ジェレミー・アボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ジェレミー・アボット
Jeremy ABBOTT
Figure skating pictogram.svg
Jeremy ABBOTT NHK Trophy 2010.jpg
2010年NHK杯の表彰台にて
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: 1985年6月5日(29歳)
出生地: アメリカ コロラド州アスペン
身長: 179 cm
体重: 70 kg
コーチ: 佐藤有香
ジェイソン・ダンジェン
元コーチ: トム・ザカライセック[1]
ベッキー・カルヴァン[1]
エディ・シップスタッド
ジル・トレナリー
ペギー・ベーア
振付師: ジェレミー・アボット
サンドラ・ベジック
元振付師: 佐藤有香
ロビン・カズンズ
ロベルト・カンパネッラ
ベンジー・シュウィマー
ブディ・シュウィマー
アントニオ・ナハロ
デヴィッド・ウィルソン
シェイ=リーン・ボーン
パスカーレ・カメレンゴ
トム・ディクソン[1]
カタリナ・リンデン[1]
カート・ブラウニング
デイモン・アレン
キャロライン・ミラー
クリストファー・ディーン
所属クラブ: デトロイトSC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 246.35 2014 世界選手権
ショートプログラム: 86.98 2012 国別対抗戦
フリースケーティング: 166.68 2014 世界選手権
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
2014 ソチ 団体戦

ジェレミー・アボット英語: Jeremy Abbott, 1985年6月5日[2] - )は、アメリカフィギュアスケート選手(男子シングル)。

2014年ソチオリンピック団体戦銅メダリスト。2010年バンクーバーオリンピックアメリカ代表。全米選手権優勝4回(2009年、2010年、2012年、2014年)。2008年グランプリファイナル優勝。

人物[編集]

1985年6月5日コロラド州[2]アスペンで生まれる。全米選手権ジュニアクラスで優勝した後で基金を設立し、自身がスケートを始めたアスペン・スケーティングクラブの子どもたちを支援している[3][4]。翌2006年には同様の基金をもう1つ設立している[5]。座右の銘は「ブタだって空を飛べる」[6]。姉のグウェンはアルペンスキー滑降)の元選手[3][7]

インターネットが趣味で、特に現在はツイッターを頻繁に利用している。「つぶやく」回数が非常に多く、同国アイスダンスメリル・デイヴィスや、女子シングルの長洲未来アリッサ・シズニーについての「つぶやき」が多い。彼の「つぶやき」はたくさんの感嘆符、内輪の冗談、スマイリー・フェイス[8]、または歌の歌詞を含んでいることが多い。

経歴[編集]

2歳でスケートを始める。4歳のとき、アイスショーで見たロビン・カズンズの演技に刺激を受け、フィギュアスケートを始めた[9]。ノービスまではシングルと並行してアイスダンスペアにも取り組んでおり、1998-1999シーズンにはブリタニー・ヴァイスとともにペア競技に出場していた[3][10][11]

1999年に練習拠点をコロラドスプリングスのワールドアリーナに移し、2008-2009シーズンまでブロードムーア・スケーティングクラブでトム・ザカライセックに師事していた[3][10]。現在はデトロイト・スケーティング・クラブにて佐藤有香に師事している[12]。2001-2002シーズンに全米選手権ノービスクラス初出場を果たし、シングルに専念することを決めた[10]2003年には腰椎を骨折して約4ヶ月間リンクに立てなくなったこともあったが[10]、2005年全米選手権ジュニアクラスで優勝を果たした。

シニア初年度の2005-2006シーズンは中西部予選で5位にとどまり、全米選手権に進むことすらできずに終わった[7]。2006-2007シーズン、フィンランディア杯で優勝。全米選手権でも4位に入賞し、翌2008年大会のシード権を獲得した。そしてジョニー・ウィアーの辞退により、四大陸選手権にも出場。ホームリンクで開催されたこの大会で、銅メダルを獲得した。

2007-2008シーズンからはISUグランプリシリーズに参戦。全米選手権では2年連続の4位となった。直前に怪我で欠場することになったエヴァン・ライサチェクに替わって[13]世界選手権に出場した。2008-2009シーズン、中国杯をアメリカ男子シングル史上最高得点で制した[10][14]。初進出のGPファイナルでは、ショートプログラムフリースケーティングでそれぞれパーソナルベストを更新し、アメリカ男子シングル選手初のGPファイナルチャンピオンとなった。全米選手権でも初優勝。

2009-2010年シーズン、全米選手権では世界王者のエヴァン・ライサチェクを抑え2連覇を達成、バンクーバーオリンピック世界選手権の代表の座を射止めた。バンクーバーオリンピックは9位、世界選手権は5位入賞を果たした。

