キス・アンド・クライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2002年全米フィギュアスケート選手権でコーチと共にキス・アンド・クライで待機するミシェル・クワン

キス・アンド・クライKiss and Cry)は、フィギュアスケート競技会で競技後、選手コーチが採点結果の発表を待つために、スケートリンク脇に設置された小さなスペース[1]

概要[編集]

選手とコーチは、しばしば良い演技をした後に、それを祝うために接吻をしたり、失意のを流したりするので、その名前が付けられた。この場所は、通常、リンクの角または端に位置し、スケーター及びコーチが競技結果を見る為のモニターが設置されており、ベンチまたは椅子が備えられている。テレビ中継や報道機関の写真撮影のために、やその他で装飾されていることが多い。

1983年ヘルシンキで開催された世界フィギュアスケート選手権で大会組織委員であったフィンランドのフィギュアスケート役員ジェーン・エルコが、イベントに先立ってアリーナを訪れた際に、テレビ局の技術者の口からその名前が出たと言われている[2][3]オリンピックでは、1984年サラエボオリンピックで公式の待機場所が登場した。「キス・アンド・クライ」という言葉は1990年代初めから広く使われていたが、国際スケート連盟規則でも公式に使用されている[4]。「キス・アンド・クライ」はオリンピックで非常に人気のある[5]。アメリカとその他の各国のスケート連盟は、待機中の振る舞いをスケーターに指導している[5]

いくつかの体操競技でも「キス・アンド・クライ」という言葉が使われている[6]

脚注[編集]