田村岳斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 田村 岳斗
Yamato TAMURA
Figure skating pictogram.svg
Yamato Tamura 2003 NHK Trophy.jpg
2003年NHK杯での田村岳斗
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1979-05-28) 1979年5月28日(38歳)
出生地: 青森県八戸市
身長: 174 cm
元コーチ: 佐野稔
長久保裕
小笠原雅子
元振付師: 佐藤紀子
ロバート・ダウ
阿部奈々美 
引退: 2004年[1]
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 149.74 2003GPNHK杯
ショートプログラム: 53.95 2003GPNHK杯
フリースケーティング: 95.79 2003GPNHK杯

田村 岳斗(たむら やまと、1979年5月28日 - )は、日本の元フィギュアスケート(主に男子シングル)選手。現在はプロスケーター、フィギュアスケートコーチ、フィギュアスケート解説者などで活動中。主な競技実績に、1998年長野オリンピック日本代表(17位)、世界選手権通算4回出場(最高17位)、1997年2003年全日本選手権優勝など。

人物・経歴[編集]

1979年5月28日青森県八戸市で田村家の次男として生まれる[2]。5歳でスケートを始めた。東北高等学校入学とともに、長久保裕の指導を受け始める[3]

1997年1月の全日本選手権では、男子シングルで本田武史に次ぐ2位、ペアでは荒井万里絵と組んで優勝。その後、1997年3月開催の世界選手権・男子シングルでは日本代表ただ一人出場の本田武史が10位に入ったため、翌1998年2月開催の長野オリンピック・男子シングル種目の出場枠が2名に増えたことで、田村は荒井とのペアを解消し男子シングルに専念(その後荒井とのペアは天野真と交替)。

東北高校三年生時、1997年12月の全日本選手権・男子シングルで初優勝を果たし、本田武史と共に翌年の長野オリンピック・男子シングル日本代表に選出。なお長野五輪での成績は総合17位。以後世界選手権には合計4度出場し、最高成績は2001年大会の17位だった。

日本大学通信教育部経済学部卒。日本人として初めて4回転-3回転および4回転-3回転-2回転のコンビネーションジャンプを公式試合で成功させたスケーターである。

X-JAPANのファンで、エキシビションプログラムの「紅」では衣装をYOSHIKIの衣装を真似て作って演じた[4]。 「Rocket Dive」ではHIDEの衣装と髪型をそっくりに真似て滑ったことがある。

2003年12月の全日本選手権・男子シングルで6年ぶり2回目の優勝を果たし、翌2004年世界選手権出場(22位)を最後にアマチュア引退を表明。その後は、京都醍醐クラブの濱田美栄のもとで指導者の道を歩んでいる[1]。プロスケーターとして兄弟弟子である荒川静香主催のフレンズオンアイスなどのアイスショーにも出演している。

主な戦績[編集]

男子シングル[編集]

大会/年 95-96 96-97 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04
オリンピック 17
世界選手権 26 27 17 22
四大陸選手権 8 6 9 5
全日本選手権 2 1 3 2 2 2 2 1
GPラリック杯 8 10
GPスパルカッセン杯 4
GPスケートアメリカ 8 9
GPNHK杯 10 9 7 9 4 7 10
GPスケートカナダ 4
ネーベルホルン杯 2
ユニバーシアード 7
冬季アジア大会 4
世界Jr.選手権 8 7
全日本Jr.選手権 2 1

詳細[編集]

2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権(ドルトムント) 12 22 23 22
2004年1月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権(ハミルトン) - 2 7 5
2003年12月25日-26日 第72回全日本フィギュアスケート選手権(長野) - 1 1 1
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(旭川) - 11
53.95
10
95.79
10
149.74


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年12月19日-22日 第71回全日本フィギュアスケート選手権(京都) 3 2 2
2002年11月28日-12月1日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(京都) 6 8 7
2002年11月14日-17日 ISUグランプリシリーズ ラリック杯(パリ) 11 9 10


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年1月21日-27日 2002年四大陸フィギュアスケート選手権(全州) 7 9 9
2001年12月21日-23日 第70回全日本フィギュアスケート選手権(大阪) 2 2 2
2001年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(熊本) 2 6 4
2001年11月14日-18日 ISUグランプリシリーズ ラリック杯(パリ) 10 8 8


