本田望結

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほんだ みゆ
本田 望結
本名 本田 望結
生年月日 2004年6月1日(12歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
血液型 O型[1]
職業 俳優女優子役フィギュアスケート選手タレント
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2009年 -
著名な家族 本田真凜(姉)
本田太一(兄)
本田紗来(妹)
事務所 テアトルアカデミー(2010年 - 2013年)
オスカープロモーション(2013年 -)
公式サイト オスカープロモーションによるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
家政婦のミタ
さよならぼくたちのようちえん
コドモ警察
CF
花王メリット
映画
ポプラの秋]』

本田 望結(ほんだ みゆ、2004年6月1日 - )は、日本俳優女優子役)、フィギュアスケート選手

京都府京都市出身[2]テアトルアカデミーを経て[3]オスカープロモーション所属。兄はフィギュアスケート選手の本田太一、姉はフィギュアスケート選手の本田真凜

略歴[編集]

女優として[編集]

テアトルアカデミーに在籍し、鈴木福とは同じクラスでレッスンを受けていた[4]

2008年(平成20年)、4歳の時に、StyleONECMで芸能界デビュー。

2011年(平成23年)10月期の日本テレビ系連続ドラマ『家政婦のミタ』への出演で人気を得る[5]

2012年(平成24年)4月からBSフジの子供向け番組『モジーズ&YOU』にレギュラー出演をする[6]

2013年(平成25年)7月1日付で、オスカープロモーションに移籍[7][8]

2015年(平成27年)、9月公開の『ポプラの秋』で映画初主演[9]。同作が第18回上海国際映画祭、第39回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に出品される[10]

2017年(平成29年)1月に放送のスペシャルドラマ『探偵少女アリサの事件簿』でドラマ初主演[11][12]

フィギュアスケート選手として[編集]

フィギュアスケート選手の兄・本田太一の影響で3歳でスケートを始めた[13]。 太一と姉の本田真凜、3歳下の妹の本田紗来(さら)とともに、名門・京都醍醐FSCに通っている[14]

2011年(平成23年)7月に小中高生約80人が参加し開催された関西大学主催の氷の甲子園では、2回転ジャンプを決めて小学3年生以下の部で優勝[15]2013年10月に開催された第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会(ノービスB女子)8位。

2013年(平成25年)、第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会でノービスB女子に出場。56.08点をマークして8位に入った

2014年(平成26年)、近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスB女子において、67.19点をマークし、自身の記録を大きく更新した。2位に入り、第18回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会への切符を手にした。本大会では51.37点に終わり、36人中の25位[16]

2015年(平成27年)、近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスA女子において74.35点をマークして4位に入り[17]、第19回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会に出場。77.43点をマークして自己ベストを更新し11位に入ったが[18]濱田美栄コーチとともに目標としていた「トップ10入り」は惜しくも逃した[19]

2016年(平成28年)、近畿ブロックフィギュアスケート大会ノービスA女子において最初のジャンプでの転倒から持ち直し79.68点をマークして3位に入り、4年連続で全日本フィギュアスケートノービス選手権大会に進出[20][21]。第20回全日本ノービス選手権大会ではジャンプの着氷の乱れなどのミスはあったものの、86.02点を記録して同大会で自己最高位となる6位で初入賞を果たした[22]

2017年(平成29年)からはジュニアのカテゴリーに出場予定である[22]

アイスショーへの出場経験もある。

人物・エピソード[編集]

5人兄弟の4番目(三女)で、兄と姉2人と妹がいる[23]。6歳上の兄の太一、3歳上の姉の真凛は日本スケート連盟のフィギュアスケート強化選手(2013/2014シーズン)であり、2016年の世界ジュニア選手権優勝などの実力の持ち主である。

テレビ番組などでの一人称は「望結」である。

早くにブレイクしたこともあり、他の人気子役にくらべ幼少期役が少ない。

足も速く、幼稚園の年少組の時に、年長組の子どもたちも交じった徒競走で1位になるなど、自転車に乗れない以外はスポーツ万能。フィギュアの練習の一環として、ヨガバレエ新体操水泳のレッスンなどの英才教育も受けている。水泳はバタフライが得意だという[13]

仕事の際には自宅のある京都市から通っている[14]

炎の体育会TV出演時にオリンピックでのメダル獲得経験もあるフィギュアスケート選手、エフゲニー・プルシェンコパトリック・チャンらの指導を受けた。また羽生結弦の衣装デザイナージョニー・ウィアーに衣装をデザインしてもらった。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • NHKスペシャル 釜石の“奇跡”〜いのちを守る特別授業〜(2012年9月1日、NHK)
  • 夢をかなえる“おまじない”〜本田望結8歳の記録〜(2013年7月14日、BSフジ)

WEB[編集]

  • ドラマチックカバー特集 第3弾(2013年11月27日、UULA) - 主演・西田園子 役[36][37]

