佐藤駿 (フィギュアスケート選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤 駿
Shun SATO
フィギュアスケート選手
2019年JGPレークプラシッド表彰式での佐藤駿
生誕 (2004-02-06) 2004年2月6日(20歳)
日本宮城県仙台市
居住地 埼玉県
身長 162センチメートル
出身校 埼玉栄高等学校
選手情報
代表国 日本の旗 日本
カテゴリー 男子シングル
コーチ
所属クラブ
練習拠点 埼玉アイスアリーナ
開始 2009年
最高ランク 6位(2023–24シーズン)
ISUサイト バイオグラフィ
ISUパーソナルベストスコア
+5/-5 GOEシステム
総合274.592024年四大陸選手権
SP99.202024年四大陸選手権
FS182.932023年エスポーグランプリ
大会成績
主要国際大会 1 2 3
四大陸選手権 0 1 1
ジュニアグランプリファイナル 1 0 0
合計数 1 1 1
国内大会 1 2 3
全日本ジュニア選手権 0 2 0
獲得メダル
   四大陸選手権
2024 上海 男子シングル
2023 コロラドスプリングス 男子シングル
ジュニアグランプリファイナル
2019 トリノ 男子シングル

佐藤 駿(さとう しゅん、英語: Shun Sato, 2004年2月6日 - )は、宮城県仙台市出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)、明治大学在学中。マネジメントはIMG TOKYO

主な実績は、2024年四大陸選手権2位、2023年四大陸選手権3位、2019年ジュニアグランプリファイナル優勝、2018年・2019年全日本ジュニア選手権2位、全日本ノービス選手権4連覇(2015・2016年Aクラス、2013・2014年Bクラス)など。

人物[編集]

宮城県仙台市生まれ。血液型はO型。一人っ子。仙台市立高森小学校埼玉栄中学校から埼玉栄高校を経て、明治大学政治経済学部へ進学。

試合前はゲン担ぎでヒレカツ、試合後は必ず寿司を食べる。寿司はマグロが好きで特にネギトロが好物[1]

5歳の時、スケートリンクに遊びに連れて行ってもらったことがきっかけで、仙台市アイスリンク仙台スケートを始める[2]

2011年には東日本大震災の影響により関東地区への転校を余儀無くされ、5か月間は川越スケートセンター(埼玉県川越市/2016年3月閉鎖)に練習拠点を移した。その後、仙台市に戻り、全日本ノービス選手権にて4連覇を達成する。仙台市立高森中学校進学をするが、中学3年生になる春、父親の転勤により埼玉県転居。埼玉栄中学校へ転校する。

憧れの選手として、同じ仙台出身の羽生結弦を挙げており、幼稚園時代に羽生よりプレゼントをされたペンダントを試合で着用していると明かしている[2]。2023年現在では紛失しないよう着用はせず試合の時はティッシュケースの裏にいれたりしているとのこと[3]

パンダが好きな動物であると明かしており[4]、ノービス時代よりリンクでもパンダのティッシュケースを使っている[5]

経歴[編集]

ノービス時代[編集]

2014-15シーズン[編集]

全日本ノービス選手権Bクラスにて優勝、2連覇を達成する。初の国際試合となったガルデナスプリング杯(アドバンスドノービスクラス)では、ショートプログラム2位、フリースケーティングで2位となり、総合で2位に入る。

2015-16シーズン[編集]

全日本ノービス選手権Aクラスにて優勝、3連覇を達成する。推薦により初出場となった全日本ジュニア選手権では、ショートプログラム13位、フリースケーティングで15位となり、総合で15位に入る。2015年NHK杯のエキシビションに開催国の招待選手として参加した。

2016-17シーズン[編集]

2016年アジアフィギュア杯に出場し、アドバンスドノービスクラスで優勝。全日本ノービス選手権Aクラスで3回転アクセルに挑戦、成功とはならなかったものの1位となり、4連覇を達成[6]。推薦出場した全日本ジュニア選手権では、ショートプログラム7位、フリースケーティング16位、総合では昨年と同じ15位となる。シーズン終盤に出場したババリアンオープンでは、総合で3位となり、表彰台に上った。2016年NHK杯のエキシビションに開催国の招待選手として2年連続で参加したほか、2017年世界国別対抗戦においても開催国の招待選手としてエキシビションに参加した。

ジュニア時代[編集]

2017-18シーズン[編集]

ジュニア1年目の全日本ジュニア選手権では、ショートプログラムで得点を伸ばせず11位スタートとなる。フリースケーティングでは、3回転アクセルからのコンビネーションジャンプを成功、最後のジャンプにリカバリーで3回転アクセルを入れて成功させるなど追い上げを見せ6位、総合でも6位入賞となり、年末の全日本選手権へ初の推薦出場を決めた。

ジュニア1年目での出場となった全日本選手権では、ショートプログラムで3回転アクセルが2回転アクセルとなるものの、20位となり、初出場ながらフリースケーティングに進出する。フリースケーティングでは、2度の3回転アクセルを着氷させ16位となり、総合でも16位と健闘、新人賞を受賞した。シーズン終盤に出場したババリアンオープンでは、総合で2位となり、表彰台に上った。

