五十嵐文男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2016年2月
Pix.gif 五十嵐文男
Humio IGARASHI
Figure skating pictogram.svg
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1958-11-06) 1958年11月6日(58歳)
出生地: 東京都
元コーチ: フランク・キャロル
引退: 1982年

五十嵐 文男(いがらし ふみお、1958年[1]11月6日 - )は、日本の男子フィギュアスケート選手(男子シングル)、フィギュアスケート解説者。1980年レークプラシッドオリンピック日本代表。1982年世界プロ選手権優勝[1]

経歴[編集]

東京都出身[1]慶應義塾大学商学部卒業[1]。トーラー・クランストンの影響を受けた独創性あふれるプログラムを演じた[1]。コーチはフランク・キャロル[2]

1977年に大学を休学し渡米。1978年度に全日本選手権を制覇、その直後の世界選手権(カナダオタワ)に初出場した。自由演技では当時珍しかった3回転ルッツや3回転フリップ等、4種類の3回転ジャンプを織り込んだ演技を見せ、自由演技だけでは4位、総合でも7位となった。

全日本フィギュアスケート選手権に通算4度(1978年度、1980年-1982年度)優勝、1980年と1981年のNHK杯、1978年スケートカナダやロータリーウォッチズ等、数々の主要国際大会でチャールズ・ティックナーヤン・ホフマン等の世界チャンピオンを含む数々の強豪を抑え優勝した実績がある。しかし、メダルが期待された1980年レークプラシッドオリンピックでは9位に終わった。また、ショートプログラム終了時点で2位につけ、メダルが確実視された世界フィギュアスケート選手権1981年3月)では、自由演技で2回転倒、4位に終わった。

大学卒業後は電通に勤務するとともに、フィギュアスケートの解説者としても活躍[2]NHK杯オリンピックなどの解説者として活躍した[1]

現在、東京・高円寺にある「大人のふくろうカフェ Cafe Baron」を経営。

主な戦績[編集]

大会/年 1974-75 1975-76 1976-77 1977-78 1978-79 1979-80 1980-81 1981-82
オリンピック 9
世界選手権 7 6 8 4 9
全日本選手権 3 3 3 1 2 1 1 1
NHK杯 2 1 1
スケートカナダ 1
ネーベルホルン杯 1

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『little wings 新世代の女子フィギュアスケーター8人の素顔』双葉社、2003年12月、p.10
  2. ^ a b 五十嵐文男の華麗なるフィギュアスケート、 新書館 、1998-10

外部リンク[編集]

  • 五十嵐文男 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)