イリア・マリニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イリア・マリニン
Ilia Malinin
US figure skater pictogram.png
Ilia Malinin 2022 Skate America Free Skate.jpg
2022年スケートアメリカでのマリニン
選手情報
生年月日 (2004-12-02) 2004年12月2日(18歳)
代表国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出生地 バージニア州フェアファックス
居住 バージニア州ビエナ
親族 タチアナ・マリニナ(母)
身長 168 cm
コーチ タチアナ・マリニナ
ラファエル・アルトゥニアン
ロマン・スコルニアコフ
元コーチ イリーナ・ロマノワ
振付師 ナディア・カナエワ
所属クラブ Washington FSC
練習拠点 レストン
アーバイン
開始 2011
ISUサイト バイオグラフィ
ISU パーソナルベストスコア
合計スコア 280.37 2022 スケートアメリカ
ショート 100.16 2022 世界選手権
フリー 194.29 2022 スケートアメリカ
獲得メダル
国際スケート連盟主催大会 1 2 3
グランプリファイナル 0 0 1
世界ジュニア選手権 1 0 0
合計数 1 0 1
国内大会 1 2 3
全米選手権 0 1 0
フィギュアスケート

アメリカ合衆国の旗 アメリカ代表

主要国際大会
グランプリファイナル
2022 トリノ 男子シングル
世界ジュニア選手権
2022タリン 男子シングル
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

イリア・マリニン英語: Ilia Malinin2004年12月2日 - )あるいはイリヤ・マリニンは、アメリカバージニア州フェアファックス出身のアメリカ代表フィギュアスケート選手(男子シングル)。2022年世界ジュニア選手権優勝。2022年全米選手権 銀メダリスト。4回転アクセル(クワッドアクセル)を国際スケート連盟公認大会において世界で初めて成功させた[1]

経歴[編集]

オリンピック出場経験のあるフィギュアスケーターであり、コーチの両親(母タチアナ・マリニナ、父ロマン・スコルニアコフ)のもと、6歳でスケートを始める。

2018-2019シーズンには、羽生結弦の「SEIMEI」風な衣装で演技したこともある[2][3]

2022-2023シーズン、シニア移行。

2021-2022シーズン[編集]

ISUジュニアグランプリシリーズ 第1戦フランス大会と第7戦オーストリア大会にエントリーしそれぞれ優勝。つづく全米フィギュアスケート選手権では、ジュニアながらネイサン・チェンに続く2位に入るが、シニアでの実績がないことから北京オリンピック代表には選ばれなかった。 2022年4月の世界ジュニアフィギュアスケート選手権で優勝、ジュニア歴代世界最高記録を更新した[4]

2022-2023シーズン[編集]

USインターナショナルクラシック FSにて、世界で初めてクワッドアクセルを成功[5]

技術・演技[編集]

アクセル(A)、フリップ(F)、ルッツ(Lz)、ループ(Lo)、トウループ(T)、サルコウ(S)の6種類の4回転ジャンプを跳ぶ[6]

2022-2023シーズンのプログラムでは、アクセル(4A)、ルッツ(4Lz)、サルコウ(4S)、トーループ(4T)の4種類の4回転ジャンプを組み込んでいる。 エスポーグランプリ及びグランプリファイナルでは怪我のためルッツジャンプをすべて構成から外し、代わりに4F等を組み込んだ。

記録[編集]

主な戦績[編集]

International Skating Union.svgマークが付いている大会はISU公認の国際大会。

大会/年 2018
-19
2019
-20
2020
-21
2021
-22
2022
-23
International Skating Union.svg 世界選手権 9
全米選手権 3 N WD 2
International Skating Union.svg GPファイナル 3
International Skating Union.svg GPスケートアメリカ 5 1
International Skating Union.svg エスポーグランプリ 1
USインターナショナルクラシック 1
CSオーストリア杯 3
チャレンジカップ 1
フィラデルフィアサマー 1 J
アジアフィギュア杯 1 N
ゴールデンベア 2 N
International Skating Union.svg 世界Jr.選手権 16 1
International Skating Union.svg JGPファイナル 中止
International Skating Union.svg JGPオーストリア 1
International Skating Union.svg JGPフランス 1
International Skating Union.svg JGPイタリア 7
International Skating Union.svg JGPレークプラシッド 4
団体戦
ジャパンオープン 2
  • J - ジュニアクラス
  • N - ノービスクラス

