スター千一夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スター千一夜
Star 1001Night Simadu Takako 1960.jpg
島津貴子の出演風景(1960年)
ジャンル トーク番組
放送時間 15分
放送期間 1959年3月1日 - 1981年9月25日(6417回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 司会 主な司会者を参照
ゲスト 主なゲストを参照

特記事項:
1967年4月3日5月8日までの毎週月曜日、及び1968年1月1日以降はカラー放送。
テンプレートを表示

スター千一夜』(スターせんいちや)は、フジテレビ系列で、1959年3月1日(フジテレビ開局当日) - 1981年9月25日に放送されたトーク番組。放送回数は6417回。通称は「スタ千」。

概要[編集]

旬の芸能人スポーツ選手など著名人が出ることが売りとした。番組開始時には映画会社による五社協定が締結されており、テレビに映画スターが出演できなかったのを、芸能番組への出演という形でなく、時事に絡めた社会の話題として取り上げた。なお、番組企画自体は協和広告が担当している。

第1回のゲストは、長門裕之津川雅彦兄弟。最終回のゲストは、美空ひばり

放送日は当初は、日曜日から水曜日で始まり、その後幾度か放送曜日の変更が行われて、月曜日から土曜日までの帯番組となった(一時期土曜の放送を廃止したこともあり)。原則的にゴールデンタイムの帯番組として設定され、時間帯も、当初は21時 - 21時15分までの時間帯に放映されたが、幾度かの変更があった末に19時45分 - 20時までの15分枠に落ち着いた。月曜日から金曜日の19時45分からの15分に落ち着いたのは1974年10月以降である。前時間帯の19時30分 - 19時45分も同じ月 - 金の帯番組で、かつ長寿番組だった『クイズグランプリ』などがあり、フジテレビの毎日の顔的存在の時間帯であった。それだけに番組にステータスがあり、「これに出れば一人前」と言われた番組でもあった。

また、1960年代後半以降、司会者には田宮二郎石坂浩二関口宏など、本業は俳優である芸能人を抜擢する異色の起用方法を取り入れたことも話題となった。特に関口については、本番組が俳優から司会者へのイメージを定着させており、大橋巨泉が関口に対して、司会者としての素質を評価していたという。

番組スポンサーは、旭化成(当時の社名は旭化成工業)と旭化成グループ各社の一社提供。本番組終了後もやはり一社提供で後番組『なるほど!ザ・ワールド』の番組スポンサーとなった。 長年にわたり「旭化成カシミロン」CM(60秒)を放映。番組のトーク進行中に画面下に「提供:旭化成カシミロン」のテロップが数秒間表示される。

番組の途中にて「企業最前線」という生CMコーナーがあり石坂がすぐ隣りの番組セットへ移り旭化成の新製品情報を企業の担当者から話を聞く内容だった。

番組最高視聴率は、1966年12月1日(木)放送(王貞治・恭子夫妻出演)の45.9%(関東地区ビデオリサーチ社調べ)だった。

最多出演者は歴代司会者にも名を連ねる吉永小百合の90回。以後、王貞治(72回)、坂本九浅丘ルリ子(ともに58回)と続く。

なお記念回は、100回や1000回といった切りのいい回ではなく、タイトルにちなんで、1001の倍数回(1001回、2002回…)に行われていた。その時は司会者などが「『千一夜』を○回過ごして参りました」と発言していた(例:3003回の時は「『千一夜』を3回」)。

本番組は、フジテレビの番組の中でも最もカラー化が早く、先ず、1967年4月3日 - 5月8日までの毎週月曜日に(おそらく試験段階として)カラー放送を行い、翌年1968年の元日(1月1日)の放送から、一部の例外を除き、カラー放送となった。[1]

放送時間・放送曜日[編集]

放送時間[編集]