2010-2011年シーズン、靴の問題などを抱え不調のために全米選手権も4位に終わり、世界選手権の代表の座を逃すこととなった[15]四大陸選手権では3位となった。

2011-2012年シーズン、グランプリシリーズ中国杯で優勝。続くロステレコム杯では、フリーの演技中に手を負傷するアクシデントに見舞われながらも3位に入り、グランプリファイナルへの出場を決めた。ファイナルでは合計点で自身のパーソナルベストを更新したが、ハイレベルな争いの中5位に終わった。全米選手権では2位以下を大きく引き離す高得点でチャンピオンに返り咲いた。

2012-2013年シーズン、全米選手権ではSPで1位に立つもののFSではミスが相次ぎ3位。6シーズンぶりにISUチャンピオンシップスの派遣は無かった。

2013-2014年シーズン、NHK杯ではSP7位からFS3位と逆転し銅メダルを獲得。全米選手権ではSPでノーミスの演技を披露し1位、FSでは2位だったもののリードを守りきり4度目の優勝を飾った。ソチオリンピックの団体戦では銅メダルを獲得。個人戦のSPでは4回転トゥループで転倒し、そのまま数秒間動けなかったが演技に復帰し14位。FSは出場選手の中で唯一GOEでマイナスの評価を受ける事無く滑り、パーソナルベストを更新し総合では12位だった。現役最後の試合として臨んだ世界選手権はSPで4回転トゥループを転倒し8位となるも、FSではパーソナルベストを更新し5位となった。[16]しかしその後のインタビューで競技生活を終えるかについては迷っているとの発言があった。[17]

2014-2015シーズン、引退はせずにグランプリシリーズに出場。2大会ともに5位だった。全米選手権ではSP3位だったが、FSで2度のジャンプの転倒があり総合5位に順位を落とし、全米選手権で初めてメダルを逃した。

主な戦績[編集]

大会/年 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13 2013-14 2014-15
冬季オリンピック 9 12
世界選手権 11 11 5 8 5
四大陸選手権 3 5 5 3
世界国別対抗戦 5 5 6
全米選手権 7 J 1 J 4 4 1 1 4 1 3 1 5
GPファイナル 1 4 5
GPNHK杯 4 5 2 3 5
GPスケートアメリカ 5 5
GPスケートカナダ 8 1 6
GPエリック杯 2
GPロシア杯 4 3 3
GP中国杯 1 1
チャレンジカップ 2
フィンランディア杯 1
ネーベルホルン杯 18
  • J = ジュニアクラス

詳細[編集]

2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年1月17日-25日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 3
89.93
5
168.36
5
258.29
2014年11月28日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯門真 2
81.51
5
148.14
5
229.65
2014年10月24日-26日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 2
81.82
6
137.51
5
219.33


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年3月24日-30日 2014年世界フィギュアスケート選手権さいたま 8
79.67
4
166.68
5
246.35
2014年2月6日-22日 ソチオリンピックソチ 15
72.58
8
160.12
12
232.70
2014年2月6日-22日 ソチオリンピック 団体戦(ソチ 7
65.65
- 3
団体
2014年1月5日-12日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 1
99.86
2
174.41
1
274.27
2013年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ NHK杯東京 7
78.78
3
158.63
3
237.41
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 4
74.58
6
141.37
6
215.95
2013年10月5日-日 2013年ジャパンオープンさいたま - 3
157.70
2
団体


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年4月11日-14日 2013年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 4
80.24
6
151.60
6
231.84
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権オマハ 1
84.10
3
165.23
3
249.33
2012年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 1
81.18
3
146.45
2
227.63
2012年10月19日-21日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカケント 3
77.71
8
133.64
5
211.35


2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年4月19日-22日 2012年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 3
86.98
7
147.39
5
234.37
2012年3月26日-4月1日 2012年世界フィギュアスケート選手権ニース 9
74.85
8
151.34
8
226.19
2012年3月8日-11日 2012年チャレンジカップハーグ 3
77.97
2
145.81
2
223.78
2012年1月22日-29日 全米フィギュアスケート選手権サンノゼ 1
90.23
1
183.35
1
273.58
2011年12月8日-11日 2011/2012 ISUグランプリファイナルケベック・シティー 2
82.66
5
156.16
5
238.82
2011年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 1
83.54
5
145.54
3
229.08
2011年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯上海 3
79.32
3
149.17
1
228.49


2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年2月15日-20日 2011年四大陸フィギュアスケート選手権台北 2
76.73
4
148.98
3
225.71
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 2
78.39
6
145.77
4
224.16
2010年11月19日-21日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 2
77.61
4
139.60
3
217.21
2010年10月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 2
74.62
3
143.57
2
218.19


