鎌倉アカデミア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
光明寺境内にある鎌倉アカデミア記念碑

鎌倉アカデミア(かまくらあかでみあ)は、第二次世界大戦の終結後、1946年鎌倉で誕生した私立高等教育のための学校。1950年9月、財政難のため廃校。

歴史[編集]

鎌倉アカデミアは、当初大学設立を目指したものの、資産や運営資金の不足から専門学校として申請された。したがって、正規の大学とはなりえず、正式には鎌倉大学校という。

戦火を免れた材木座の光明寺を仮の校舎としてスタートし、後に横浜市栄区小菅ヶ谷の旧海軍燃料廠跡に移転(当時は大船駅が最寄り駅だったため通称「大船」校舎と呼ばれる)[1]。設立時の理事会が総退陣したあと、二代目の校長に就任したのが、哲学者の三枝博音だった。庫裡の入口には三枝博音校長自らがギリシャ語で刻んだ「幾何学を学ばざる者、この門に入るべからず」というプラトンの額が掲げられ、服部之総西郷信綱千田是也村山知義吉野秀雄高見順三上次男青江舜二郎中村光夫林達夫三浦光雄邦正美藤間勘十郎などが教鞭をとった。学科は、文学科、産業科、演劇科、映画科の四学科編成だった。しかし、創立時からの資金難に加え、自治体や企業からの援助も得られず、わずか4年半しか存続できなかった。教授陣は最後の2年近くは無給で講義に当たり、また140人の学生の半数は学費を納めていなかったと伝えられる。

1996年、創立50年を記念して光明寺の一角に記念碑が建立。また2006年5月13日には、創立60周年記念祭が同じく光明寺の本堂にて行なわれた。

著名な卒業生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 島田修一2011は横浜市戸塚に移ったとしている。

参考文献[編集]

  • 山口瞳 『小説・吉野秀雄先生』 文藝春秋1969年ASIN B000J983GU
  • 前川清治 『鎌倉アカデミア 三枝博音と若きかもめたち』 サイマル出版会、1994年8月ISBN 4377410180
  • 前川清治 『三枝博音と鎌倉アカデミア 学問と教育の理想を求めて』 中公新書、1996年5月ISBN 4121013026
  • 廣澤榮 『わが青春の鎌倉アカデミア 戦後教育の一原点』 岩波書店〈同時代ライブラリー〉、1996年5月ISBN 4002602664
  • 島田修一「鎌倉アカデミア」、『新版教育小事典第3版』、学陽書房2011年4月、 58頁、 ISBN 978-4313610330

外部リンク[編集]

関連項目[編集]