無良崇人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif 無良 崇人
Takahito MURA
Figure skating pictogram.svg
2014 Grand Prix of Figure Skating Final Takahito Mura IMG 3894.JPG
2014年グランプリファイナルフリーの演技
基本情報
代表国: 日本の旗 日本
生年月日: (1991-02-11) 1991年2月11日(25歳)
出生地: 千葉県の旗千葉県松戸市
身長: 170 cm
コーチ: 無良隆志[1][2]
無良千絵[3]
元コーチ: 重松直樹[3]
長久保裕[1][2]
成瀬葉里子[1]
振付師: チャーリー・ホワイト
マッシモ・スカリ
元振付師: ジェフリー・バトル
ジェイミー・アイズレー
トム・ディクソン
阿部奈々美[1]
松浦功[1]
本郷裕子[1]
岩本英嗣
所属クラブ: HIROTAクラブ
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 268.43 2016 四大陸選手権
ショートプログラム: 89.08 2016 四大陸選手権
フリースケーティング: 179.35 2016 四大陸選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2014 台北 男子シングル

無良 崇人(むら たかひと、1991年2月11日[3] - )は、日本フィギュアスケート選手(男子シングル)。元フィギュアスケート選手の無良隆志を父に持つ[4]

主な実績として、2014年四大陸選手権優勝、2008年・2012年・2015年全日本選手権各3位、2013年世界選手権8位など。

人物[編集]

2013年4月24日、4月8日に一般女性と結婚したことを発表、同年5月に長女が誕生した[5]

経歴[編集]

2008年NHK杯での演技

東京都出身。駒場学園高等学校から倉敷翠松高等学校に移り、2009年4月より中京大学に在籍[6]。中学3年で習得した3回転アクセルの高さや幅は世界でも屈指[7][8]

1994年にスケートを始める。2002年2003年の全日本ノービス選手権Aクラスを連覇、2005-2006シーズンから3季出場したISUジュニアグランプリでは4度表彰台に上った。2007-2008シーズンに全日本ジュニア選手権で初優勝する。2008-2009シーズンからシニアクラスに移行し、フィンランディア杯で初出場初優勝を飾った。全日本選手権では自身初の表彰台となる3位に入り、世界選手権への初出場を決めたが、結果SP13位・フリー16位の総合15位に留まった。

バンクーバーオリンピック開催の2009-2010シーズンは、ケガにより予定されていたGPシリーズを欠場した。全日本選手権には出場したものの、結局10位に終わってしまった。

2011-2012シーズンは全日本選手権でSP12位と大きく出遅れたが、FSで挽回し5位となった。この結果を受けて派遣された四大陸選手権のSPでは当時のパーソナルベストを大きく上回るスコアで2位と躍進、FSではミスが出て6位に終わったものの、総合で5位入賞を果たした。

2012-2013シーズン、エリック・ボンパール杯でGPシリーズ初優勝。全日本選手権では3位になり、4年ぶり2回目の世界選手権の代表に選出。世界選手権ではSP11位と出遅れるも、FSでは5位と健闘し総合8位入賞を果たした。

2013-2014シーズン、スケートカナダで10位。FSのプログラムを前シーズンの物に戻して挑んだNHK杯では6位。全日本選手権では6位に留まり、ソチ五輪代表選出はならなかった。織田信成の現役引退により補欠繰り上げ出場となった四大陸選手権では、SPでほぼノーミスの演技を披露し、パーソナルベストを更新してトップに立つ。FSでは1位の小塚崇彦に次ぐ2位だったが、総合成績でもパーソナルベストを記録して首位となり、自身ISUのチャンピオンシップス初優勝を果たした。続くチャレンジカップでもSP2位、フリー首位の総合優勝を達成する。洋菓子のヒロタが新たに設立したフィギュアスケートクラブ「HIROTAクラブ」に所属し、6月6日付けで鳥取県スケート連盟の選手として登録された[9]

2014-2015シーズン、オフシーズンの間にイリヤ・クーリックに指導を仰ぐ[10]ロンバルディアトロフィーでは2位、スケートカナダではGPシリーズ2勝目を挙げる。FSで170点を超え、合計得点も250点を超えるパーソナルベストを記録した。NHK杯でも3位、初の代表選出となったGPファイナルでは5位。同年の全日本選手権では総合5位となったが、全日本4位だった町田樹が現役を引退することになり、世界選手権日本代表も辞退したことから、無良が補欠登録から繰り上がり2大会ぶり3回目の世界選手権日本代表に選出されることとなった[11]。しかし、その後の四大陸選手権では7位に留まり2連覇を逃す。さらに世界選手権でもSPで3アクセルが1回転半になる等のジャンプ失敗が響いて23位と大きく出遅れてしまい、FSでは同日本代表の小塚崇彦に続いて2番滑走、FSのみでは12位と挽回するも結局総合16位に終わった。最後の戦い国別対抗戦において、SP、FSで計19ポイントを獲得し団体日本の3位に貢献。スコアでは247.80を獲得し復調の兆しを見せシーズンに幕を下ろす。

