためらい 1976年1月
  • 想い出の小樽/チコと暮らしたあの二年 1976年7月
  • かくれ花/京都北クラブ 1977年5月
  • あなたを待ちます/挽歌 1982年6月
  • 北の岬/釧路で別れて 1982年11月
  • お前はかわいい俺の妻/さよならはほほえみで 1983年9月
  • ひとりの札幌/恋の雪舞い 1984年9月
  • 他人妻/金沢情話 1985年8月
  • おんなの生命/天人峡恋唄 1987年5月
  • 小樽のめぐり逢い/雪子よ 1988年5月
  • 北のふたり旅(デュエット 美山絢子)/水沢情話 1990年1月
  • 松江の宿/紫川情話 1991年5月
  • 愛のぬけがら/落日ホテル 1993年4月
  • ふたりの海峡線/小樽しぐれて 1997年2月
  • 京都・夢草子/母に贈るワルツ 2003年1月

松森棚三名義

  • 涙を残して/愛の旅立ち 2010年1月

外部リンク[編集]