金原亭世之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金原亭 世之介きんげんてい よのすけ
本名 兒玉 亜津志
生年月日 (1957-12-29) 1957年12月29日(61歳)
出身地 日本の旗 日本東京都清瀬市
師匠 10代目金原亭馬生
金原亭伯楽
弟子 金原亭乃ゝ香
名跡 1. 金原亭駒平(1976年 - 1992年)
2. 金原亭世之介(1992年 - )
出囃子 吉原雀
活動期間 1976年 -
所属 落語協会
公式サイト オフィシャルサイト
受賞歴
NHK新人落語コンクール優秀賞(1985年)
NHK新人落語コンクール大賞(1990年)

金原亭 世之介(きんげんてい よのすけ、1957年12月29日 - )は、東京都清瀬市出身の落語家落語協会所属。所属事務所は桃花舎 [1]ソルトアース [1]→キングプロダクション。本名は兒玉 亜津志出囃子は『吉原雀(文のたより)』。日本舞踊浅茅流の名取り「浅茅与志寿朗」の名を持つ。

来歴[編集]

二つ目時代は『欽ドン!良い子悪い子普通の子おまけの子』に下宿人の「良い下宿人」役で出演、同じく「悪い下宿人」役で当時大学生の小原正也(現・柳家喬太郎)と共演し、また『笑ってる場合ですよ』や『オレたちひょうきん族』などでも出演した宮崎美子の形態模写なども評判を取り、甘い顔立ちからアイドル落語家の一人と呼ばれていた。

80年代にはシンガーソングライターとしてシングル・アルバムを発売し、1999年からはフィニッシングスクールの「ジョン・ロバート・パワーズ・スクール」で『コミュニケーション』の講師を務め、2000年にはファーストフードチェーンストア名代宇奈とと」を設立するなど、落語以外での活動も幅広い。

略歴[編集]

著書[編集]

弟子[編集]

  • 金原亭乃ゝ香(前座) - 女性、初めて採った直弟子。2017年3月弟子入り[2]
  • 金原亭杏寿(前座) - 女性、元は沖縄を拠点としていたタレント[3]。2019年5月下席より楽屋入り
  • 二代目金原亭駒平(見習い)

  なお、駒平は正式には楽屋入り前であるが、世之介が出演する独演会で一席を演じることがある[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ 生田悦子さん逝く”. 世之介のそばにおいでよ. ameba blog (2018年7月17日). 2018年7月17日閲覧。
  2. ^ 美人すぎる落語家「金原亭乃ゝ香」 寄席に志願したワケ - デイリー新潮
  3. ^ #1.ブログ - 沖縄女優が落語家になったわけ 2018年4月14日
  4. ^ Goodstock通信ツイート - Twitter 2018年9月1日
  5. ^ Goodstock通信ツイート - Twitter 2018年8月11日

外部リンク[編集]