無良隆志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pix.gif 無良 隆志
Takashi MURA
Figure skating pictogram.svg
2014 Grand Prix of Figure Skating Final Takashi Mura IMG 3270.JPG
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1960-11-11) 1960年11月11日(58歳)
出生地: 鳥取県
身長: 170 cm
元パートナー: 岡部由紀子
伊藤俊美
元コーチ: 都築章一郎
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
1976 ムジェーヴ 男子シングル

無良 隆志(むら たかし、1960年11月11日 - )は、日本フィギュアスケート選手(男子シングルペアスケーティング)。現在はインストラクター兼コーチ。パートナーは岡部由紀子伊藤俊美鳥取県西伯郡岸本町(現伯耆町)生まれ[1]広島県広島市南区翠町育ち[2][3]

広島市立翠町中学校、広島山陽高校日本大学卒業[2][4]。身長170cm。フィギュアスケーターの無良崇人は息子。

1979年、1980年全日本フィギュアスケート選手権優勝(ペア)。1983年ユニバーシアード優勝(男子シングル)。

経歴[編集]

幼少期に米子市内のリンクでフィギュアを始め、後広島市に移る[1]小川れい子(旧姓・小林)らと共に小学時から広島フィギュアクラブに所属[2]1974年桐生で行われた全日本ジュニア選手権で2位となり将来を嘱望された。1976年には世界ジュニア選手権に出場し2位に入る。

1978年、全国高校選手権フィギュアで初優勝し山陽の学校対抗優勝に貢献[2]、同年の全日本選手権では3位に入る。1979年の全日本選手権では男子シングルで3位、ペアで岡部由紀子とカップルを組み優勝する。1980年伊藤俊美とカップルを組み直し、NHK杯で3位入賞、全日本選手権では2連覇を果たす。

1981年、全日本選手権の男子シングルで2位に入り、世界選手権に選出される。初出場となった1982年の世界選手権では12位に終わる。翌年の1983年の世界選手権ではペアで出場し、14位に終わる。

選手引退後はコーチに転身。現在は日本フィギュアスケーティングインストラクター協会に所属し、インストラクター兼コーチを務めている。主な教え子には子息の無良崇人、井上怜奈竹内洋輔などがいる。

「無良」の姓は非常に珍しく、日本ではこの姓を持つ人が10人に満たない。なお、同じ読みで一字違う「武良」も比較的珍しく、無良と同様に西伯郡だった境港市や米子市に点在する。著名人では水木しげる(本名:武良茂)など。

主な戦績[編集]

男子シングル[編集]

大会/年 1973-74 1974-75 1975-76 1976-77 1977-78 1978-79 1979-80 1980-81 1981-82 1982-83 1983-84
世界選手権 12
全日本選手権 3 3 2 3 2 2
世界Jr.選手権 2
全日本Jr.選手権 2
NHK杯 6 4 7 9
ユニバーシアード 1
国民体育大会 1[5]

ペア[編集]

大会/年 1979-80 1980-81 1981-82 1982-83
世界選手権 14
全日本選手権 1 1
NHK杯 5 3 6

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『岸本町誌』、p111
  2. ^ a b c d 河野徳男『広島スポーツ史』 財団法人広島県体育協会、1984年、p495-498
  3. ^ 無良が2年ぶり2度目のV ― スポニチ Sponichi Annex フィギュアスケート
  4. ^ 中国新聞 スポーツ情報
  5. ^ 国体少年男子で初優勝。

参考文献[編集]

  • 河野徳男『広島スポーツ史』 財団法人広島県体育協会 1984年
  • 岸本町『岸本町誌』

外部リンク[編集]