2018-19シーズン[編集]

日本スケート連盟の強化指定選手に初めて選ばれる。

2018年春に父親の転勤のため埼玉県転居し、埼玉アイスアリーナ(埼玉県上尾市)に練習拠点を移す。同時に、5歳から師事した浪岡秀から、2011年東日本大震災時に川越スケートセンターで一時師事した日下匡力・浅野敬子にコーチを変更する。

全日本ジュニア選手権予選である9月の関東選手権において、2週間前に練習で成功させたばかり[7]の4回転トウループを初成功させる(採点表)。これが試合での4回転初成功となった。

全日本ジュニア選手権では、ショートプログラムで3回転ルッツ-3回転トウループのコンビネーションジャンプで最初のジャンプをオーバーターン(リンク先「オーバーローテーション」参照)するミスが出て6位となる。フリースケーティングでは4回転トウループを2本組み込む難度の高い構成を実施し、冒頭の4回転トウループ-2回転トウループでは若干着氷が乱れたものの、単独の4回転トウループは加点2点以上の出来栄えで成功、3回転アクセル-3回転トウループのコンビネーションジャンプ、単独の3回転アクセルを成功させるなど圧巻の巻き返しを見せ、フリースケーティング1位となる156.29点を獲得。総合でも222.30点を獲得して1位の壷井達也と0.49点差の2位となり、初の表彰台となった。

推薦出場した全日本選手権では、ショートプログラムにて、規定によりジュニアの大会では組み込めない4回転トウループを冒頭で実施し、加点2点以上で成功させるが、他のジャンプにミスが生じ得点を伸ばせず、64.89点で16位となる。フリースケーティングでは、冒頭の4回転トウループで転倒したものの、他のジャンプを成功させ、9位となる140.06点を獲得。総合204.95点を獲得し12位となり、ショートプログラムから順位を上げた。

2月の全国中学校スケート大会で初優勝[8]。シーズン終盤には、国際大会のチャレンジカップに派遣され、総合199.84点を獲得し優勝した[9]。地元埼玉で開催された2019年世界選手権のエキシビションに開催国の招待選手として参加した。

2019-20シーズン[編集]

初参戦となるジュニアグランプリシリーズ1戦目は、シリーズ第2戦のジュニアグランプリレークプラシッド大会に出場。ショートプログラムでは、すべてのジャンプを成功させて79.19点を獲得、首位に立つ[10]。フリースケーティングでは、他のジャンプに乱れはあったものの、単独の4回転トウループや3回転アクセル-2回転トウループを成功させ、フリー1位となる137.93点を獲得。総合では217.12点を獲得し、ジュニアグランプリシリーズ初出場で初優勝となった[11]

ジュニアグランプリシリーズ2戦目は、第6戦クロアチア杯に出場。ショートプログラム4位[12]、フリースケーティング4位、総合で219.69点を獲得して3位となり[13]、2戦連続で表彰台に上った。

レークプラシッド大会優勝・クロアチア杯3位となった佐藤は、上位6人が進出するジュニアグランプリファイナルへのポイントにおいて26ポイント同点6位でロシアのアルトゥール・ダニエリヤンと並んだが、2位・2位のダニエリヤンに対し佐藤は1位・3位であったため最高順位で1位の結果を持つ佐藤が優先となり、鍵山優真とともにジュニアグランプリファイナルへの進出が確定した[14]

10月の東日本選手権では、フリースケーティングでミスが相次ぎ[15]、鍵山優真・三浦佳生に次いで総合3位となる。この大会まで4回転はトウループとサルコウで実施していた。

日本人2人目となる4回転ルッツ成功

11月、地元埼玉アイスアリーナで開催された第11回AUTUMN KOBATONフィギュアスケート競技会において、羽生結弦に次ぎ日本人2人目となる4回転ルッツを成功させる。エッジジャンプ(サルコウ)に比べてトウジャンプ(ルッツ)のほうが得意なことから[16]、4回転サルコウを外して4回転ルッツを投入し、4回転3本の構成を成功させた。県大会ながらフリースケーティング163.50点という高得点をマークする(採点表)。

優勝候補と目され、初優勝を狙った全日本ジュニア選手権では、ショートプログラムですべてのジャンプを着氷させて3位スタートとなる[17]。しかし、優勝を狙ったフリースケーティングでは、演技冒頭に4回転ルッツに挑むも、緊張から空中で解けてしまうミスとなる[18]。演技後半は持ち直し、フリースケーティング2位となる139.01点を獲得、総合では213.20点を獲得したが、1位の鍵山優真とは37.81点差の2位となり、得点発表のキス・アンド・クライでは大粒の涙を流した[19]