詳細[編集]

パーソナルベストは太字で表示

2022-2023 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2022年12月8日-11日 2022/2023 ISUグランプリファイナルトリノ 5
80.10
2
191.84
3
271.94
2022年11月25日-27日 ISUグランプリシリーズ エスポーグランプリエスポー 2
85.57
1
192.82
1
278.39
2022年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカノーウッド 4
86.08
1
194.29
1
280.37
2022年10月8日-日 ジャパンオープン2022さいたま  
-
2
193.42
2
団体
2022年9月12日-16日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックレークプラシッド 6
71.84
1
185.44
1
257.28
2021-2022 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2022年4月13日-17日 2022年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 1
88.99
1
187.12
1
276.11
2022年3月21日-27日 2022年世界フィギュアスケート選手権モンペリエ 4
100.16
11
163.63
9
263.79
2022年2月24日-27日 チャレンジカップティルブルフ 2
84.55
1
176.14
1
260.69
2022年1月3日-9日 2022年全米フィギュアスケート選手権ナッシュビル 3
103.46
2
199.01
2
302.48
2021年11月11日-14日 ISUチャレンジャーシリーズ オーストリア杯(グラーツ 13
67.58
2
154.97
3
222.55
2021年10月6日-9日 ISUジュニアグランプリシリーズリンツ 1
81.31
1
164.04
1
245.35
2021年8月18日-21日 ISUジュニアグランプリシリーズ フランスⅠ(クールシュヴェル 1
80.07
1
134.57
1
214.64
2020-2021 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年10月23日-24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 7
76.75
5
143.56
5
220.31
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年3月2日-8日 2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 13
74.02
18
121.95
16
195.97
2019年10月2日-5日 ISUジュニアグランプリシリーズエーニャ 4
72.19
7
203.47
7
203.47
2019年8月28日-31日 ISUジュニアグランプリシリーズレークプラシッド 3
71.34
3
130.38
4
201.72
2019年7月29日-8月3日 フィラデルフィアサマー ジュニアクラス(フィラデルフィア 1
71.50
1
130.34
1
201.84

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2022-2023 I Put A Spell On You
by Garou
振付:Juris Razgulajevs
Euphoria (soundtrack)
by Labrinth
振付:シェイ=リーン・ボーン
2021-2022 Billie Jean
曲:デヴィッド・クック
Nobody Knows
曲:Autograft
Golden Age
曲:Woodkid
2020-2021
2019-2020 ドラマ『サンズ・オブ・アナーキー』サウンドトラックより
Make It Rain
曲:エド・シーラン
映画『007 スペクター』より
Writing on the Wall
作曲:サム・スミス

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “マリニン、4回転半初成功 河辺はSP2位―フィギュア”. JIJI.COM (時事通信社). (2022年9月15日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2022091500372&g=spo 2022年9月15日閲覧。 
  2. ^ Ilia Malinin FS (2018 Chesapeake Open) - YouTube
  3. ^ U.S. Figure Skating [@USFigureSkating] (2018年8月3日). "won an advanced novice title at the 2018 Asian Open today" (ツイート). Twitterより2022年9月19日閲覧
  4. ^ “4回転の神”マリニンの武器は母譲りのダイナミックなルッツ。”. Number Web. Bungeishunju Ltd. (2022年5月16日). 2022年9月19日閲覧。
  5. ^ 4回転アクセル成功に「最高の気分。凄く嬉しいよ」 17歳マリニンが歴史的快挙に喜び”. THE ANSWER. Creative2 (2022年9月15日). 2022年9月15日閲覧。
  6. ^ 米国の超新星マリニンが4回転ジャンプ6種類7本の超異次元構成! 宇野昌磨も「僕よりクオリティが高い」と脱帽”. THE DIGEST. 日本スポーツ企画出版社 (2022年10月7日). 2022年10月7日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]