アンドレイ・グリアゼフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pix.gif アンドレイ・グリアゼフ
Andrei Griazev
Figure skating pictogram.svg
Andrei canada.jpg
2005年スケートカナダの練習中に
基本情報
代表国: ロシアの旗 ロシア
生年月日: (1985-07-26) 1985年7月26日(32歳)
出生地: ペルミ
身長: 176 cm
コーチ: エレーナ・ボドレゾワ
元コーチ: エレーナ・ブイアノワ[1][2]
タチアナ・タラソワ[1][2]
アレクセイ・ミーシン[1]
振付師: タチアナ・タラソワ[1][2]
所属クラブ: CSKAモスクワ
引退: 2009年
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 206.13 2007 GPロシア杯
ショートプログラム: 71.00 2005 GP中国杯
フリースケーティング: 135.18 2007 GPロシア杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2004 ハーグ 男子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2003 マルメ 男子シングル

アンドレイ・ヴラジーミロヴィチ・グリアゼフロシア語: Андрей Владимирович Грязев[3]1985年7月26日[1] - )は、ロシアペルミ出身の男性フィギュアスケート選手(男子シングル)。

2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権優勝。2007年ロシアフィギュアスケート選手権優勝。

経歴[編集]

1985年7月26日、ロシアのペルミで生まれる[2]。4歳のとき、スケート教室が生徒を募集していることを知った母の勧めでスケートを始める[4]。11歳のとき、サンクトペテルブルクへ移り、アレクセイ・ミーシンの指導を受け始める[4]。2000-2001シーズンからISUジュニアグランプリ (JGP) に参戦し、2001-2002シーズンにはJGPで2連勝。しかし世界ジュニア選手権で惨敗を喫し、その後3か月間リンクから離れていた[4]

3か月後、アレクセイ・ヤグディンの勧めでタチアナ・タラソワのもとに移った[4]。2003-2004年シーズンの世界ジュニア選手権では優勝を果たし、2004-2005シーズンよりシニアへ移行。2006-2007シーズンにはロシア選手権を制した。

2009年に現役を引退。

エピソード[編集]

  • ヤグディンとグリアゼフはミーシンチームに在籍していた時からの友人で、憧れの人もウルマノフと同じである。
  • 1999年9月のプルシェンコ親善ツアーで日本人ファンがサンクトペテルブルクに来訪した時、当時14歳の彼がミーシンチーム有望の選手として紹介されていた。
  • ジュニア時代のISUプロファイルの趣味欄には、読書、音楽鑑賞とともに木彫り(woodcarningと当時のISUバイオに書かれていたが、woodcarvingの間違いと思われる)と書かれていた。2つ上の兄と一緒にやっていたという。しかし渡米した後のインタビューではやる暇がないと語っており、現在はコンピュータゲームに変わり、木彫りは書かれていない。
  • 2005年のヨーロッパ選手権と世界選手権は4回転トゥループを決めている。

主な戦績[編集]

大会/年 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2006-07 2007-08 2008-09
世界選手権 12 11 17
欧州選手権 8 5 16
ロシア選手権 8 6 5 3 2 9 1 3 5
GPロシア杯 7 7 3
GPNHK杯 7
エリック杯 7
GPスケートカナダ 9
GP中国杯 3
世界Jr.選手権 14 1
JGPファイナル 6 4 2
JGP S.スロバキア 1
JGPソフィア杯 1
JGPモントリオール 1
JGPアリゾナ 1
JGPチェコスケート 1
JGPサルコウ杯 1
JGPバルト杯 2
JGP B.シュベルター杯 4

詳細[編集]

2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年12月24日-28日 ロシアフィギュアスケート選手権カザン 7
66.02
6
126.13
5
192.15


2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月4日-7日 ロシアフィギュアスケート選手権サンクトペテルブルク 3
64,06
3
131,06
3
195,12
2007年11月29日-12月2日 ISUグランプリシリーズ NHK杯仙台 11
66.14
5
120.39
7
182.83
2007年11月22日-25日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 3
70.95
5
135.18
3
206.13


2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年1月22日-28日 2007年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ワルシャワ 13
59.10
17
103.13
16
162.23
2007年1月4日-7日 ロシアフィギュアスケート選手権モスクワ 2
70.93
1
151.21
1
222.14
2006年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ 8
62.59
4
121.43
7
184.02
2006年11月17日-19日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 9
56.39
7
121.28
7
177.67


2005-2006 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2006年3月19日-26日 2006年世界フィギュアスケート選手権カルガリー 10
28.83
21
57.96
16
121.58
17
208.37
2005年11月3日-6日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 - 1
71.00
3
129.60
3
200.60
2005年10月27日-30日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョンズ - 9
51.99
10
101.96
10
153.95


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 8
29.54
8
70.69
11
116.39
16
216.62
2005年1月25日-30日 2005年ヨーロッパフィギュアスケート選手権トリノ - 4
68.20
5
128.11
5
196.31
2004年11月25日-28日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ - 5
61.86
8
104.70
7
166.56
2004年11月4日-7日 2004年ニース杯ニース - 1 1 1


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2004年3月22日-28日 2004年世界フィギュアスケート選手権ドルトムント 6 8 16 12
2004年2月29日-3月7日 2004年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 2 1 1 1
2004年2月2日-8日 2004年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブダペスト 3 15 7 8
2003年12月11日-14日 2003/2004 ISUジュニアグランプリファイナルマルメ - 2 2 2
2003年9月18日-21日 ISUジュニアグランプリ スケートスロバキアブレッド - 1 1 1
2003年9月11日-13日 ISUジュニアグランプリ ソフィア杯ソフィア - 1 1 1


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年12月12日-15日 2002/2003 ISUジュニアグランプリファイナルハーグ - 4 5 4
2002年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール - 2 1 1
2002年9月19日-22日 ISUジュニアグランプリ アリゾナスコッツデール - 1 1 1


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月3日-10日 2002年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーマル 9 7 17 14
2001年12月13日-16日 2001/2002 ISUジュニアグランプリファイナルブレッド - 6 6 6
2001年11月1日-4日 ISUジュニアグランプリ サルコウ杯マルメ - 1 1 1
2001年9月26日-29日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ - 1 1 1


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2000年10月26日-29日 ISUジュニアグランプリ バルト杯グダニスク 2 2 2
2000年10月5日-8日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ケムニッツ 3 4 4

プログラム[編集]

シーズン SP FS
2007-2008[5] Didle Mourani
by Space
ゴッドファーザー』サウンドトラック
作曲:ニーノ・ロータ
2005-2006[1][2] カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
ノートル・ダム・ド・パリ
作曲:Richard Cocciante
2004-2005[2] カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
-
2003-2004[2] カルメン
作曲:ジョルジュ・ビゼー
ラ・ストラーダ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.99
  2. ^ a b c d e f g 斎藤貴子編『COLORS フィギュアスケート男子シングルフォトブック』あおば出版、2006年2月、 pp.96-97
  3. ^ ロシア語ラテン翻字: Andrei Vladimirovich Griazev
  4. ^ a b c d 国際スケート連盟によるバイオグラフィー
  5. ^ 国際スケート連盟によるバイオグラフィー

外部リンク[編集]