ジュニアグランプリファイナル優勝

2019年ジュニアグランプリファイナル表彰式

全日本ジュニア選手権から3週間後、初出場となったジュニアグランプリファイナルでは、ショートプログラムにてすべてのジャンプを成功させ[20]、77.25点を獲得し3位につける[21]。フリースケーティングでは、演技冒頭の4回転ルッツを加点2.96点を引き出す出来栄えで成功、2回の4回転トウループ、2回の3回転アクセルも高い出来栄えで成功させると、演技後半の3連続ジャンプも成功させる完璧な演技を披露し、ジュニア世界歴代最高記録(当時)となる177.86点を獲得。総合スコアでもジュニア世界歴代最高記録(当時)となる255.11点を獲得して1位となり、2014年の宇野昌磨以来5年ぶり、日本男子4人目のジュニアグランプリファイナルチャンピオンとなった[22][23][24]

鍵山が全日本ジュニア選手権優勝により2枠のうち1枠を代表内定し、残り1枠となった世界ジュニア選手権の出場権をかけた推薦出場の全日本選手権では、ショートプログラムにて、ジャンプの基礎点が1.1倍となる演技後半に4回転トウループを成功させ[25]、国際スケート連盟非公認ながら自己ベストを上回る82.68点を獲得。自身初のショートプログラム80点超えで3位となり、憧れの羽生結弦と同じフリースケーティング最終組での滑走を決めた[26]。予定していた3回転ループではなく4回転を投入する判断は、「普通にやっても成長しない。シニアに行くなら4回転が必要」という佐藤の志願によるものだった[27][28]。フリースケーティングでは、冒頭の4回転ルッツで転倒するも、続くジャンプを決めて演技をまとめ、フリー6位となる163.82点を獲得。総合スコア246.50点を獲得し[29]、5位と健闘した[30][31]

全日本選手権の成績により、鍵山優真と共にエストニアタリンで開催される世界ジュニア選手権の代表に決定した[32][33]

1月の全国高等学校スケート競技選手権大会で1年生ながら初優勝[34]。上位者エキシビションでは、試合では投入したことのない3回転ルッツ-1回転オイラー-3回転フリップという珍しいコンビネーションジャンプを披露した。自身初めての国際大会シニアクラスとして派遣されたババリアンオープンでは、全日本選手権同様ショートプログラム後半で4回転トウループを投入。総合242.31点を獲得して優勝した[35][36]

初出場となった世界ジュニア選手権では、ショートプログラムにてすべてのジャンプを成功させ、79.30点を獲得し5位となり、上位6人で滑るフリースケーティング最終組へ入った。しかしフリースケーティングにおいて、大技4回転ルッツが2回転(および軽微なエッジエラー判定)になるなど、前半にミスが相次ぐ形となる。後半の重要なコンビネーションジャンプである3回転アクセル-3回転トウループからは持ち直し、フリースケーティングでは142.32点となり、総合221.62点で6位入賞となった。佐藤は今後の課題として、フリースケーティング1番滑走での6分間練習(リンク先「全体練習」参照)への対応や試合運びの改善について語ったが[37][38][39]、「後輩のために確実にそれだけは絶対とりたい[37]」と話した日本の同大会男子シングル次季出場枠は、出場した佐藤と鍵山優真(2位)の順位合計が「13」以内となり、2枠から3枠へ増え、国別の最大枠を確保した[40]

シニア時代[編集]

2020-21シーズン[編集]

2020年9月、無良崇人アドバイザーとし、ジャンプなどの指導を受ける[41]
2020年10月1日、フジ・コーポレーションと所属契約をした[42]
10月の関東選手権、準優勝でシニアデビュー。

2021-22シーズン[編集]

スケートアメリカ、全日本選手権で左肩を痛め、けがに苦しむシーズンとなった。2022年2月、左肩を手術。世界ジュニア選手権は欠場となった。

2022-23シーズン[編集]

左肩の故障から復帰となったシーズン。グランプリシリーズは、MKジョン・ウィルソン杯エスポーグランプリの2戦にアサイン。MKジョン・ウィルソン杯ではショートプログラム4位からフリースケーティング3位で合計3位に上げ、表彰台に立った。つづくエスポーグランプリではショートプログラム3位からフリースケーティングは自己ベストを更新する好成績で2位、合計2位で表彰台に立つとともに、ファイナル進出を勝ち取った。グランプリファイナルではショートプログラム6位と出遅れるも、フリースケーティングで4位、合計4位で表彰台にあと一歩まで迫る。全日本選手権では惜しくも4位となり表彰台を逃す。四大陸選手権ではショートプログラム6位から巻き返しフリースケーティング3位、合計3位となり、優勝した三浦佳生と共に逆転の表彰台に登った。シーズン最終戦となる予定だったチャレンジカップでは衣装に加え、ショートプログラム直前の6分間練習で靴紐が切れホックも壊れるというトラブルを乗り越え、急遽同大会ジュニア1位の佐々木晴也の衣装を借り出場し、本シーズン苦戦していたショートプログラムをノーミスで滑りきり非公認ながら95.08の高得点を記録し1位[43]、フリースケーティング、合計でも1位となり優勝した。宇野昌磨の欠場により急遽出場した国別対抗戦では調整不足で苦戦するも、フリースケーティングで意地の4回転ルッツ、後半4回転トウループを跳び日本チームとして3位となり表彰台にのぼった。

2023-24シーズン[編集]

