小塚嗣彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小塚 嗣彦(こづか つぐひこ、1946年11月6日[1] - )は、日本の元フィギュアスケート選手で、1968年グルノーブルオリンピック男子シングル日本代表。

人物[編集]

愛知県出身。早稲田大学卒。父は満州国のフィギュアスケート王者であった小塚光彦[2]。息子はバンクーバーオリンピック男子フィギュアスケート代表、2011年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦[2]。妻はアイスダンス元国内トップクラス選手で現在はフリーコーチの小塚幸子というフィギュアスケート一家である。

嗣彦自身は父・光彦、佐藤信夫の母親、佐藤信夫から指導を受けた。

1994年、佐藤信夫の娘の佐藤有香世界選手権千葉市幕張メッセ)で優勝した際には日本代表チームの監督を務めた。

指導者としては実子の崇彦、安藤美姫ら中京地区で、主にジュニア世代の育成にあたっており、また佐藤信夫久美子夫妻との交流も深い。

主な戦績[編集]

大会/年度 1964-65 1965-66 1966-67 1967-68 1968-69 1969-70 1970-71 1971-72
冬季オリンピック 21
世界選手権 19 17 14 13
全日本選手権 2 2 1 1 1 2 3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SportsReference
  2. ^ a b “フィギュア選手に中傷文 4年間で20通超”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2015年10月15日). http://www.yomiuri.co.jp/chubu/news/20151015-OYTNT50041.html 2015年10月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 小塚嗣彦 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績(英語)