2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 6
81.05
5
151.36
5
232.10
2010年2月12日-28日 バンクーバーオリンピックバンクーバー 15
69.40
9
149.56
9
218.96
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 1
87.85
1
175.81
1
263.66
2009年12月3日-6日 2009/2010 ISUグランプリファイナル東京 5
76.65
2
158.73
4
235.38
2009年11月19日-22日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダキッチナー 1
79.00
2
153.99
1
232.99
2009年11月5日-8日 ISUグランプリシリーズ NHK杯長野 2
83.00
6
125.45
5
208.45
2009年10月3日-日 2009年ジャパンオープンさいたま - 3
132.87
2
団体


2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年4月16日-19日 2009年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 5
71.27
5
133.78
5
205.05
2009年3月23日-29日 2009年世界フィギュアスケート選手権ロサンゼルス 10
72.15
10
132.52
11
204.67
2009年2月2日-8日 2009年四大陸フィギュアスケート選手権バンクーバー 4
75.67
6
141.27
5
216.94
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド 1
86.40
1
155.49
1
241.89
2008年12月10日-14日 2008/2009 ISUグランプリファイナル高陽 2
78.26
1
159.46
1
237.72
2008年11月20日-23日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯長野 6
68.80
2
148.68
4
217.48
2008年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 1
77.05
1
156.39
1
233.44


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年3月17日-23日 2008年世界フィギュアスケート選手権ヨーテボリ 14
65.61
10
131.65
11
197.26
2008年2月11日-17日 2008年四大陸フィギュアスケート選手権高陽 9
60.87
4
145.53
5
206.40
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 5
73.28
4
148.57
4
221.85
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 12
58.27
4
129.29
4
187.56
2007年11月1日-4日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 11
44.75
4
126.31
8
171.06


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年2月5日-11日 2007年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 2
74.34
4
128.88
3
203.22
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 9
64.48
3
136.47
4
200.95
2006年10月6日-8日 2006年フィンランディア杯ヴァンター 2
67.60
2
119.66
1
187.26


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年9月29日-10月2日 2005年ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 21
35.41
17
88.51
18
123.92


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2005年1月9日-16日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ポートランド 1 1 1


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年1月3日-11日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(アトランタ 10 4 7


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2002年1月6日-13日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(ロサンゼルス 12 3 6


プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2014-2015[18][19] Lay Me Down
曲:サム・スミス
振付:ジェレミー・アボット、佐藤有香
弦楽のためのアダージョ
作曲:サミュエル・バーバー
振付:サンドラ・ベジック
Latch
曲:ディスクロージャー feat. サム・スミス
振付:ジェレミー・アボット、ベンジー・シュウィマー

Dear Lord
作曲:ジョン・コルトレーン
編曲:デイヴ・リーブマン
2013-2014
[20][21]
Lilies of the Valley
作曲:三宅純
振付:ロビン・カズンズ
エクソジェネシス:交響曲第3部
演奏:ミューズ
振付:ジェレミー・アボット、佐藤有香
彼を帰して
ボーカル:アルフィー・ボー
振付:ジェレミー・アボット

Latch
曲:ディスクロージャー feat. サム・スミス
振付:ジェレミー・アボット、ベンジー・シュウィマー
2012-2013 スパイ
作曲:ネイサン・ラニエ
振付:ベンジー・シュウィマー
彼を帰して
編曲:スティーブン・ジャメイル
振付:ジェレミー・アボット、佐藤有香
I Won't Give Up
曲:ジェイソン・ムラーズ
振付:ジェレミー・アボット

Home
曲:フィリップ・フィリップス
振付:ジェレミー・アボット
2011-2012 素敵なあなた
演奏:ベニー・グッドマン
『スウィング・キッズ』サウンドトラック
振付:ブディ・シュウィマー、ベンジー・シュウィマー
エクソジェネシス:交響曲第3部
演奏:ミューズ
振付:ジェレミー・アボット、佐藤有香
ホームタウン・グローリー
ボーカル:アデル
振付:ジェレミー・アボット
2010-2011 ビエホス・アイレス
演奏:ヌエボタンゴアンサンブル
振付:アントニオ・ナハロ
映画『ライフ・イズ・ビューティフル』より
作曲:ニコラ・ピオヴァーニ
振付:デヴィッド・ウィルソン
アット・ディス・モーメント
ボーカル:マイケル・ブーブレ
振付:佐藤有香、ジェレミー・アボット

リズム・オブ・ラブ
曲:プレイン・ホワイト・ティーズ
振付:ジェレミー・アボット
2009-2010 ア・デイ・イン・ザ・ライフ
演奏:ジェフ・ベック
振付:シェイ=リーン・ボーン
木星
作曲:グスターヴ・ホルスト
ローマの松
作曲:オットリーノ・レスピーギ
交響曲第3番
作曲:カミーユ・サン=サーンス
振付:パスカーレ・カメレンゴ
Gotta Get thru This
曲:ダニエル・ベディングフィールド
振付:トム・ディクソン

