久保信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

久保 信(くぼ まこと、1906年8月19日 - 1991年6月29日)は、日本男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。北海道出身。明治大学政治経済学部卒。

第1回全日本選手権(1929年度)の優勝者である。

経歴[編集]

札幌商業学校時代の1923年、日本スケート会(日本スケート連盟の前身の一つ)主催のフィギュアスケート選手権に出場。明治大学に入学し、1926年から1930年(1927年は中止)まで日本学生氷上競技選手権(インカレ)で4大会連続2位となる。同大会の1928年から1930年までの優勝者は、金子諭吉慶大)であった。

1929年のフィギュアスケート選手権(日本スケート会主催)では、金子を抑えて優勝する。同年日本スケート連盟が発足し、同連盟の主催で翌1930年1月に開催された第1回全日本フィギュアスケート選手権では、規定では4位だったが、得意の自由で首位の金子を逆転、第一回の全日本王者となった。 独学でスケートを始め、「欧米のレベルにあるのは自由演技での久保だけ」と当時の新聞で評価された[1]

大学卒業後は帰郷して競技からも離れる。1932年のレークプラシッドオリンピックの候補にも選ばれたが、辞退している。

戦後は北海道スケート連盟の会長をつとめた。1954年スピードスケート世界選手権の札幌での開催を実現させた。

主な戦績[編集]

大会/年 1929-30
全日本選手権 1

脚注[編集]

  1. ^ さっぽろ文庫 66 札幌人名事典 p.294-296

参考文献[編集]

  • 日本スケート連盟編『日本のスケート発達史』、ベースボールマガジン社、1981年
  • 『日本スケート連盟75年のあゆみ』、日本スケート連盟、2004年
  • 『日本スケート連盟会報 92号』、日本スケート連盟広報委員会、2001年