2015-2016シーズン、スケートアメリカで10位と不振が響き、NHK杯は2年連続の3位となるも、2年連続のGPファイナル出場は成らず。全日本選手権では3位で3大会ぶり3回目の表彰台に登り、四大陸選手権へは5年連続で代表選出されたが、世界選手権は日本男子シングルが2枠に減少された事も有り、代表選出はならなかった。四大陸選手権では5位に終わったが、SP、FSの自己ベストを更新した。

2016-2017シーズン、USインターナショナルクラシックで銀メダルを獲得。スケートカナダではSPで2位だったが、FSで順位を落とし8位に終わった。

主な戦績[編集]

2008-09から(シニア)[編集]

大会/年 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17
世界選手権 15 8 16
四大陸選手権 5 8 1 7 5
世界国別対抗戦 5
全日本選手権 3 10 5 5 3 6 5 3
GPファイナル 5
GPスケートカナダ 8 10 1 8
GPNHK杯 5 6 6 3 3
GPスケートアメリカ 10
GPエリック杯 1 5
CS USクラシック 2
CSロンバルディア杯 2
チャレンジカップ 1
ネペラ杯 2
フィンランディア杯 1 1
NRW杯 4
メラーノ杯 1
ガルデナスプリング杯 3
冬季アジア大会 2
トリグラフ杯 1
プランタン杯 3

2007-08まで(ジュニア)[編集]

大会/年 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08
全日本選手権 8 8 5
世界Jr.選手権 5 8 19
全日本Jr. 選手権 18 13 12 2 2 1
JGPファイナル 4
JGP B.シュベルター杯 3
JGPハルギタ杯 3
JGP台湾杯 3
JGPブダペスト 2
JGPバルト杯 8
JGPスケートスロバキア 5

詳細[編集]

2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年11月11日-13日 ISUグランプリシリーズ フランス杯パリ 6
78.38
5
170.04
5
248.42
2016年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダミシサガ 2
81.24
9
140.89
8
222.13
2016年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 3
82.55
2
169.65
2
252.20


2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月11日-13日 2016年プランタン杯ルクセンブルク市 5
61.05
2
156.44
3
217.49
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 4
89.08
4
179.35
5
268.43
2015年12月24日-27日 第84回全日本フィギュアスケート選手権札幌 3
93.26
2
170.20
3
263.46
2015年11月27日-29日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 3
88.29
5
153.92
3
242.21
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 10
71.66
9
129.17
10
200.83


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年4月16日-19日 2015年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 4
82.04
3
165.40
3
団体
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 23
64.93
12
146.81
16
211.74
2015年2月9日-15日 2015年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 4
84.88
7
150.87
7
235.75
2014年12月25日-28日 第83回全日本フィギュアスケート選手権長野 5
78.54
4
157.86
5
236.40
2014年12月11日-14日 2014/2015 ISUグランプリファイナルバルセロナ 6
78.35
4
157.02
5
235.37
2014年11月28日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯門真 1
86.28
4
148.16
3
234.44
2014年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 2
82.57
1
173.24
1
255.81
2014年10月4日-日 2014年ジャパンオープンさいたま - 3
146.41
3
団体
2014年9月18日-21日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーセスト・サン・ジョヴァンニ 1
81.15
2
154.64
2
235.79


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月6日-9日 2014年チャレンジカップハーグ 2
83.44
1
164.00
1
239.10
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 1
84.21
2
158.35
1
242.56
2013年12月20日-23日 第82回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 8
71.25
6
145.47
6
216.72
2013年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 5
79.97
6
147.25
6
227.22
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 5
73.08
10
115.45
10
188.53
2013年10月3日-5日 2013年オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 1
82.63
2
149.99
2
232.62


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 5
77.65
4
156.03
5
233.68
2013年3月10日-17日 2013年世界フィギュアスケート選手権ロンドン 11
73.46
5
160.72
8
234.18
2013年2月6日-11日 2013年四大陸フィギュアスケート選手権大阪 8
78.03
9
140.05
8
218.08
2012年12月20日-24日 第81回全日本フィギュアスケート選手権札幌 4
84.48
4
158.22
3
242.70
2012年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 2
76.65
1
154.03
1
230.68
2012年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダウィンザー 9
67.78
6
137.64
8
199.74