放送期間 放送時間(JST 備考
1959.03.01 1962.09.01 21:00 - 21:15
1962.09.03 1969.03.31 21:30 - 21:45 1967.04.02~1969.03.30の日曜のみ22:00 - 22:15
1969.04.01 1969.09.30 19:30 - 19:45
1969.10.01 1981.09 19:45 - 20:00 19:45番組との枠交換で繰下げ

プロ野球中継放送枠が20:00 - (21:26→)21:25から19:30 - 20:55(→20:54)に変更された1974年度からは、中継の雨傘番組は当番組と『クイズグランプリ』、そして20時枠番組は編成されず、代わりに映画番組を編成していた。その後開始時刻が19:00に変更(30分拡大)された1977年からは、19:30以降の雨傘番組は今まで通りだが、19:00枠は通常番組を編成していた。

放送曜日[編集]

期間 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜 備考
1959.03 1959.12 × ×
1959.12 1960.11 × 金曜放送開始(1959.12.18から)
1960.11 1967.03 × 日曜放送中止(1960.11.06から)
1967.04 1969.03 × 土曜放送中止 日曜放送再開(1967.04.08から)
1969.04 1974.09 × 土曜放送再開 日曜放送廃止(1969.04.05から)
1974.10 1981.09 × × 土曜放送廃止(1974.10.05から)

主な司会者[編集]

当初は司会者は1週間を通じて固定であったが、1960年代後半以降は複数の司会者が、回により交替で担当するスタイルとなった。主にタレントフリーアナウンサーが司会を務めていたが、結婚記者会見などの場合には、レポーターを兼ねて露木茂(当時フジテレビアナウンサー)をはじめとするフジテレビアナウンサー陣が司会役を務めていた。

ほか多数

主なゲスト[編集]

他多数

歴代高視聴率ゲスト[編集]

ビデオリサーチ[編集]

ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯による歴代高視聴率ゲストは以下の通り。

# 放送日 放送時間 視聴率 ゲスト
1. 1966年12月1日(木) 21:30 - 21:45 45.9% 王貞治王恭子夫妻
2. 1963年2月7日(木) 21:30 - 21:45 38.1% 栃光正之夫妻
3. 1971年3月24日(水) 19:45 - 20:00 37.9% 石坂浩二浅丘ルリ子夫妻
4. 1967年5月30日(火) 21:30 - 21:45 36.9% 大鵬幸喜納谷芳子夫妻
5. 1965年1月26日(火) 21:30 - 21:45 34.8% 長嶋茂雄長嶋亜希子夫妻
6. 1964年3月6日(金) 21:30 - 21:45 34.4% 高倉健江利チエミ夫妻
7. 1968年3月27日(水) 21:30 - 21:45 33.7% デビ夫人とサリーちゃん
8. 1980年11月19日(水) 19:45 - 20:00 30.3% 三浦友和山口百恵夫妻
9. 1970年9月12日(土) 19:45 - 20:00 30.0% 加山雄三松本めぐみ夫妻

出典:

ニールセン[編集]

ニールセン調べ、関東地区・世帯による歴代高視聴率ゲストは以下の通り。

# 放送日 放送時間 視聴率 ゲスト
1. 1966年12月1日(木) 21:30 - 21:45 45.4% 王貞治王恭子夫妻
2. 1963年2月16日(土) 21:30 - 21:45 40.0% 高倉健江利チエミ夫妻
3. 1971年3月24日(水) 19:45 - 20:00 39.5% 石坂浩二浅丘ルリ子夫妻
4. 1963年3月2日(土) 21:30 - 21:45 37.8% 勝新太郎中村玉緒夫妻
5. 1964年11月27日(金) 21:30 - 21:45 37.0% 長嶋茂雄長嶋亜希子夫妻
6. 1962年11月5日(月) 21:30 - 21:45 36.6% 美空ひばり小林旭夫妻
6. 1967年3月23日(木) 21:30 - 21:45 36.6% 舟木一夫
8. 1963年2月23日(土) 21:30 - 21:45 35.9% 三木のり平一家
9. 1962年10月20日(土) 21:30 - 21:45 35.8% 渡辺美佐クレージーキャッツ
10. 1963年3月14日(木) 21:30 - 21:45 35.5% 橋幸夫