CM[編集]

広告[編集]

Fashion Show[編集]

イベント[編集]

  • ダイワハウススペシャル プロ野球オールスタースポーツフェスティバル(2012年12月6日、日本プロ野球選手会 / 讀賣テレビ放送主催)[注 2] - アシスタント

PV[編集]

  • Rake 「フタリヒトツ」(2012年3月7日)[48]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

作品[編集]

CD[編集]

  • 「パブー&モジーズ」「モジーズ&YOU」主題歌&挿入歌 うたって おどっちゃおう!(2013年、日本コロムビア) - カラフルNO1

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初はVTR出演だけの登場だったが、2013年4月7日よりMCとして出演。
  2. ^ 2013年1月6日に日本テレビ系列で放送。
  3. ^ People Theater 第48回公演。

出典[編集]

  1. ^ TVCM | 七田チャイルドアカデミー
  2. ^ 本田望結ちゃん「夜は明るい服で」 地元・京都で一日署長 - 京都新聞(2015年12月6日8時34分発信。2016年3月20日閲覧)
  3. ^ 本田望結プロフィール”. テアトルアカデミー. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月1日閲覧。
  4. ^ ベロのにっき”. 妖怪人間ベム公式サイト. 日本テレビ放送網 (2011年11月9日). 2011年11月18日閲覧。
  5. ^ 宮崎美紀子 (2012年3月31日). “春の連ドラ ヒーロー祭! ミステリーも満載”. 東京新聞. http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2012033102000102.html 2012年4月19日閲覧。 
  6. ^ “大人顔負け本田望結、英語は毎日15分勉強 本命チョコはミタ長男に”. 映画.com. (2012年2月9日). http://eiga.com/news/20120209/7/ 2012年4月29日閲覧。 
  7. ^ “本田望結、7月にオスカー移籍へ”. ORICON STYLE. (2013年6月22日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2025903/full/ 2013年6月22日閲覧。 
  8. ^ 本田望結 オスカープロモーション女子所属のお知らせ - 2013年7月5日オスカ大会ープロモーション公式HPより(2013年7月9日閲覧)
  9. ^ “本田望結、映画初主演決定に「びっくり」”. 日刊スポーツ. (2014年5月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20140530-1309231.html 2016年11月26日閲覧。 
  10. ^ 本田望結・主演『ポプラの秋』、“日本好き”モントリオール映画祭に正式招待決定”. シネマカフェ (2015年7月28日). 2015年9月21日閲覧。
  11. ^ a b “人気子役・本田望結、ロリータ衣装でドラマ初主演!「探偵少女アリサの事件簿」実写化”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2016年10月7日). http://www.cinematoday.jp/page/N0086585 2016年10月7日閲覧。 
  12. ^ 読売KODOMO新聞 2016年12月1日 10面
  13. ^ a b 「ミタ」希衣ちゃんの滑り 荒川静香も絶賛” (2012年1月8日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月8日閲覧。
  14. ^ a b “『家政婦のミタ』子役・本田望結に「未来の浅田真央」の声も”. NEWSポストセブン(小学館. (2011年11月16日). http://www.news-postseven.com/archives/20111116_69903.html 2011年11月18日閲覧。 
  15. ^ 関西大学主催 氷の甲子園が開催されました|関西大学初等部” (2011年9月). 2012年3月24日閲覧。
  16. ^ 第18回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会
  17. ^ 2015 近畿選手権大会 ノービスA女子 - 最終結果”. ISU Japan Skating Federation Official Results & Data Site. 日本スケート連盟. 2016年11月26日閲覧。
  18. ^ 第19回全日本ノービス選手権大会 ノービスA女子 - 最終結果”. ISU Japan Skating Federation Official Results & Data Site. 日本スケート連盟. 2016年11月26日閲覧。
  19. ^ “本田望結 姉の活躍に葛藤「お姉ちゃんには追い付けない…」”. 女性自身 (光文社). (2015年11月13日). http://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/22159 2016年11月26日閲覧。 
  20. ^ “女優本田望結が3位「負けたくない」表現力で魅了”. 日刊スポーツ. (2016年10月10日). http://www.nikkansports.com/sports/news/1722569.html 2016年11月26日閲覧。 
  21. ^ “本田望結 4年連続全国切符 フィギュアと女優「どっちも100%」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年10月11日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2016/10/11/kiji/K20161011013512650.html 2016年11月26日閲覧。 
  22. ^ a b “本田望結が初入賞6位 姉の手紙、妹の活躍に奮起”. デイリースポーツ online. (2016年10月23日). http://www.daily.co.jp/general/2016/10/23/0009605381.shtml 2016年11月26日閲覧。 
