ティモシー・ゲーブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif ティモシー・ゲーブル
Timothy GOEBEL
Figure skating pictogram.svg
Timothy Goebel.jpg
2001年GPファイナルのティモシー・ゲーブル
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: 1980年9月10日(33歳)
出生地: イリノイ州エヴァンストン[1][2]
身長: 170 cm[1][2]
コーチ: オードリー・ウィシガー (2004.11-)[1][2]
元コーチ: フランク・キャロル (2000.6-2004.11)[3]
キャロル・ヘイス・ジェンキンス[3]、Glyn Watts
振付師: ローリー・ニコル[1]
所属クラブ: ウィンターハーストFSC[1]
引退: 2006年4月25日
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 208.28 2004 NHK杯
ショートプログラム: 73.65 2003 NHK杯
フリースケーティング: 137.60 2003 中国杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
2002 ソルトレイクシティ 男子シングル
世界選手権
2002 長野 男子シングル
2003 ワシントンD.C. 男子シングル

ティモシー・ゲーブル英語: Timothy Goebel, 1980年9月10日[1][2] - )は、アメリカ合衆国の元フィギュアスケート選手(男子シングル)。2002年ソルトレイクシティオリンピック男子シングル銅メダリスト。

1998年ISUジュニアシリーズファイナルにおいて、ISU公式戦で初めて4回転サルコウを成功させた選手であり[2]1999年スケートアメリカにおいて、ISU公式戦で初めて1つのフリースケーティングで3度の4回転ジャンプ(4回転サルコウ-3回転トウループ、4回転トウループ、4回転サルコウ)を成功させた選手である[4]

経歴[編集]

4回転ジャンプを得意とし、クワドキング(4回転の王)と称えられた[2][3]。競技会で4回転サルコウ、4回転トウループを跳んだほか、練習では4回転ループにも成功していた[4]

スケートを始めたのは4歳のとき[4][3]1998年ISUジュニアシリーズファイナルにおいて、史上初めて4回転サルコウを成功させて優勝[4][5]1999年世界選手権では4回転サルコウ-3回転トウループを決め[3]1999年スケートアメリカフリースケーティングでは史上初めて3度の4回転ジャンプ(4回転サルコウ-3回転トウループ、4回転トウループ、4回転サルコウ)に成功した[4][3][6]2002年ソルトレイクシティオリンピックでは3度の4回転ジャンプを成功させて銅メダルに輝いた。続く2002年世界選手権でも銀メダルを獲得した。

2002-2003シーズンは右臀部を傷めた影響でISUグランプリシリーズを欠場[3]世界選手権でこそ2年連続の2位に入ったものの、翌2003-2004シーズンも万全の状態では迎えられず、スケートアメリカGPファイナル全米選手権を棄権するなど苦しんだ[3]。2004-2005シーズンにはさらに首と背中を傷め、ロシア杯欠場を余儀なくされた[3]。度重なる怪我のため得意のジャンプも決まらなくなり[2]、2005-2006シーズンを最後に引退を表明した。

引退後はコロンビア大学で数学を学び、2010年5月に卒業。卒業後はニールセンに就職する予定である。現在もスケート界が行っているハーレム地区でのボランティアに参加し、週末にコーチを行っている[7]

主な戦績[編集]

大会/年 94-95 95-96 96-97 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 04-05 05-06
オリンピック 3
世界選手権 12 11 4 2 2 10
四大陸選手権 13
全米選手権 5 J 1 J 6 棄権 3 2 1 2 2 棄権 2 7
GPファイナル 3 3
GPエリック杯 4
GPスケートアメリカ 2 1 1 6
GPNHK杯 2 2 2
GP中国杯 1
GPスパルカッセン杯 2 2
GPロシア杯 12
ネーベルホルン杯 1
世界Jr.選手権 14 7 2
JGPファイナル 1
JGPウクライナ記念 1
JGPサン・ジェルヴェ 2 1

詳細[編集]

2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権セントルイス 5
70.27
8
131.34
7
201.61
2005年11月17日-20日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 4
65.05
6
117.36
4
182.41
2005年10月20日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカアトランティックシティ 6
58.72
8
95.96
6
154.68


2004-2005 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2005年3月14日-20日 2005年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 9
29.78
14
62.95
9
129.84
10
222.57
2005年1月9日-16日 全米フィギュアスケート選手権ポートランド - 1 2 2
2004年11月4日-7日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 - 2
72.20
2
136.08
2
208.28