2023年5月にカナダに渡り、アイスダンスで北京五輪金メダルを獲得したギヨーム・シゼロンにフリースケーティングの振付を依頼。シゼロンとともにスケーティングや表現力の強化を図った[44][45]。9月、エームサービス株式会社と所属契約を締結した[46]グランプリシリーズ1戦目のスケートアメリカでは、ショートプログラムでスピン・ステップ全てレベル4を獲得、91.61点の自己ベストを更新し3位発進[47]。フリースケーティングでは4回転ルッツなどジャンプでのミスもあり4位、総合では3位となった[48]。2戦目のエスポーグランプリでは、ショートプログラムで三浦佳生に次ぐ2位につけると、フリースケーティングでは自己ベストの182.93点をマークし1位、総合で三浦に約1点差の僅差で2位となった[49]。2年連続のグランプリファイナル進出はならなかった[50]

全日本選手権では、ショートプログラムで全てのジャンプを着氷させたものの、4回転フリップの踏切エラーやスピンのレベルの取りこぼしが響き5位発進[51]。フリースケーティングでは4回転ルッツを含む全てのジャンプを着氷させ183.24点をマーク、総合5位で四大陸選手権の代表に選出された[51]。2月の四大陸選手権ではショートプログラムで新たに取り入れた4回転ルッツを成功させ、自己ベストを大幅に更新する99.20点で2位発進[52]。フリースケーティングでも4回転ルッツを成功させ、合計274.59点で銀メダルを獲得した[53]

技術・演技[編集]

ルッツトウループサルコウ の3種類の4回転ジャンプを試合で成功させており、練習では4回転ループも成功させている。4回転フリップは踏切エラーがつかないクリーンな成功例はないが、試合で複数回のチャレンジを行っている。なお、実戦での4回転初成功はトウループだったが、当初しばらく試合に組み込んでいたのはサルコウだった。ジャンプが得意な選手であり、中学生の頃から4回転ジャンプをプログラム構成に組み込んでいる。「4回転ジャンプの精度や確率は誰にも負けたくない」と語っている[54]。佐藤を指導する日下匡力コーチは「(ジャンプの)回転ピッチがとにかく速い」と語っている[7]

将来シニアで戦っていくにあたり、ジャンプ以外のスピン等の上達と、体力づくりを課題としてあげている[55]

2019年ジュニアグランプリファイナルで獲得したフリースケーティングと総合スコアは、2022年世界ジュニア選手権イリア・マリニンに更新されるまで、ジュニア歴代世界最高記録であった[56]

記録[編集]

  • 男子シングルジュニアクラスフリースケーティング世界最高得点(177.86) - 2019年ジュニアグランプリファイナル ※当時
  • 男子シングルジュニアクラス総合スコア世界最高得点(255.11) - 2019年ジュニアグランプリファイナル ※当時

競技成績[編集]

ISUパーソナルベストスコア[編集]

+5/-5 GOEシステムにおける自己最高得点 [57]
部門 タイプ 得点 大会
総合 TSS 274.59 2024年四大陸選手権
SP TSS 99.20 2024年四大陸選手権
TES 57.45 2024年四大陸選手権
PCS 41.75 2024年四大陸選手権
FS TSS 182.93 2023年エスポーグランプリ
TES 100.61 2023年エスポーグランプリ
PCS 83.45 2024年四大陸選手権

戦績表[編集]

シニアクラスの戦績 
シーズン 2020–21 2021–22 2022–23 2023–24
四大陸選手権 3位 2位
GP ファイナル 4位
GP NHK杯[注 1] 5位
GP エスポーグランプリ 2位 2位
GP イギリス 3位
GP フランス杯 2位
GP スケートアメリカ 4位 3位
CS フィンランディア杯 2位
冬季ユニバーシティーゲームズ 5位
チャレンジカップ 1位
アジアフィギュア杯[注 2] 2位
世界国別対抗戦 3位
(10位)
全日本選手権 5位 7位 4位 5位
ノービス・ジュニアクラスの戦績 
シーズン 2013–14 2014–15 2015–16 2016–17 2017–18 2018–19 2019–20
世界ジュニア選手権 6位
JGP ファイナル 1位
JGP クロアチア杯 3位
JGP レークプラシッド 1位
アジアフィギュア杯 1位
チャレンジカップ 1位
ババリアンオープン 3位 N 2位 1位 S
ガルデナスプリング杯 2位 N
全日本選手権 16位 S 12位 S 5位 S
全日本ジュニア選手権 15位 15位 6位 2位 2位
全日本ノービス選手権 1位 B 1位 B 1位 A 1位 A

詳細[編集]