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2001年3月17日-25日 2001年世界フィギュアスケート選手権(バンクーバー) 5 24 14 17
2001年2月7日-10日 2001年四大陸フィギュアスケート選手権(ソルトレイクシティ) - 5 8 6
2000年12月8日-10日 第69回全日本フィギュアスケート選手権(長野) - 5 2 2
2000年11月28日-12月3日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(旭川) - 12 9 9
2000年10月25日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(コロラドスプリングス) - 10 9 9


1999-2000 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2000年3月26日-4月2日 2000年世界フィギュアスケート選手権(ニース) 14 26 - 27
2000年2月21日-27日 2000年四大陸フィギュアスケート選手権(大阪) - 11 8 8
1999年12月24日-26日 第68回全日本フィギュアスケート選手権(福岡) - 4 2 2
1999年12月2日-5日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(名古屋) - 6 7 7
1999年11月11日-14日 ISUグランプリシリーズ スパルカッセン杯(ゲルゼンキルヒェン) - 3 4 4


1998-1999 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1999年1月21日-31日 ユニバーシアード冬季競技大会(ポプラド) 14 7 7
1999年1月15日-17日 第67回全日本フィギュアスケート選手権(新横浜) 5 3 3
1998年12月2日-6日 ISUグランプリシリーズ NHK杯(札幌) 6 9 9
1998年10月29日-11月1日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ(デトロイト) 7 8 8


1997-1998 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
1998年3月28日-4月5日 1998年世界フィギュアスケート選手権(ミネアポリス) 9 26 - 26
1998年2月8日-20日 長野オリンピック(長野) - 15 17 17
1997年12月12日-14日 第66回全日本フィギュアスケート選手権(神戸) - 3 1 1
1997年11月27日-30日 ISUチャンピオンシリーズ NHK杯(長野) - 10 9 10
1997年11月6日-9日 ISUチャンピオンシリーズ スケートカナダ(ハリファックス) - 4 5 4

ペア[編集]

プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
2003-2004[5] ピアノ協奏曲
作曲:エドヴァルド・グリーグ、演奏:マクシム・ムルヴィツァ
振付:佐藤紀子
宇宙戦艦ヤマト
作曲:宮川泰
振付:佐藤紀子
メロドラマ
ボーカル:アンドレア・ボチェッリ
2002-2003[6] Canta Loop
by US3
振付:佐藤紀子
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
作曲:Elliot Goldenthal
振付:佐藤紀子
カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
2001-2002[7] カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:佐藤紀子、高橋忠之
ハムナプトラ/失われた砂漠の都
作曲:ジェリー・ゴールドスミス
振付:ロバート・ダウ
Canta Loop
by US3
2000-2001[8] 月光 + ヴァルトシュタイン
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:ロバート・ダウ
-
1999-2000 クリムゾン・タイド
作曲:ハンス・ジマー
振付:ロバート・ダウ
WEEK END + Rose Of Pain
by X Japan
振付:ロバート・ダウ
Amethyst
by YOSHIKI
1998-1999 The Messiah Will Come Again
作曲:ゲイリー・ムーア
振付:ロバート・ダウ
-
1997-1998 フラメンコ・カーニバル[9]
振付:ロバート・ダウ
シェルブールの雨傘[10][11]
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:ロバート・ダウ
[12]
by X Japan

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小坂有紀編『COLORS 2007 フィギュアスケート男子読本』あおば出版、2007年3月、p.103
  2. ^ 『氷上の貴公子 本田武史・田村岳斗長野オリンピックグラフィティ』マガジン・マガジン、1998年3月、p.79, p.106。ただし、p.79では1981年と誤植されている
  3. ^ 『氷上の貴公子』p.90
  4. ^ 『氷上の貴公子』p.76
  5. ^ Yamato TAMURA: 2003/2004”. International Skating Union. 2004年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月19日閲覧。
  6. ^ Yamato TAMURA: 2002/2003”. International Skating Union. 2003年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月19日閲覧。
  7. ^ Yamato TAMURA: 2001/2002”. International Skating Union. 2002年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月19日閲覧。
  8. ^ Yamato TAMURA: 2000/2001”. International Skating Union. 2001年4月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月19日閲覧。
  9. ^ 『氷上の貴公子』p.107
  10. ^ 『氷上の貴公子』p.16
  11. ^ 『COLORS 2007』p.87
  12. ^ 『氷上の貴公子』p.76

関連項目[編集]

外部リンク[編集]