2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年1月3日-11日 全米フィギュアスケート選手権アトランタ 10 - 棄権
2003年11月27日-30日 ISUグランプリシリーズ NHK杯旭川 1
73.65
2
131.86
2
205.51
2003年11月6日-9日 ISUグランプリシリーズ 中国杯北京 2
67.70
1
137.60
1
205.30


2002-2003 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2003年3月24日-30日 2003年世界フィギュアスケート選手権ワシントンD.C. 2 2 2 2
2003年1月12日-19日 全米フィギュアスケート選手権ダラス - 1 3 2


2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月16日-24日 2002年世界フィギュアスケート選手権長野 1 4 2 2
2002年2月9日-21日 ソルトレイクシティオリンピックソルトレイクシティ - 3 3 3
2002年1月6日-13日 全米フィギュアスケート選手権ロサンゼルス - 1 2 2
2001年12月14日-16日 2001/2002 ISUグランプリファイナルキッチナー - 3 3 3
3
2001年11月8日-11日 ISUグランプリシリーズ スパルカッセン杯ゲルゼンキルヒェン - 2 2 2
2001年10月24日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカコロラドスプリングス - 2 1 1


2000-2001 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2001年3月17日-25日 2001年世界フィギュアスケート選手権バンクーバー 3 4 4 4
2001年1月14日-21日 全米フィギュアスケート選手権ボストン - 3 1 1
2000年11月7日-12日 ISUグランプリシリーズ スパルカッセン杯ゲルゼンキルヒェン - 2 2 2
2000年10月25日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカコロラドスプリングス - 2 1 1


1999-2000 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2000年3月26日-4月2日 2001年世界フィギュアスケート選手権ニース 8 7 10 11
2000年1月13日-16日 1999/2000 ISUグランプリファイナルリヨン - 4 5 3
1
2000年1月6日-13日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド - 2 2 2
1999年12月2日-5日 ISUグランプリシリーズ NHK杯名古屋 - 2 2 2
1999年10月28日-31日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカコロラドスプリングス - 3 2 2


1998-1999 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
1999年3月21日-28日 1999年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 5 13 12 12
1999年2月21日-28日 1999年四大陸フィギュアスケート選手権ハリファックス - 12 13 13
1999年1月7日-14日 全米フィギュアスケート選手権ソルトレイクシティ - 2 3 3
1998年11月26日-29日 ISUグランプリシリーズ ロシア杯モスクワ - 7 12 12


1997-1998 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
1998年1月4日-11日 全米フィギュアスケート選手権フィラデルフィア - 6 - 棄権
1997年12月6日-8日 1997/1998 ISUジュニアシリーズファイナルローザンヌ - 4 1 1
1997年11月22日-29日 1998年世界ジュニアフィギュアスケート選手権セントジョン 6 - - 棄権
1997年9月25日-28日 ISUジュニアシリーズ ウクライナ記念ドニプロペトロウシク - 1 1 1
1997年8月25日-29日 ネーベルホルン杯オーベルストドルフ - 1
1997年8月19日-23日 ISUジュニアシリーズ サン・ジェルヴェサン・ジェルヴェ - 1

プログラム[編集]

シーズン SP FS
2005-2006[1][2] シング・シング・シング
映画『スウィング・キッズ』サウンドトラックより
禿山の一夜
作曲:モデスト・ムソルグスキー
2004-2005[2][3] ピアノ協奏曲第3番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
クイーン・シンフォニー
作曲:トルガ・カシフ
2003-2004[2][3] ロミオとジュリエット
作曲:セルゲイ・プロコフィエフ
クイーン・シンフォニー
作曲:トルガ・カシフ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『フィギュアスケート選手名鑑 2006』新書館、2005年12月、p.98
  2. ^ a b c d e f g h i j 斎藤貴子編『COLORS フィギュアスケート男子シングルフォトブック』あおば出版、2006年2月、pp.98-99
  3. ^ a b c d e f g h i j k アメリカフィギュアスケート協会によるバイオグラフィー
  4. ^ a b c d e 国際スケート連盟によるバイオグラフィー
  5. ^ 梅田香子「クワドラプルジャンプ伝説」『PASSION 2009 フィギュアスケート男子シングルフォトブック』双葉社、2009年2月、pp.84-85
  6. ^ 国際スケート連盟による1999年スケートアメリカレポート。なお、1つのプログラムで4回転を3度成功させたのは、現在でもゲーブルを含めて世界で4人だけである。他の成功者は本田武史張民ブライアン・ジュベール(『Cutting Edge』p.19、国際スケート連盟による2003年四大陸選手権レポート)。
  7. ^ SENIOR PROFILE: Tim Goebelコロンビア大学新聞、2010年5月17日

外部リンク[編集]