金曜スーパープライム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金曜スーパープライム
ジャンル 単発特別番組枠
放送時間 金曜日19:00 - 20:54(114分)
放送期間 2010年10月1日 - 2012年3月23日(65回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
製作総指揮 森實陽三(制作)
プロデューサー 遠藤正累
出演者 単発特別番組のため不定
音声 一部のドラマ作品で解説放送(デジタルステレオ2)あり
字幕 一部を除き字幕放送あり
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

金曜スーパープライム』(きんようスーパープライム)は、2010年10月1日から2012年3月23日まで日本テレビ系列で、毎週金曜日の19:00 - 20:54(JST)に放送された単発特別番組枠の冠タイトル、総合キャッチフレーズである。通称および新聞テレビ欄表記は『金プラ!!』。

概要[編集]

2010年9月まで放送されていた19時台の『寿命をのばすワザ百科』と20時台の『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。』が終了したことに伴い、両番組枠を統合した形で新設され、同年4月からの平日19時台の新レーベル『1900』金曜枠3代目の番組となった。

土屋敏男菅賢治吉川圭三政橋雅人・雨宮秀彦・尼崎昇・小川通仁・髙橋利之など日本テレビの看板番組を手がけてきたクリエイターが週替わりで番組を手がけ、バラエティ番組に加え、映画ドラマ情報番組報道番組スポーツ中継[1]など、あらゆるジャンルの週替わり企画が放送される。

読売テレビ中京テレビが制作または制作協力として参加する場合もある。読売テレビの恒例企画である『鳥人間コンテスト』は当枠で放送されるものの、協賛スポンサーが存在することもあり『金プラ!!』名義ではない。

日本テレビのゴールデンタイムでレギュラーの単発特別番組枠が設置されるのは、2009年3月26日に終了した木曜日19・20時台の『モクスペ』以来1年半ぶりとなり、日本テレビの金曜日に単発特別番組枠が設置されるのは、開局以来初である[2]

金曜ロードショー』で長時間映画を放送する場合は当番組の時間帯も利用して4時間枠の『金曜特別ロードショー』として放送する場合がある[3][4]。逆に『金曜ロードショー』を休止して当番組を2時間拡大して放送する場合もある。

同じく2010年10月に放送25周年を迎える『金曜ロードショー』と合わせ、「すごいきん(ようび)」をキャッチフレーズとし、菅井きんがキャンペーン広告に起用された[5]

1981年4月から2010年9月まで金曜20時台を日本テレビ系同時ネットとしていたテレビ宮崎は、2010年10月から2015年3月まで遅れネット枠[6]に変更し、当番組は2時間拡大の4時間編成になる場合やNNN報道特番扱いの番組のみ同時ネットで放送した。

2011年10月7日放送分から2012年3月23日放送分までは番組終了直後の20:52に日産リーフプレゼンツ『COMPASS 未来航路』を2分間放送していた(当番組が休止の場合も放送される)[7][8]

日本テレビの2012年春の番組改編に伴い、2012年3月23日を以って終了。同時に金曜19時台・20時台は1年半ぶりに分割され、日本テレビにおけるゴールデンタイムのレギュラー単発特別番組枠は再び途絶える事となった。

19時台には『1900』木曜枠で放送されていた『ガチ?ガセ?バラエティー なるほどHS』を枠移動・リニューアルした『ガチガセ』が放送されていたが、2013年2月8日の放送を以って終了、同年4月13日からは『笑神様は突然に…』を経て、現在の『沸騰ワード10』を放送している。一方、20時台には火曜21時台から枠移動する形で『なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付』が放送されたが、視聴率低迷を理由で、2016年3月18日で打ち切りすることになり、同年5月6日開始の『究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?』になった。また、ヒッチハイクCM枠である『COMPASS』は4月以降も継続し、『世界番付』の後に流れていたが、同年の9月をもって放送終了した[9]

また、当番組で不定期に放送されていた単発2時間ドラマは『金曜ロードSHOW!』(『金曜ロードショー』のリニューアル版)で年に4回程度放送される予定。

放送内容[編集]

  • 放送回数:全65回
  • 凡例:     :バラエティ     :映画     :スポーツ     :ドラマ     :報道・その他

レギュラー番組に昇格した企画[編集]

2011年10月18日から2012年3月27日まで火曜日21:00 - 21:54に放送されていた。2012年4月13日から2016年3月18日まで本番組の後番組として金曜日19:56 - 20:54に放送されていた。
  • 最高脳(2011年6月24日放送)
極脳』に改題して、2011年10月23日より2011年12月17日まで土曜日24:55 - 25:25に放送された。

ネット局[編集]

『金曜スーパープライム』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 遅れ
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 金曜日 19:00 - 20:54 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) 同時ネット
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv)
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT)

スタッフ[編集]

  • デスク:田村麻衣
  • プロデューサー:遠藤正累
  • 制作:森實陽三(2011年9月9日 - )
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 編成:松隈美和、下田明宏、岩佐直樹、土谷幸弘
  • エグゼクティブプロデューサー:吉川圭三
  • チーフプロデューサー:菅賢治

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dramatic Game 1844』(読売ジャイアンツ主催試合が主、地方局は差し替え放送あり)、サッカー日本代表の国際親善試合(キリンカップサッカーキリンチャレンジカップ等)が編成される場合もあるが、その場合は『金プラ!!』とは別枠になる。
  2. ^ これにより、日本テレビのゴールデンタイムに単発特別番組枠が設置されたことがないのは月曜日のみとなった。
  3. ^ “支持率”1ケタに急降下 「太田総理」退陣へ - スポーツニッポン、8月13日
  4. ^ 『金曜特別ロードショー』放送時は『金プラ!!』を『金曜特別ロードショー』内で放送するが、2011年7月15日の『“コクリコ坂から”前夜SP! 海がきこえる/ゲド戦記』を放送したケースのように、『金曜特別ロードショー』として放送しても、当枠扱いにならない場合がある。
  5. ^ 日テレ金曜夜の顔は菅井きん!:芸能:スポーツ報知、8月24日
  6. ^ 世界一受けたい授業』を時差ネットで放送。2015年4月からは火曜19時に移動。
  7. ^ 日産・リーフ「COMPASS 未来航路」
  8. ^ 2012年2月17日は該当時間枠で『金曜特別ロードショー・アバター』が放送された為、20時台後半に放送された。
  9. ^ ガキ使チーム集結、ブラマヨ、ハリセン、ロッチの新番組誕生お笑いナタリー 2012年2月17日
  10. ^ デーブ、上原さん自殺にショック「仕事が充実していた分、プライベートで寂しさ」
  11. ^ 2011年5月に視聴者からBPOへ寄せられた意見
  12. ^ プロ野球中継が当枠で放送される場合、『金曜スーパープライム』に該当しない特別番組(『鳥人間コンテスト』など)を放送する場合もテレビ宮崎で同時ネットされるが、この場合は『金曜スーパープライム』は休止扱い。

関連項目[編集]

当番組とほぼ同じ時期に始まり、ほぼ同じ時期に終了した。

外部リンク[編集]

日本テレビ 1900・金曜枠
前番組 番組名 次番組
寿命をのばすワザ百科
(第2期)
【ここまで1時間枠】
金曜スーパープライム
【2時間枠】
ガチガセ
【ここから1時間枠】
日本テレビ系列 金曜20時台
金曜スーパープライム
なんでもワールドランキング
ネプ&イモトの世界番付

※19:56 - 20:54
【火曜21時台から移動】