アレクセイ・ウルマノフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif アレクセイ・ウルマノフ
Alexei URMANOV
Figure skating pictogram.svg
Rus-nat-urmanov.jpg
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア (独立国家共同体の旗 独立国家共同体, ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦)
生年月日: 1973年11月17日(41歳)
出生地: ソビエト連邦 レニングラード
身長: 180 cm
元コーチ: アレクセイ・ミーシン、Nataliya Golubeva、Nina Monakhova[1]
元振付師: Maria Bolshakov, Evgeni Serezhnikov, Edvald Smirnov, Valery Pechersky[1]
所属クラブ: St. Petersburg Academy of Figure Skating[1]
引退: 1999年
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
1994 リレハンメル 男子シングル
世界選手権
1993 プラハ 男子シングル

アレクセイ・エヴゲーニエヴィチ・ウルマノフロシア語: Алексей Евгеньевич Урманов[2]1973年11月17日 - )は、ロシア(旧ソビエト連邦レニングラード出身の男性フィギュアスケート選手で現在はフィギュアスケートコーチ兼国際スケート連盟公式技術審判員。1994年リレハンメルオリンピック金メダリスト。ロシア語読みでは「アリクスィェーイ・イヴギェーニイェヴィチュ・ウルマーナフ」に近い。

経歴[編集]

ソビエト連邦のレニングラードに生まれた。1989-1990年シーズン、ソビエト連邦代表として初出場の世界ジュニア選手権で2位となる。翌1990-1991年シーズンからはシニアクラスに転向し、欧州選手権および世界選手権に出場を果たした。ソビエト連邦崩壊後はロシアに所属することになる。

1992年アルベールビルオリンピックには、旧ソビエト連邦を中心とした合同チームの独立国家共同体代表として出場したが5位入賞に留まった。

1993年世界フィギュアスケート選手権で最高位の3位となり、2度目の出場となった1994年リレハンメルオリンピックにはロシア代表として出場し、ショートプログラムおよびフリースケーティングで1位となり金メダルを獲得した。

1995-1996年シーズンからはISUグランプリシリーズ(当時の名称はチャンピオンシリーズ)に参戦。チャンピオンシリーズファイナルで優勝し初代王者となった。翌1996-1997年シーズン、1997年欧州選手権で初優勝を飾る。同年の世界選手権では予選、ショートプログラムともに1位スタートとなったが、ケガによりフリースケーティングを棄権。世界チャンピオン獲得はならず、長野オリンピックを控えた1997-1998年シーズンを棒に振ることになった。

1998-1999年シーズン、ケガから復帰し競技会に戻ったもののシーズン終了後にアマチュアを引退。プロに転向しアイスショーなどで長らく活動。のちにフィギュアスケートコーチに転進し、現在は国際スケート連盟の公式技術審判員に就任した。

主な戦績[編集]

大会/年 1989-90 1990-91 1991-92 1992-93 1993-94 1994-95 1995-96 1996-97 1998-99
オリンピック 5 1
世界選手権 8 8 3 4 4 5 棄権 5
欧州選手権 6 3 5 3 2 1 3
ロシア選手権 3 1 1 1 1 1 2 3
GPファイナル 1 3 2
GPスケートアメリカ 3 2 3
GPスケートカナダ 1
GPボフロスト杯 2 2 1
GPエリック杯 3
GPロシア杯 1 1
GPNHK杯 3 3 3
グッドウィルゲームズ 1
世界ジュニア選手権 2

シニア[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c http://www.fskate.ru/skaters/340.html
  2. ^ ロシア語ラテン翻字: Alexei Yevgeneyevich Urmanov

外部リンク[編集]