パーソナルベストは太字で表示

2023-2024 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2024年1月30日 - 2月4日 2024年四大陸フィギュアスケート選手権上海 2
99.20
3
175.39
2
274.59
2023年12月20日 - 24日 第92回全日本フィギュアスケート選手権長野 5
89.80
6
183.24
5
273.04
2023年11月17日 - 19日 ISUグランプリシリーズ エスポーグランプリエスポー 2
90.41
1
182.93
2
273.34
2023年10月20日 - 22日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカアレン 3
91.61
4
155.89
3
247.50
2023年10月6日 - 8日 ISUチャレンジャーシリーズ フィンランディア杯エスポー 2
87.47
2
173.76
2
261.23
2022-2023 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2023年4月13日 - 16日 2023年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 11
76.45
8
164.86
3
団体
(241.31)
2023年2月23日 - 26日 チャレンジカップ 2023ティルブルフ 1
95.08
1
167.12
1
262.20
2023年2月7日 - 12日 2023年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 6
80.81
3
178.33
3
259.14
2023年01月12日 - 22日 FISU冬季ワールドユニバーシティーゲームズレークプラシッド 3
84.43
5
146.30
5
230.73
2022年12月21日 - 25日 第91回全日本フィギュアスケート選手権門真 5
81.78
3
167.86
4
249.64
2022年12月8日 - 11日 2022/2023 ISUグランプリファイナルトリノ 6
76.62
4
173.54
4
250.16
2022年11月25日 - 27日 ISUグランプリシリーズ エスポーグランプリエスポー 3
81.59
2
180.62
2
262.21
2022年11月11日 - 13日 ISUグランプリシリーズ MKジョン・ウィルソン杯シェフィールド 4
82.68
3
166.35
3
249.03
2021-2022 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2022年4月13日 - 17日 2022年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン  
 
   
WD
2021年12月22日 - 26日 第90回全日本フィギュアスケート選手権さいたま 8
87.27
6
164.86
7
252.13
2021年11月19日 - 21日 ISUグランプリシリーズ フランス国際グルノーブル 4
87.82
3
177.17
2
264.99
2021年10月22日 - 24日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカラスベガス 5
80.52
4
166.53
4
247.05
2021年10月13日 - 17日 2021年アジアフィギュア杯北京 2
90.77
2
165.39
2 [注 2]
256.16
2020-2021 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年12月24日 - 27日 第89回全日本フィギュアスケート選手権長野 5
83.31
6
153.21
5
236.52
2020年11月27日 - 29日 2020年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会門真 7
72.04
4
142.71
5
214.75
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2020年3月2日 - 8日 2020年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 5
79.30
6
142.32
6
221.62
2020年2月3日 - 9日 2020年ババリアンオープンオーベルストドルフ 1
82.18
1
160.13
1
242.31
2019年12月19日 - 22日 第88回全日本フィギュアスケート選手権東京 3
82.68
6
163.82
5
246.50
2019年12月5日 - 8日 2019/2020 ISUジュニアグランプリファイナルトリノ 3
77.25
1
177.86
1
255.11[59]
2019年11月15日 - 17日 第88回全日本フィギュアスケートジュニア選手権横浜 3
74.19
2
139.01
2
213.20
2019年9月25日 - 28日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 4
78.41
4
141.28
3
219.69
2019年8月28日 - 31日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 1
79.19
1
137.93
1
217.12
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年2月21日 - 24日 2019年チャレンジカップジュニアクラス (ハーグ 1
71.17
1
128.67
1
199.84
2018年12月20日 - 24日 第87回全日本フィギュアスケート選手権門真 16
64.89
9
140.06
12
204.95
2018年11月23日 - 25日 第87回全日本フィギュアスケートジュニア選手権福岡 6
66.01
1
156.29
2
222.30
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年1月26日 - 31日 2018年ババリアンオープンジュニアクラス(オーベルストドルフ 1
63.71
3
119.63
2
183.34
2017年12月21日 - 24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権調布 20
57.77
16
127.75
16
185.52
2017年11月24日 - 26日 第86回全日本フィギュアスケートジュニア選手権前橋 11
59.64
6
120.56
6
180.20
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年11月18日 - 20日 第85回全日本フィギュアスケートジュニア選手権札幌 7
55.89
16
101.14
15
157.03
2016年10月21日 - 23日 第20回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(尼崎  
 
1
103.21
1
103.21
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年11月21日 - 23日 第84回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか 13
50.11
15
93.35
15
143.46
2015年10月23日 - 25日 第19回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Aクラス(西東京  
 
1
96.95
1
96.95
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年10月24日 - 26日 第18回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(高槻  
 
1
82.90
1
82.90
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年10月25日 - 27日 第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権 Bクラス(ひたちなか  
 
1
73.13
1
73.13

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2023-2024 Libertango
作曲:アストル・ピアソラ
振付:宮本賢二
四季
作曲:アントニオ・ヴィヴァルディ
振付:ギヨーム・シゼロン
シークレット
曲:ワンリパブリック
2022-2023 Carol of the Bells
編曲:マイコラ・レオントーヴィッチュ
演奏:リンジー・スターリング
振付:佐藤有香
レッド・バイオリン
曲:ジョン・コリリアーノ
振付:宮本賢二
Flower Dance
曲:DJ Okawari
2021-2022 四季より『夏』
作曲:アントニオ・ヴィヴァルディ
振付:佐藤有香
ミュージカル『オペラ座の怪人』より
作曲:アンドルー・ロイド・ウェバー
振付:宮本賢二
映画『ロシュフォールの恋人たち』より
キャラバンの到着
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:佐藤操
2020-2021 映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』より
Pirates of the Caribbean
To the Pirate's Cave
Skull and Crossbones