出典:

  • 「パーセントの裏っ側 テレビ放送三十年の軌跡(4) 世相を反映した『スター千一夜』」『サンデー毎日』1983年3月27日号、148頁。

旭化成 宣伝40年の歩み[編集]

「旭化成 宣伝40年の歩み」による、関東地区・世帯による歴代高視聴率ゲストは以下の通り。

# 放送日 放送時間 視聴率 ゲスト
1. 1966年12月1日(木) 21:30 - 21:45 45.9% 王貞治王恭子夫妻
2. 1960年4月6日(水) 21:30 - 21:45 41.5% 島津貴子島津久子島津久永
3. 1963年2月16日(土) 21:30 - 21:45 40.0% 高倉健江利チエミ夫妻
4. 1971年3月24日(水) 19:45 - 20:00 37.9% 石坂浩二浅丘ルリ子夫妻
5. 1963年3月2日(土) 21:30 - 21:45 37.8% 勝新太郎中村玉緒夫妻
6. 1964年11月27日(金) 21:30 - 21:45 37.0% 長嶋茂雄長嶋亜希子夫妻
7. 1967年5月30日(火) 21:30 - 21:45 36.9% 大鵬幸喜・芳子夫妻
8. 1962年11月5日(月) 21:30 - 21:45 36.6% 美空ひばり小林旭夫妻
9. 1963年2月23日(土) 21:30 - 21:45 35.9% 三木のり平一家
10. 1962年10月20日(土) 21:30 - 21:45 35.8% 渡辺美佐クレージーキャッツ

出典:

番組終了とその後[編集]

当時フジテレビが副社長であった鹿内春雄主導の下、活性化のため柔軟で大規模な番組編成の改革を取る方針となった事と『クイズグランプリ』が1980年12月に終了してからワンセットとなる平日15分帯番組枠が時代に沿わなくなったことが、1981年秋の終了に繋がった。その最終回は「惜しまれつつ終了」という形式をとった。これは、開局当日以来放送されていたからである。番組終了に関しては旭化成側の猛烈な反対があったがなるほど!ザ・ワールドへの移行でようやく了解を得、結果的に成功に繋がっている。

1981年8月下旬より『スター千一夜』ファイナルと題し「60年代」「70年代」「80年代」「スポンサー」とテーマを決めて今まで放送してきたハイライトシーンが放送される。

1981年9月18日のスポンサー特集では「愛を育てる旭化成」企業CMなど普段見ることの出来ない貴重なCM映像も紹介した。

最終回は1981年9月25日に『さよなら!スター千一夜』というタイトルで、19:30からの拡大版で放送(当時19:30開始の『逆転クイズジャック』は前日の9月24日で終了)。放送では過去本番組に出演した芸能人が多数出演し、その席上、森繁久彌が自作の詩を朗読して番組終了を惜しんだ。

放送回数6417回、放送期間22年7か月は、1982年10月開始で2014年3月まで31年半続いた『森田一義アワー 笑っていいとも!』に塗り替えられる(2005年5月に更新)まで、フジテレビの帯番組では長寿記録であった。その後、1990年頃に期首特番で2時間番組として復活したこともある。出演はレギュラーを務めていた露木茂、ビートたけし。

2008年11月16日には、フジテレビ721において、吉永小百合傑作選として、選りすぐりの2本が再放送された。

保存されている映像は少なく、現存する映像は1970年代後半以降のものが大半である。番組開始当時はVTRが無く生放送で、納入後もVTR規格が2インチで機器・テープ共に高価だった。また、放送時間も15分と短く、加えて著作権法などの絡みで番組の資料保存が制約されていた事情もあった。