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月7日-12日 2012年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 2
83.44
6
133.72
6
217.16
2011年12月23日-25日 第80回全日本フィギュアスケート選手権門真 12
60.05
4
144.16
5
204.21
2011年11月29日-12月4日 2011年NRW杯ドルトムント 3
70.40
5
122.41
4
192.81
2011年10月6日-9日 2011年フィンランディア杯ヴァンター 1
67.78
4
121.77
1
189.55


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年3月31日-4月3日 2011年ガルデナスプリング杯ガルデナ 1
69.79
3
123.03
3
192.82
2011年1月30日-2月6日 第7回アジア冬季競技大会アスタナ 3
67.78
1
139.10
2
206.88
2010年12月24日-26日 第79回全日本フィギュアスケート選手権長野 6
72.33
5
134.98
5
207.31
2010年11月19日-21日 2010年メラーノ杯メラーノ 1
67.16
2
115.33
1
182.49
2010年10月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 9
63.20
6
128.65
6
191.85


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年4月1日-4日 2010年トリグラフトロフィーイェセニツェ 1
73.70
3
110.37
1
184.07
2009年12月25日-27日 第78回全日本フィギュアスケート選手権門真 5
74.85
14
102.93
10
177.78


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 13
70.35
16
124.62
15
194.97
2008年12月25日-27日 第77回全日本フィギュアスケート選手権長野 3
75.50
4
124.98
3
200.48
2008年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 4
69.70
5
128.37
5
198.07
2008年10月9日-12日 2008年フィンランディア杯ヴァンター 1
76.40
3
131.84
1
208.24


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年2月25日-3月2日 2008年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ソフィア 21
47.66
18
98.16
19
205.15
2007年12月26日-28日 第76回全日本フィギュアスケート選手権大阪 5
67.35
6
121.45
5
188.80
2007年11月24日-25日 第76回全日本フィギュアスケートジュニア選手権仙台 1
60.24
3
109.10
1
169.34
2007年10月10日-14日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 2
57.72
3
113.55
3
171.27
2007年9月6日-9日 ISUジュニアグランプリ ハルギタ杯ミエルクレア=チュク 12
36.66
2
112.76
3
149.42


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年2月26日-3月4日 2007年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ 3
61.16
8
110.30
8
171.46
2006年12月27日-29日 第75回全日本フィギュアスケート選手権名古屋 13
51.60
7
124.85
8
176.45
2006年12月7日-10日 2006/2007 ISUジュニアグランプリファイナルソフィア 6
55.36
5
104.48
4
159.84
2006年11月25日-26日 第75回全日本フィギュアスケートジュニア選手権広島 2
58.35
1
106.23
2
164.58
2006年10月11日-14日 ISUジュニアグランプリ 台湾杯台北 3
53.24
3
105.25
3
158.49
2006年8月31日-9月3日 ISUジュニアグランプリ ブダペストブダペスト 3
55.06
1
105.83
2
160.89


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月6日-12日 2006年世界ジュニアフィギュアスケート選手権リュブリャナ 4
106.78
8
55.15
3
113.24
5
168.39
2005年12月23日-25日 第74回全日本フィギュアスケート選手権東京 - 9
55.85
6
115.50
8
171.35
2005年12月10日-11日 第74回全日本フィギュアスケートジュニア選手権長野 - 2
58.40
2
114.70
2
173.10
2005年10月12日-15日 ISUジュニアグランプリ バルト杯グダニスク - 10
44.84
6
91.24
8
136.08
2005年9月1日-4日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキアブラチスラヴァ - 5
49.93
5
96.45
5
146.38


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年11月20日-21日 第73回全日本フィギュアスケートジュニア選手権大阪 12
43.14
11
86.58
12
129.72


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年11月21日-23日 第72回全日本フィギュアスケートジュニア選手権京都 13 13 13


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年11月23日-24日 第71回全日本フィギュアスケートジュニア選手権名古屋 21 17 18


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2016-2017 ファルーカ
演奏:ペペ・ロメロ
振付:マッシモ・スカリ
ピアノ協奏曲第2番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
振付:チャーリー・ホワイト
Writing on the wall
振付:宮崎勇人
2015-2016[12] 黒い瞳
振付:チャーリー・ホワイト
O (オー)
シルク・ドゥ・ソレイユより)
作曲:ブノワ・ジュトラ
振付:ジェフリー・バトル
Feeling Good
ボーカル:マイケル・ブーブレ
2014-2015 ヴァイオリン協奏曲
作曲:フェリックス・メンデルスゾーン
振付:宮本賢二

歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:ジェイミー・アイズレー
ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
振付:トム・ディクソン
Feeling Good
ボーカル:マイケル・ブーブレ
Til I Hear You Sing
ミュージカル『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
ボーカル:ラミン・カリムルー
振付:松浦功
2013-2014 ミニーザムーチャー
ジャンピンジャック
演奏:ビッグダッドブードゥーダディ
振付:阿部奈々美
テレビドラマ『スパルタカスII』より
作曲:ジョセフ・ロデュカ
映画『マン・オブ・スティール』サウンドトラックより
作曲:ハンス・ジマー
振付:トム・ディクソン

Shogun
振付:トム・ディクソン
Til I Hear You Sing
ミュージカル『ラヴ・ネヴァー・ダイズ』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
ボーカル:ラミン・カリムルー
振付:松浦功
2012-2013 マラゲーニャ
作曲:エルネスト・レクオーナ
振付:阿部奈々美
Shogun
振付:トム・ディクソン
Talking to the moon
曲:ブルーノ・マーズ
振付:松浦功
2011-2012 レッド・ヴァイオリン
演奏:川井郁子
振付:宮本賢二
Four Seasons Tango
振付:トム・ディクソン
Neutron Star Collision
作曲:ミューズ
2010-2011 映画『ラ・カリファ』より
映画『カノネ・インヴェルソ』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
振付:松浦功
映画『ふたりでスロー・ダンスを』より
作曲:ビル・コンティ
振付:宮本賢二
アース・ソング
曲:マイケル・ジャクソン
2009-2010 エリーゼのために テクノver.
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:宮本賢二
映画『ゲティスバーグの戦い』より
作曲:ランディ・エデルマン
振付:宮本賢二
-
2008-2009 奇跡の始まり 映画『最後の誘惑』より[13]
作曲:ピーター・ガブリエル
振付:阿部奈々美
[14]
古事記[13]
作曲:喜多郎
振付:阿部奈々美
[14]
ポンプ・イッツ[15]
曲:ブラック・アイド・ピーズ
2007-2008[16] アート・オン・アイス
作曲:エドウィン・マートン
振付:岩本英嗣
ヴァイオリン協奏曲[17]
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
皇帝
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
振付:阿部奈々美
マシュ・ケ・ナダ
作曲:ジョルジ・ベン
演奏:セルジオ・メンデス
振付:川越正大
2006-2007[18] KA 『シルク・ドゥ・ソレイユ』より
振付:阿部奈々美
ジャム
ボーカル:マイケル・ジャクソン
2005-2006[3][16] 剣の舞
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
ヴァイオリン協奏曲
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:阿部奈々美[19]
-
2004-2005 映画『007』シリーズより[19]
振付:阿部奈々美
- -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「プロフィール」『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.105
  2. ^ a b 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009男子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、p.30
  3. ^ a b c d 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.39
  4. ^ 斎藤貴子編『COLORS フィギュアスケート男子シングルフォトブック』あおば出版、2006年2月、p.104
  5. ^ フィギュア無良崇人が一般女性と結婚、5月にはパパに
  6. ^ 2009年04月14日 AFP BB news フィギュア・無良、目指せバンクーバー[1]
  7. ^ 『Cutting Edge 2008 日本男子フィギュアスケートオフィシャルファンブック』DAI-X出版、2007年12月、p.86
  8. ^ 斎藤貴子編『フィギュアスケート07-08シーズンフラッシュバック』実業之日本社、2008年3月、p.40
  9. ^ 男子フィギュア 無良崇人選手(HIROTAクラブ所属)が鳥取県スケート連盟に選手登録
  10. ^ オフに長野五輪金メダリストのクーリック氏に指導を仰ぎ「いっぱいいっぱいで4回転していたが、3回転をちょっと多く回るだけと意識を変えた」
  11. ^ フィギュア:世界選手権代表 男子は羽生、小塚、無良 毎日新聞 2014年12月29日閲覧
  12. ^ Japanese stars debut programs at 'Dreams on Ice'
  13. ^ a b 「2008全日本選手権レポート 男子シングル」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.26-29
  14. ^ a b 「フィギュアスケート振付師ファイル」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.76-77
  15. ^ 「無良崇人 シニアで見せた男気」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.22-25
  16. ^ a b 『Cutting Edge 2008』p.90
  17. ^ 当初は「皇帝」だったが、東日本選手権から「ヴァイオリン協奏曲」に変更した
  18. ^ 『Cutting Edge 2008』p.84, p89, p90
  19. ^ a b 青嶋ひろの「振付師に聞く 第4回 阿部奈々美」『フィギュアスケートDays vol.3』DAI-X出版、2007年5月、p.66-69

外部リンク[編集]