鍵山正和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2016年2月

鍵山 正和(かぎやま まさかず、1971年4月12日 - )は、愛知県名古屋市出身の男性フィギュアスケート選手で現在はコーチ。1992年アルベールビルオリンピック、1994年リレハンメルオリンピック男子シングル日本代表。愛知工業大学名電高等学校卒業。愛知工業大学中退。[1]

経歴[編集]

1991年から全日本フィギュアスケート選手権3年連続で優勝した。1994年の全日本フィギュアスケート選手権では及川史弘に次ぐ2位に終わった。

解説者の五十嵐文男は「膝と足首が柔らかい選手」と評価した。アクセルジャンプはやや苦手としたが、膝と足首の柔らかさはトリプルルッツ-トリプルトゥなどの連続ジャンプでより活かされた。練習では4回転の着地に成功していたものの、競技会では、いずれも成功には至っていない[2]

本田武史が登場するまでの、日本の男子フィギュアスケート界を牽引した人物であった。1992年アルベールビル五輪・1994年リレハンメル五輪に男子シングルでニ大会連続で出場したが、8位入賞には一歩届かなかった。それでも日本・千葉市で開催の1994年世界選手権では、自己最高の6位入賞を果たす。同大会を最後に現役引退。

高校の同期にバスケットボール元日本代表の古田悟がいる。

プロ転向後の活動[編集]

  • 1994~2005.5 プリンスアイスワールドにてソロ
  • 2005.12~2010 富山スケートセンター専属インストラクター
  • 2011~2016.3 風越公園アイスアリーナ専属インストラクター
  • 2016.4~ 横浜銀行アイスアリーナ専属インストラクター

主な戦績[編集]

大会/年 1987-88 1988-89 1989-90 1990-91 1991-92 1992-93 1993-94
オリンピック 13 12
世界選手権 10 19 8 6
全日本選手権 2 1 1 1 2
NHK杯 8 11 4 6 4
ユニバーシアード 3
世界Jr.選手権 10 3
全日本Jr.選手権 1 1

脚注[編集]

  1. ^ SWAN通信 No.65 長野県体育協会 p.7
  2. ^ 現役期間中の新聞記事による

外部リンク[編集]