  • 例として、1996年8月8日放送の『フジテレビの日888まつり〜祭りだワッショイ〜』において、本番組が紹介された際、露木が明石家さんまについて、「さんまさんが『スター千一夜』に出演していた時のVTRが保存されておりません。取りあえず辛うじて写真だけが残っていました」と紹介し、さんまも「保存せぇーよ!」とぼやいていた。なお、さんまが出演したのは、漫才ブームの渦中にあった1981年9月。ツービートB&Bザ・ぼんちらが日替わりで出演した『スタ千』最終週の前週のこと。さんまは「『スタ千』には滑り込みで間に合った」という感激を、2009年2月28日放送の『バラエティルーツの旅 あなたがいたから僕がいる 半世紀大感謝祭』や、そのほかの番組でも幾度となく語っている。

当番組はテレビ創世記から時事の話題を聞く、現代におけるワイドショーの元祖とされているが、台本があるような話題や明るい事ばかり触れるという内容は時の流れとともに「ご都合主義」と見られ番組終了とともにトークサロン型ワイドショーは一気に衰退し、ワイドショーは有名人のゴシップ、スキャンダル、不幸な事件を中心とした現在の形式に取って代わられることになる。

特別版[編集]

番組終了後の1990年1991年2010年2013年2015年の5度に渡り復刻版が放送された。いずれもタイトルロゴは、19時台放送時代の物が使用された。

1990年・1991年版[編集]

1990年10月2日、1991年4月2日に通常は『なるほど!ザ・ワールド』が放送されていた火曜21時台の時間帯にて『特別企画 スター千一夜スペシャル』と題し(1991年版は末尾に2が追加された)は9年ぶりに復活し、1度目の司会は石坂浩二が、2度目は番組末期に司会を担当経験していたビートたけしが務めた。こちらでは従来のゲストを迎えるトークに加え、現存しているVTRを紹介する形を取った。通常の『なるほど-』同様にこちらも旭化成が一社提供をしていた。

三谷版[編集]

2010年から、不定期で企画・構成・司会を三谷幸喜(本番組の司会の一人である往年の石坂浩二風に扮装)が務める『スター千一夜』が放送されている。ただしいわゆるトーク番組とは異なり、三谷の不可解なムチャ振りの質問(テロップによれば「司会者の誤った知識」)に出演者が(「広い心で」)無理矢理答えなければいけない、という内容のものになっている。

2010年版[編集]

2010年4月6日から9日までの未明(5日から8日までの深夜)、開局50周年記念ドラマ『わが家の歴史』(4月9日〜4月11日放送)の宣伝も兼ねて、本放送から28年半ぶりに『スター千一夜2010 わが家の歴史』として深夜枠で復活。出演者は『わが家の歴史』の出演者が登場。この時も旭化成が30秒ではあるがスポンサーに付いていた。

放送日 ゲスト
2010年4月6日 長澤まさみ榮倉奈々堀北真希
2010年4月7日 加藤清史郎
2010年4月8日 佐藤浩市松本潤)、佐藤隆太
2010年4月9日 柴咲コウ

なお、こちらの特別番組に行う際にメディアが報じた情報では、「29年ぶりの復活」と紹介され、1990年・1991年版が触れられなかった。

2013年版[編集]

2013年11月5日から8日までの未明(4日から7日までの深夜)は、三谷が原作・脚本・監督を務める映画『清須会議』(11月9日公開)の宣伝も兼ねて、3年半ぶりに『スター千一夜2013 三谷会議』として深夜枠で復活。出演者は『清須会議』の出演者が登場。

2015年版[編集]

2015年1月6日から10日までの未明(5日から9日までの深夜)の5日間に亘り、1月11日12日に2夜連続放送の開局55周年記念スペシャルドラマ『オリエント急行殺人事件』の宣伝も兼ねて、1年ぶりに『スター千一夜2015 オリエント急行殺人事件スター集合!』と銘打って、深夜枠で復活。三谷は「石狩 平次(いしかり へいじ)」の設定名で出演。出演者は同ドラマの出演者が登場。