アット・ディス・モーメント
ボーカル:マイケル・ブーブレ
振付:佐藤有香、ジェレミー・アボット
2008-2009
[22]
アルビノーニのアダージョ[23][7]
作曲:レモ・ジャゾット
振付:カタリナ・リンデン
エイト・シーズンズ(アストル・ピアソラメドレー)[23][7]
演奏:ギドン・クレーメルクレメラータ・バルティカ
振付:トム・ディクソン
She's Always A Woman To Me
ボーカル:ビリー・ジョエル
2007-2008
[22]
Treat[7]
作曲:カルロス・サンタナ
振付:カート・ブラウニング
ゴーストワルツ 『ヤドリギの花嫁』より[7]
作曲:ポール・チハラ
ジャズ組曲 映画『アイズ・ワイド・シャット』より
作曲:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
リバーワルツ 映画『五彩のヴェール』より
作曲:アレクサンドル・デスプラ
仮面舞踏会
作曲:アラム・ハチャトゥリアン
振付:トム・ディクソン[24]
Faith
作曲:ジョージ・マイケル
振付:ジェレミー・アボット、デイモン・アレン、キャロライン・ミラー
2006-2007
[22]
映画『アメリカン・ビューティー』サウンドトラック[7]
作曲:トーマス・ニューマン
振付:ジェレミー・アボット
交響曲第25番[7]
作曲:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
プニャーニの様式による前奏曲とアレグロ
作曲:フリッツ・クライスラー
振付:トム・ディクソン
ラストダンスは私に
ボーカル:マイケル・ブーブレ
振付:デイモン・アレン、ジェレミー・アボット
2005-2006 ジョニーがいなくてがっかり
演奏:ヴァネッサ・メイ
振付:クリストファー・ディーン
ウィリアム・ジョセフセレクション
振付:デイモン・アレン
サフリ・デュオセレクション
振付:デイモン・アレン、ジェレミー・アボット
2004-2005 アランフエス協奏曲
作曲:ホアキン・ロドリーゴ
振付:デイモン・アレン
サフリ・デュオセレクション
振付:デイモン・アレン、ジェレミー・アボット

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、p.59
  2. ^ a b 『ワールド・フィギュアスケート 36』新書館、2009年2月、p.20
  3. ^ a b c d 国際スケート連盟によるバイオグラフィー
  4. ^ http://www.usfigureskating.org/Story.asp?id=29739 U.S. Junior Champion Jeremy Abbott Establishes Fund for Boys」アメリカフィギュアスケート協会ウェブサイト、2005年5月11日更新、2009年3月19日閲覧
  5. ^ Laura Fawcett著「Abbott Lends Helping Hand to Skaters in Need」アメリカフィギュアスケート協会ウェブサイト、2006年9月21日更新、2009年3月19日閲覧
  6. ^ 『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、p.108
  7. ^ a b c d e f g h アメリカフィギュアスケート協会によるプロファイル、3月19日閲覧
  8. ^ 米国の顔文字。「:)」等
  9. ^ 長谷川仁美「ジェレミー・アボット アーティスティックに魅せられて。」『フィギュアスケートDays vol.8』ダイエックス出版、2009年2月、pp.60-61
  10. ^ a b c d e ジェレミー・アボット公式サイトによるプロフィール2009年3月19日閲覧
  11. ^ *国際スケート連盟によるヴァイス & コールのバイオグラフィー
  12. ^ Jeremy Abbott joins forces with Yuka Satoicenetwork.com 2009年5月22日更新 2010年4月11日閲覧
  13. ^ 『フィギュアスケートDays Plus 2008-2009男子シングル読本』ダイエックス出版、2008年9月、pp.70-71
  14. ^ Score over 150国際スケート連盟ウェブサイト、2009年3月19日閲覧
  15. ^ Newly blonde Abbott impressive at 'Proud Nation' icenetworks.com, 2011/4/11
  16. ^ Hanyu follows up Olympic title with world gold
  17. ^ Abbott on future: 'I have a lot still to offer the sport'
  18. ^ Weir shows 'human' side at 'EWC' benefit show
  19. ^ Abbott pays tribute to late father at Greensboro gala
  20. ^ Jeremy Abbott: A Japanese Celebration, International Figure Skating, 2013年5月17日閲覧
  21. ^ The Inside Edge: Kwan on hand for 'Stars on Ice'
  22. ^ a b c ジェレミー・アボット公式サイト Programs
  23. ^ a b 『WFS35』p.51
  24. ^ 『フィギュアスケート日本女子ファンブック2009』扶桑社、2008年12月、p.48

外部リンク[編集]