太田胃散

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 太田胃散
Ohta's Isan Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 太田胃散
本社所在地 日本の旗 日本
112-0011
東京都文京区千石2-3-2
設立 1879年明治12年)6月8日
業種 医薬品
事業内容 医薬品医薬部外品
健康食品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 太田美明
資本金 9,600万円
外部リンク http://www.ohta-isan.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社太田胃散(おおたいさん、Ohta's Isan Co., Ltd.)は、東京都文京区にある医薬品メーカー。「太田胃散」は、同社が製造販売する胃腸薬である。

歴史[編集]

  • 1879年明治12年)6月8日、当時の東京市日本橋区太田信義(初代)が「雪湖堂」として創業、胃腸薬「太田胃散」を発売開始。
  • 1880年(明治13年)8月、製薬部門を強化し拡張。
  • 1903年(明治36年)6月、東京日日新聞(現在の毎日新聞の前身)で新聞広告を、また1918年大正7年)、鉄道沿線での看板広告掲示を開始し、戦後は1951年昭和26年)3月15日、ラジオ広告を開始した。
  • 1944年(昭和19年)3月、太平洋戦争の激化に伴う企業整備令により東京都内の同業者の多くと合併し「東興製薬」となる。企業としての設立年はこの年とされている。
  • 1966年(昭和41年)9月、オータD錠、発売。
  • 1970年(昭和45年)11月、太田胃散・分包、発売。
  • 1982年(昭和57年)9月、太田漢方胃腸薬、発売。
  • 1989年平成元年)、太田ドリンク胃腸薬、発売。
  • 1996年(平成8年)9月、太田胃散チュアブル、発売。
  • 2002年(平成14年)9月、太田胃散A〈錠剤〉、発売。
  • 2003年(平成15年)、健康食品分野に進出。12月、バイオゴッドゴールドおよび酒得倍増、発売。
  • 2006年(平成18年)11月、ウコンと葛の花パワー・バイオゴッドカプセル、発売。
  • 2007年(平成19年)3月、太田胃散整腸薬、発売。
  • 2008年(平成20年)9月、太田胃散チュアブルをリニューアルした太田胃散チュアブルNEO、太田胃散〈内服液〉を発売。同時に、コンビニ向け商品として太田胃散〈内服液〉Sを発売。
  • 2012年(平成24年)10月、肥満が原因の関節の痛みや腫れを改善する漢方薬防已黄耆湯)「ロコフィットGL」、発売。

製品群[編集]

  • 太田胃散(後述参照)
  • ロコフィットGL【第2類医薬品】
  • バイオゴッドゴールド
  • バイオゴッドカプセル
  • 桑の葉ダイエット
  • 桑の葉茶
  • ロイヤルタヒチノニピュア

太田胃散(胃腸薬)[編集]

概要[編集]

太田胃散

創業当時から製造販売する芳香性健胃消化薬。現在では散剤だけでなく錠剤や内服液なども発売されておりシリーズ製品となっている。オランダ人の医師・アントニウス・ボードウィンが考えたイギリス処方の仕組みを応用し、肉食中心の欧米人の食文化に適応する胃腸薬として開発されたもので、日本でも高度経済成長時代に食の欧米化が進んだことから日本人の食生活にもマッチするようになった。

桂皮(シナモン)、茴香(フェンネル)、肉豆(ナツメグ)、丁子(クローブ)、陳皮ゲンチアナ苦木末といった生薬をそのまま粉末状にしたものであり、飲みすぎ、胸やけ、胃部不快感、胃弱、胃もたれ、食べすぎ、胃痛、消化不良、消化促進、食欲不振、胃酸過多、胃部・腹部膨満感、はきけ、嘔吐、胸つかえ、げっぷ、胃重を改善する効能・効果が謳われている。

コマーシャルでは「ありがとう、いい[1]くすりです」のキャッチコピーが長年使用されている。

製品群[編集]

医薬品
  • 太田胃散【第2類医薬品】
  • 太田胃散〈分包〉【第2類医薬品】
  • 太田胃散A〈錠剤〉【第2類医薬品】
  • 太田漢方胃腸薬II【第2類医薬品】
  • 太田漢方胃腸薬II〈錠剤〉【第2類医薬品】
  • 太田胃散整腸薬【第3類医薬品】
  • 太田胃散チュアブルNEO【第3類医薬品】
  • 太田胃散〈内服液〉【第2類医薬品】(製造販売元:日新薬品工業
医薬部外品
  • 太田胃散NEXT(健胃清涼剤)【指定医薬部外品】
  • 太田胃散〈内服液〉S【指定医薬部外品】(製造販売元:日新薬品工業)
食品

その他[編集]

  • 映画『釣りバカ日誌シリーズ』で佐々木課長(谷啓)、舟木課長(益岡徹)のストレスを表すアイテムとして登場。映画の商品提供を行っている。
  • ヴィジュアル系バンドのシドのギタリストのshinjiは、太田胃散を愛用していて、自身のブログで太田胃散を宣伝し、株式会社太田胃散から感謝状をもらっている。

事業所[編集]

茨城工場・筑波研究所
文京区千石の本社ビル

本社[編集]

営業拠点[編集]

工場[編集]

研究所[編集]

  • 筑波研究所(茨城県牛久市)

CM出演者[編集]

現在[編集]

過去[編集]

太田胃散A〈錠剤〉が出た当時は太田胃散と一緒に宣伝していた。さとうと長嶋が一緒に出演していた。また、太田漢方胃腸薬の雑誌広告については鈴木義司がイラストを手掛けていた。

テレビCM曲[編集]

マスコットキャラクター[編集]

太田胃散を若い世代にも知って欲しいため、をモチーフとしたキャラクター太田胃にゃんを2015年に制定した[4]

プロフィール
  • 名前 - 太田胃にゃん(おおたいにゃん)
  • 性別 - 男の子(オス)
  • 誕生日 - 6月8日
  • 故郷 - 東京日本橋
  • 仕事 - 太田胃散公式PR大使
  • 特技 - 柔軟体操
  • 好きな食べ物 - さんま
  • 好きなスポーツ - 剣道
  • 好きな場所 - 縁側
  • 好きな言葉 - ニャン

提供番組[編集]

現在[編集]

テレビ
ラジオ

過去[編集]

テレビ
ラジオ

など。

脚注[編集]

  1. ^ CMでは「い〜い」と発声するのが伝統。
  2. ^ 株式会社太田胃散 会社概要
  3. ^ 「イ長」と「胃腸」をかけたものとの説もあるが、太田胃散広報によればそのような事実はなく、単なる偶然である。
  4. ^ 太田胃にゃんオフィシャルサイト

外部リンク[編集]