同年10月には『スター千一夜2015』と題して、10月12日から10月24日までの未明(17日から19日までの未明を除く。11日から23日までの深夜〈16日から18日までの深夜を除く〉)に放送。10月12日から16日までは、フジテレビの2015年10月-12月期の連続テレビドラマからゲストを迎え、20日から24日は、三谷が原作・脚本・監督を務める映画『ギャラクシー街道』(10月24日公開)の宣伝も兼ねて、『「ギャラクシー街道」公開記念!スター千一夜2015』と銘打って、同映画の出演者からゲストを迎えていた[3]

歴代スタッフ[編集]

歴代ネット局[編集]

  • 15分という半端な枠ゆえに、フジテレビ系フルネット局以外では未放送だった曜日や内容もあったり、途中打ち切りになった所も多い。[4]系列は現在の系列。○は現在他系列局だが、放送当時フジテレビ系列局や他系列とのクロスネットだった局。地方局によってはフジテレビと同じ時間帯とは限らない。(地方局1局時代)
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道放送 TBS系列 1959年8月から1961年9月まで

開始当初は火曜・木曜 22:45 - 23:00、

1959年9月は月曜・水曜 22:30 - 22:45、火曜 22:45 - 23:00、

1959年10月 - 1960年4月は火曜・水曜を同時ネットで、

1960年5月 - 1961年9月は火曜・木曜を同時ネットで放送

(但し、木曜の同時ネットは1960年11月からで、それまでは水曜の放送分を翌日に放送)[5]

札幌テレビ 日本テレビ系列 ○1961年10月から1965年4月まで

開始当初は土曜 21:45 - 22:00、日曜 18:15 - 18:30、

1961年11月は金曜・土曜 21:45 - 22:00、日曜 18:15 - 18:30、

1961年12月 - 1962年3月は金曜・土曜 21:45 - 22:00、

1962年4月は水曜・金曜・土曜 21:45 - 22:00、

1962年5月 - 9月は火曜・水曜・木曜 21:30 - 21:45、

1962年10月 - 1963年5月は月曜・金曜 21:45 - 22:00、

1963年6月 - 9月は月曜・水曜・金曜 21:45 - 22:00、

1963年10月 - 1965年4月は金曜・日曜 22:15 - 22:30[6]