作曲:クラウス・バデルトハンス・ジマー
振付:ブノワ・リショー
『Battle of the Kings』
House of the Cards
Danuvius
Guardian at the Gate
作曲:Audiomachine
振付:ブノワ・リショー
Headlight

曲:MONKEY MAJIK
振付:浅野敬子
[39]

2019-2020 映画『ロシュフォールの恋人たち』より
キャラバンの到着
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:佐藤操
映画『ロミオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
振付:川越正大
映画『戦場のメリークリスマス』より
作曲:坂本龍一
振付:川越正大
2018-2019 映画『戦場のメリークリスマス』より
作曲:坂本龍一
振付:川越正大
マラゲーニャ
作曲:エルネスト・レクオーナ
振付:佐藤操
Flower Dance

作曲:DJ Okawari

2017-2018 ニューヨーク・ニューヨーク
作曲:ジョン・カンダー
振付:岩本英嗣
ピアノ協奏曲 イ短調
作曲:エドヴァルド・グリーグ
振付:岩本英嗣
2016-2017 ピアノ協奏曲 イ短調
作曲:エドヴァルド・グリーグ
振付:岩本英嗣
クラシックメドレー:BBB(ビー)
演奏:D.F.O
振付:岩本英嗣
2015-2016 剣闘士の入場
作曲: ユリウス・フチーク
回転木馬のワルツ
作曲:リチャード・ロジャース
振付:岩本英嗣
2014-2015 剣闘士の入場
作曲: ユリウス・フチーク
回転木馬のワルツ
作曲:リチャード・ロジャース
振付:岩本英嗣
2013-2014 1812年(序曲)

作曲:ピョートル・チャイコフスキー

受賞歴[編集]

スポンサーシップ・アンバサダー・アドバイザリー・サポート契約[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2020–21シーズンのNHK杯は国際スケート連盟非公認大会である。
  2. ^ a b 2021–22シーズンのアジアフィギュア杯は、ISUチャレンジャーシリーズの規定に満たないため、国際スケート連盟非公認大会である[58]

出典[編集]