  23. ^ まんたんウェブ (2011年12月21日). “家政婦のミタ : “次女”が見たミタさんの素顔 衝撃の結末は……”. 2013年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年12月29日閲覧。
  24. ^ “ミタ姉妹・忽那汐里&本田望結がドラマSP『コナン』で再共演”. ORICON STYLE. (2012年3月22日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2008862/full/ 2012年4月5日閲覧。 
  25. ^ “福くん、連ドラ初主演で難役“中年刑事””. サンケイスポーツ. (2012年3月18日). オリジナル2012年3月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20120319135755/www.sanspo.com/geino/news/20120318/oth12031805040012-n1.html 2012年3月17日閲覧。 
  26. ^ 毎日新聞デジタル (2014年11月9日). “菊川怜:「家庭教師が解く!」続編放送 本田望結、神田沙也加も出演”. 2014年11月11日閲覧。
  27. ^ 毎日新聞デジタル (2013年12月11日). “米倉涼子:本田望結の演技に感涙 「ドクターX」で初共演”. 2013年12月13日閲覧。
  28. ^ オリコンスタイル (2013年12月11日). “本田望結、ドラマ『ドクターX』に出演 憧れの米倉涼子と初共演”. 2013年12月13日閲覧。
  29. ^ web ザ テレビジョン (2013年11月12日). “本田望結と小芝風花が「スケート靴の約束 名古屋女子フィギュア物語」で華麗なスケーティングを披露!”. 2013年11月15日閲覧。
  30. ^ オリコンスタイル (2013年11月11日). “本田望結、実姉とドラマ初共演「すごく幸せ」”. 2013年12月13日閲覧。
  31. ^ “香取慎吾が初めて誘拐犯に!香取慎吾&本田望結=誘拐犯と人質『一千兆円の身代金』”. とれたてフジテレビ (フジテレビジョン). (2015年7月30日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2015/150730-255.html 2015年9月23日閲覧。 
  32. ^ オリコンスタイル (2016年5月30日). “夏目雅子さんの遺作『瀬戸内少年野球団』武井咲主演で再映像化”. 2016年5月30日閲覧。
  33. ^ “本田望結、『ポプラの秋』主演で学んだことーー「できるかな?ではなく、やりきるのが女優さん」”. リアルサウンド 映画部 (blueprint). (2015年9月16日). http://realsound.jp/movie/2015/09/post-178.html 2015年9月23日閲覧。 
  34. ^ 「家政婦のミタ」の次女役で大人気の本田望結ちゃんが、バレンタインの本命を告白!”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (2012年2月8日). 2012年3月4日閲覧。
  35. ^ 本田望結、初MC収録に「ちょっと緊張」”. SANSPO.COM. 産経デジタル (2013年3月6日). 2013年7月16日閲覧。
  36. ^ 映画.com (2013年11月27日). “実年齢差40歳以上…本田望結ちゃん、JAMOSAのMVで50歳のマダムに”. 2013年11月27日閲覧。
  37. ^ musicman-net (2013年11月27日). ““劇団JAMOSA”が贈る本田望結出演のMV完成、UULAにて独占配信”. 2013年11月27日閲覧。
  38. ^ “望結“家政婦のミタ”風演技で佐藤隆太と息ピッタリ”. スポーツニッポン. (2012年3月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/03/14/kiji/K20120314002822120.html 2012年3月17日閲覧。 
  39. ^ “人気子役・本田望結、ダッフィーと初共演”. ORICON STYLE. (2012年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2009000/full/ 2012年3月23日閲覧。 
  40. ^ 三菱UFJニコスDCカードニュースリリース(2012年5月30日)
  41. ^ 七田チャイルドアカデミー (2016年2月9日). “七田チャイルドアカデミー”. 2016年2月16日閲覧。
  42. ^ 毎日新聞デジタル (2014年1月21日). “本田望結:月9俳優・デニス植野に尊敬のまなざし「勉強になりました」”. 2014年2月5日閲覧。
  43. ^ “『家政婦のミタ』子役・本田望結が“ネコダンス”ユニット“長ぐつ隊”を結成”. ORICON STYLE. (2012年1月19日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2005936/full/ 2012年3月22日閲覧。 
  44. ^ 信書便事業のページ
  45. ^ 信書制度周知チラシ
  46. ^ 朝日新聞デジタル:〈bonica dot〉本田望結、スザンヌ - 東京ガールズコレクション2012春夏(Tokyo Girls Collection 2012SS)
  47. ^ “<東京ガールズコレクション 2012 SPRING/SUMMER>ニコ生が独占生中継”. BARKS. (2012年3月1日). http://www.barks.jp/news/?id=1000077464 2012年4月8日閲覧。 
  48. ^ ““ミタ次女”天才子役・本田望結がMV初挑戦! Rakeとコラボ”. ORICON STYLE. (2012年1月25日). http://www.oricon.co.jp/news/music/2006198/full/ 2012年3月10日閲覧。 
  49. ^ ちゃんぽん”. ピープルシアター (2009年). 2013年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]