北海道文化放送 フジテレビ系列 1972年4月開局から、帯放送
青森県 青森放送 日本テレビ系列 途中打ち切り
岩手県 IBC岩手放送 TBS系列
宮城県 東北放送 1962年9月まで
仙台放送 フジテレビ系列 1962年10月開局から、帯放送
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 1969年9月まで
秋田テレビ フジテレビ系列 1969年10月開局から、帯放送
山形県 山形放送 日本テレビ系列 1970年3月まで、時差放送
山形テレビ テレビ朝日系列 ○1970年4月開局から、帯放送
福島県 福島テレビ フジテレビ系列 1970年3月まで、水曜放送[7]
福島中央テレビ 日本テレビ系列 ○1970年4月開局から、1971年9月打ち切り
山梨県 山梨放送 途中打ち切り
新潟県 新潟放送 TBS系列 1968年11月28日まで、木曜放送
新潟総合テレビ フジテレビ系列 1968年11月29日サービス放送開始から、帯放送[8]
長野県 信越放送 TBS系列 1969年3月まで、金曜放送
長野放送 フジテレビ系列 1969年4月1日の開局から、帯放送
静岡県 静岡放送 TBS系列 1968年10月まで
テレビ静岡 フジテレビ系列 1968年11月開局から、帯放送
富山県 北日本放送 日本テレビ系列 1969年3月まで、金曜放送
富山テレビ フジテレビ系列 1969年4月開局から、帯放送
石川県 北陸放送 TBS系列 1969年3月まで
石川テレビ フジテレビ系列 1969年4月開局から、帯放送
福井県 福井放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1969年9月まで、木曜放送
福井テレビ フジテレビ系列 1969年10月開局から、帯放送
中京広域圏 東海テレビ 水曜放送→月・水・金放送→帯放送
近畿広域圏 関西テレビ 土・日・火・水放送→帯放送
鳥取県 日本海テレビ 日本テレビ系列 当時の放送エリアは鳥取県のみ
月・水曜放送→水曜放送→山陰中央テレビ開局前に打ち切り
島根県
島根県・鳥取県
山陰中央テレビ フジテレビ系列 1970年4月開局から、帯放送
1972年9月21日までの放送エリアは島根県のみ
1972年9月22日の電波相互乗り入れで鳥取県にもエリア拡大
岡山県 山陽放送 TBS系列 1965年3月25日(フジテレビ3月24日放送分)まで。フジテレビ水曜日放送分を翌木曜日の22:15から放送して、その他の曜日はネットしていなかった。当時の放送エリアは岡山県のみ。
岡山県→
岡山県・香川県
岡山放送 フジテレビ系列 1969年4月開局から、帯放送[9]
1979年3月30日までの放送エリアは岡山県のみ
1979年4月2日からは電波相互乗り入れに伴い香川県にもエリア拡大
広島県 中国放送 TBS系列 1962年8月まで
広島テレビ 日本テレビ系列 ○1962年9月開局から1975年9月まで、帯放送
テレビ新広島 フジテレビ系列 1975年10月開局から、帯放送
山口県 山口放送 日本テレビ系列 途中打ち切り
徳島県 四国放送
香川県 西日本放送 当時の放送エリアは香川県のみ
愛媛県 南海放送 1969年12月まで
テレビ愛媛 フジテレビ系列 1969年12月開局から、帯放送
高知県 高知放送 日本テレビ系列 途中打ち切り
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列 ○1964年9月まで、土・日・水曜放送→日・月・水曜放送
テレビ西日本 フジテレビ系列 1964年10月のネットチェンジから、帯放送
佐賀県 サガテレビ 帯放送
長崎県 長崎放送 TBS系列 1969年3月まで
テレビ長崎 フジテレビ系列 1969年4月開局から、帯放送
熊本県 熊本放送 TBS系列 1969年3月まで
テレビ熊本 フジテレビ系列 1969年4月開局から、帯放送
大分県 大分放送 TBS系列 1970年3月まで
テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
1970年4月開局から、未放送だった曜日が多くあったが、
途中打ち切り
宮崎県 宮崎放送 TBS系列 1970年3月まで
テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1970年4月開局から、帯放送
鹿児島県 南日本放送 TBS系列 1969年3月まで
鹿児島テレビ フジテレビ系列 1969年4月開局から、帯放送
沖縄県 沖縄テレビ 1959年11月の開局からは月・金曜放送だったが、途中打ち切り
1973年4月に帯番組でネット再開

テーマ曲[編集]

複数の番組テーマ曲が作成されていた。確認されているものでは初期のものは「夜が来ればスター千一夜」と言う歌詞で始まるもの(唄・フォーコインズ)と、1970年代前後には歌詞の途中に「旭化成のスター千一夜」と歌われていたものとがある。同じ頃にはイントロ→タイトルコールのあと短いテーマ曲(内容紹介のナレーション入り)が流れたバージョンもあった。また1976年頃には、旭化成のCMソング(愛を育てる)がアニメーション[10]とともに流れていた(最終バージョンOPの1つ前、曲名は「愛を育てる」)。前者は野坂昭如作詞・いずみたく作曲、後者は三木鶏郎(進行役を経験した三木鮎郎の実兄)が作曲しているのが確認されているが作詞者は不明である。更に20年突入し、シンボルマーク(後述)を採用した1978年度用テーマと、マークをマイナーチェンジした1979年度以降の短いテーマが存在、後者は最終回特番でも使用された。また1978年度用はテーマは、2010年以降の復活版でも使用された。

備考[編集]