  1. ^ フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2019 熱戦のシーズンイン特集号. 山と溪谷社. (2018-12-14). pp. 89-91. ISBN 9784635924870 
  2. ^ a b “ジュニア男子・佐藤駿 憧れ“羽生ロード”仙台出身15歳いよいよ勝負の銀盤へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年12月5日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/12/05/kiji/20191204s00079000434000c.html 2019年12月8日閲覧。 
  3. ^ 羽生結弦さんが僕にくれた宝 ティッシュケースに「お守り」を入れて:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2023年10月11日). 2023年10月21日閲覧。
  4. ^ “「スーパー・サトウだ」佐藤駿が世界新記録でジュニアGPファイナルを制覇!小塚、羽生、宇野に続く日本人4人目の快挙!”. THE DIGEST (日本スポーツ企画出版社). (2019年12月8日). https://thedigestweb.com/topics_detail13/id=6823 2019年12月15日閲覧。 
  5. ^ “フィギュアスケート・全日本ノービスで見つけた未来のスター候補達 【ノービスA男子】【 1 / 16 】”. Walker+ (角川書店). (2016年11月17日). https://www.walkerplus.com/trend/matome/article/92643/image518358.html 2019年12月15日閲覧。 
  6. ^ “圧巻の全日本ノービス4連覇!佐藤駿「憧れの羽生結弦を超えたい」”. Walker+ (角川書店). (2016年11月17日). https://www.walkerplus.com/trend/matome/article/92643/ 2019年12月8日閲覧。 
  7. ^ a b フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020 シーズン開幕スペシャル. 山と溪谷社. (2019-12-17). pp. 102-105. ISBN 9784635907170 
  8. ^ 第39回全国中学校スケート大会(全中)男子シングルレビュー”. news.jsports.co.jp. 2020年1月9日閲覧。
  9. ^ “横井、佐藤、本田が優勝 チャレンジ杯/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年2月22日). https://web.archive.org/web/20191208075512/https://www.sanspo.com/sports/news/20190222/fgr19022220410004-n1.html 2019年12月8日閲覧。 
  10. ^ “またジュニアの新星登場 15歳佐藤駿が完璧3Aで首位、米メディア称賛「素晴らしい」”. THE ANSWER (Creative2). (2019年8月30日). https://the-ans.jp/news/80780/ 2019年12月9日閲覧。 
  11. ^ “日本男子フィギュアに明るい光 15歳・佐藤駿がJGP初出場V、日本勢は2週連続制覇”. THE ANSWER (Creative2). (2019年8月31日). https://the-ans.jp/news/80888/ 2019年12月8日閲覧。 
  12. ^ “佐藤、浦松がSP4位 ジュニアGP・クロアチア大会/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年9月27日). https://web.archive.org/web/20191208075510/https://www.sanspo.com/sports/news/20190927/fgr19092714120003-n1.html 2019年12月8日閲覧。 
  13. ^ “佐藤駿が3位 フィギュア・ジュニア・グランプリ”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年9月28日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201909280000195.html 2019年12月8日閲覧。 
  14. ^ “鍵山優真、佐藤駿がファイナルへ ジュニアGP/フィギュア”. SANSPO.COM (産経新聞社). (2019年10月6日). https://web.archive.org/web/20191208075513/https://www.sanspo.com/sports/news/20191006/fgr19100619130005-n1.html 2019年12月18日閲覧。 
  15. ^ Quadruple Axel 編集部 [@AxelQuadruple] (2019年10月28日). "〈東日本選手権〉ジュニア男子3位 佐藤駿選手「(東日本は)ショートはよかったんですけど、フリーで体力がまだついていないなと実感したので、体力づくりとか基礎的なことを頑張っていきたいです。4Sは練習が足りないなと思ったので、次の全日本ジュニアまでに直していきたいです」 写真_小橋城". X(旧Twitter)より2020年3月5日閲覧
  16. ^ “佐藤駿、ジュニアGPファイナル制覇!ネイサン・チェンが「グレイト!」。”. NumberWEB (文藝春秋). (2019年12月14日). https://number.bunshun.jp/articles/-/841814?page=2 2020年3月4日閲覧。 
  17. ^ “フィギュア男子SP、鍵山が首位全日本ジュニア選手権第2日”. デイリースポーツオンライン (デイリースポーツ). (2019年11月16日). https://www.daily.co.jp/general/2019/11/16/0012883095.shtml 2019年12月8日閲覧。 
  18. ^ 15歳・佐藤駿は、なぜ大舞台で世界新を出せたのか? 4回転ルッツの苦い経験と飽くなき挑戦”. REAL SPORTS (2019年12月17日). 2020年3月4日閲覧。
  19. ^ “フィギュア鍵山、河辺が初優勝 全日本ジュニア選手権”. 東京新聞TOKYO Web (中日新聞社). (2019年11月17日). https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019111701002936.html 2019年12月8日閲覧。 
  20. ^ “佐藤駿はSP3位「ノーミスの演技で良かった」 ジュニアGPファイナル”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年12月5日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/12/05/kiji/20191206s00079000048000c.html 2019年12月8日閲覧。 
  21. ^ “佐藤駿SP3位、鍵山6位 ジュニアGPファイナル”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月6日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912060000156.html 2019年12月8日閲覧。 
  22. ^ “フィギュア男子、佐藤駿が逆転V…ジュニアGPファイナル”. 読売新聞オンライン (読売新聞社). (2019年12月8日). https://www.yomiuri.co.jp/sports/winter/20191208-OYT1T50024/ 2019年12月8日閲覧。 
  23. ^ “佐藤駿 日本男子4人目V 4回転ルッツ成功でジュニア世界新「正直ビックリ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年12月8日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/12/07/kiji/20191208s00079000135000c.html 2019年12月8日閲覧。 
  24. ^ “フィギュア界に新星!佐藤駿が世界歴代最高点で優勝”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月8日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912080000659.html 2019年12月9日閲覧。 
  25. ^ “15歳・佐藤駿が圧巻演技でSP3位…ジュニア王者が初の80点超え「うれしい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年12月21日). https://hochi.news/articles/20191221-OHT1T50064.html 2019年12月22日閲覧。 