  • 放送開始初期は、フジテレビ・仙台放送・関西テレビ・広島テレビ・テレビ西日本以外の系列局は、曜日によってネットしていたが、編成上無理が多く短期間しかネットしなかった。
  • したがって、全国的によく知られた番組となった(本来の時間帯で連日放送された)のは、各地にフジテレビ系列のUHF局が開局した1970年前後といえる。関東地区だけを見た場合、夜早い時間帯の帯番組のため、極端な高視聴率を普段は取ることがなくなった時期に相当するが、地方ではこの頃から人気番組になったということになる。なお、クロスネット局でも、優先的に本来の時間帯に放送されることが多かったほか、他系列の番組をどうしても同時ネットしなければならない場合には、先行ネットする場合もあった。
  • 関東地区では、1964年4月から1965年9月まで月〜土の11:30 - 11:45に再放送を行っていたが、旭化成は提供したかは不明。
  • 長きに渡って本番組のシンボルマークは無かったが、20周年突入となった1978年からは、女性の横顔に筆記体で「20」と描いたシンボルマークを採用。翌1979年からは、「20」の部分を「The」(目の部分)と「Star」(耳の部分、以上筆記体)に変えて、最終回まで使用した。
  • 1967年4月2日 - 1969年3月30日までの間は、毎週日曜日にも22:15 - 22:30で放送されていた(日曜版第2期)。この枠の前番組は海外ドラマ『全艦発進せよ』(22:15 - 23:15。15分繰り下げて継続)。後番組は『唄子・啓助のおもろい夫婦』(22:15 - 23:00)だった。なおこの日曜版第2期は、土曜放送休止と同時に開始し、終了と同時に土曜放送が再開(19時枠後半)したことを考えると、土曜版が枠移動したものと思われる。
  • 北海道文化放送開局以前、さっぽろ雪まつりの開催時に『雪まつりスペシャル』と題して、当時ネットしていた札幌テレビの協力を得て、その会場から放送したこともあった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 最後にモノクロで放送されたのは1970年3月23日(#3410)、大相撲春場所優勝者大鵬幸喜と大阪万博各国パビリオンホステスがゲストの回であった
  2. ^ 関口が初めて司会を務めた際、前田武彦がゲストとして招かれたが、放送直前になってよど号ハイジャック事件の人質帰国のニュースが入ったため、その模様を報じることになったものの当時関口にはこのような報道を扱ったことがなかったため、前田が関口に代わって番組を仕切ることとなった(2012年6月29日放送分のテレビ朝日系列『徹子の部屋』関口談)。
  3. ^ フジテレビで“秋の三谷まつり” 『スター千一夜』が復活”. ORICON STYLE (2015年10月8日). 2015年10月9日閲覧。
  4. ^ 1959年3月6日付朝日新聞夕刊に掲載されている旭化成工業の広告によると、全曜日をネットしていた局は一つもない。
  5. ^ 『北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1959年(昭和34年)3月 - 1961年(昭和36年)9月 テレビ欄
  6. ^ 『北海道新聞』(マイクロフィルム版) 1961年(昭和36年)10月 - 1965年(昭和40年)9月 テレビ欄
  7. ^ 放送当時は日本テレビ系列局。1971年10月の福島中央テレビとのネット交換ではTBSメインの編成となったため、福島中央テレビからの再移行は行われなかった。
  8. ^ 開局から1981年3月まで同時ネット。1981年4月から番組終了までの半年は、1週間遅れの14時45分から放送。
  9. ^ 開局前の試験放送期間中も、ほとんどの日に当番組を放送した。
  10. ^ 小柄な男が歩いていると、頭上の鳥が卵を産み落とし、卵が大きくなってエミューの様な鳥が産まれ、毛玉風になってジャンプ、地平線が糸に変わると男はその糸を丸めて(この時画面右下に提供クレジット)投げてタイトルが登場するといった内容。その後タイトルに星が当たって星空に変わると、今日の放送内容が映される。