  26. ^ “15歳・佐藤駿が3位発進、フリーは憧れ羽生結弦と最終グループに”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年12月20日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/12/20/kiji/20191220s00079000457000c.html 2019年12月22日閲覧。 
  27. ^ “15歳佐藤駿「普通にやっても成長しない」直訴の4回転”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月21日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912210000101.html 2019年12月21日閲覧。 
  28. ^ “佐藤駿の4回転トーループ成功に驚くコーチ、フリーも「かっ飛ばします!」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年12月20日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/12/20/kiji/20191220s00079000348000c.html 2020年3月5日閲覧。 
  29. ^ “ジュニア王者・佐藤駿、163・82点、合計246・50点の躍進”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年12月22日). https://hochi.news/articles/20191222-OHT1T50167.html 2019年12月22日閲覧。 
  30. ^ “15歳の佐藤駿、成長を実感 最終グループで滑走”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2019年12月22日). https://www.asahi.com/articles/ASMDQ51JXMDQUTQP00Z.html 2019年12月22日閲覧。 
  31. ^ “ジュニア佐藤駿が5位奮闘、羽生は「迫力がすごい」”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月22日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912220000915.html 2019年12月22日閲覧。 
  32. ^ “鍵山、佐藤駿、川畑ら代表 フィギュアの世界ジュニア”. みんゆうNet (福島民友新聞社). (2019年12月22日). https://www.minyu-net.com/newspack/KD2019122201002063.php 2019年12月22日閲覧。 
  33. ^ “鍵山優真、佐藤駿ら/ジュニア世界選手権・代表一覧”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月22日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912220001005.html 2019年12月23日閲覧。 
  34. ^ 第69回全国高等学校フィギュアスケート競技選手権大会【男子シングル】レビュー”. news.jsports.co.jp. 2020年4月11日閲覧。
  35. ^ ババリアンオープン、男子シングルで16歳・佐藤駿が初優勝!3位に18歳・木科雄登と日本人ふたりが表彰台”. THE DIGEST. 2020年4月11日閲覧。
  36. ^ 佐藤駿が優勝 フィギュア・ババリアンOP、フリーもトップ”. 日本経済新聞 電子版. 2020年4月11日閲覧。
  37. ^ a b 鍵山優真、銀でも「悔しくて複雑」。フィギュア世界ジュニア男子詳報。(田村明子)”. Number Web - ナンバー. 2020年7月5日閲覧。
  38. ^ 【世界ジュニア選手権2020】 6位入賞 佐藤駿の胸の内は…”. フジテレビュー!!. 2020年7月5日閲覧。
  39. ^ a b フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020 シーズン総集編 希望の銀盤. 山と渓谷社. (2020-7-15). pp. 102-105. ISBN 978-4-635-90735-4 
  40. ^ ユース五輪王者・鍵山優真2位 フリーでミス相次ぐ フィギュア・世界ジュニア”. 毎日新聞. 2020年7月5日閲覧。
  41. ^ 佐藤駿が練習公開「まずは自分に勝たないと」無良崇人さんの指導で成長実感”. スポーツニッポン (2020年10月21日). 2021年9月2日閲覧。
  42. ^ フィギュアスケート 佐藤駿選手との所属契約締結についてのご案内 -地元出身の佐藤駿選手の競技活動を応援します-”. 株式会社フジ・コーポレーション (2020年10月1日). 2020年11月1日閲覧。
  43. ^ 【フィギュア】チャレンジカップで佐藤駿が自己ベスト大幅更新SP首位 同学年佐々木の衣装借り - フィギュア : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2023年10月21日閲覧。
  44. ^ 佐藤駿×シゼロンが生み出す新感覚 「スケーティングも伸ばしたい」:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2023年6月27日). 2023年12月25日閲覧。
  45. ^ 佐藤駿、初の海外振付で受けた刺激。“世界一の表現力”が合わさった化学反応に期待の今季|FNNプライムオンライン”. FNNプライムオンライン (2023年10月23日). 2023年12月25日閲覧。
  46. ^ フィギュアスケート佐藤駿選手と所属契約を締結しました”. エームサービス株式会社 (2023年9月1日). 2023年9月24日閲覧。
  47. ^ 3位発進の佐藤駿「良い滑り出しができた」スピン&ステップに手応え スケートアメリカ」『毎日新聞』、2023年10月21日。2023年12月14日閲覧。
  48. ^ フィギュアGPシリーズ初戦 男子シングル 佐藤駿が3位」『NHKニュース』、2023年10月22日。2023年12月14日閲覧。
  49. ^ フィギュア男子、三浦佳生が初優勝 佐藤駿2位・島田高志郎6位」『毎日新聞』、2023年11月18日。2023年12月14日閲覧。
  50. ^ 「[https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/1154392 フィギュア日本勢は男女3人ずつ GPファイナル進出者]」『京都新聞』、2023年11月25日。2023年12月14日閲覧。
  51. ^ a b 佐藤駿 四大陸選手権代表に選出/国際大会代表選手発表」『明スポ』、2023年12月25日。2023年12月25日閲覧。
  52. ^ 佐藤駿、自己ベスト大幅更新も無反応「ビックリして感情がなくなった」99・20点で2位発進”. スポーツ報知 (2024年2月1日). 2024年2月4日閲覧。
  53. ^ 2位の佐藤駿 SPとフリーで4回転ルッツ成功「来季に向けて凄く良い大会になった」 四大陸選手権”. Sponichi Annex. スポーツニッポン (2024年2月3日). 2024年2月4日閲覧。
  54. ^ “世界記録超えの鍵山と“ジャンプの天才”佐藤、ポスト羽生世代の超新星”. AERAdot. (朝日新聞出版). (2019年11月18日). https://dot.asahi.com/articles/-/102621?page=1 2019年12月8日閲覧。 
  55. ^ “前年のファイナル王者に勝利!ジュニアGP初優勝・佐藤駿。”. NumberWEB (文藝春秋). (2019年9月2日). https://number.bunshun.jp/articles/-/840582?page=3 2019年12月8日閲覧。 
  56. ^ “佐藤駿がジュニアV 羽生結弦らに続く日本人4人目”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2019年12月8日). https://www.nikkansports.com/sports/news/201912080000025.html 2019年12月8日閲覧。 
  57. ^ "Personal Bests - Shun SATO (JPN)" [パーソナルベスト - 佐藤駿(日本)]. 2024年2月26日. 2024年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月27日閲覧
  58. ^ "フィギュア北京五輪テスト大会に鍵山優真、紀平梨花ら派遣 10・13開幕". 日刊スポーツ. 2021年9月13日. 2021年11月23日閲覧
  59. ^ 2019/2020ジュニアグランプリファイナルResult

外部リンク[編集]