ベンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベンチ
公園にある石造のベンチ/スペイン
庭にあるベンチ
公園の金属製ベンチで眠る人々/イランの首都テヘラン
現代的デザインの金属製ベンチ
デスヴァレー国立公園のベンチ
アメリカ合衆国カリフォルニア州にあるデスヴァレー国立公園北東部の標高3,755ft(約1,144.5m)地点にぽつんと置かれている木製ベンチ。世界中の景勝地にベンチを設置してまわっている Mano Seca Group が、シエラネバダ山脈の圧倒的眺望を座して楽しむことを目的として設置した。
広告があるベンチ
プレーヤーズ・ベンチ/バルセロナカンプ・ノウ

ベンチ(英語: bench)は、古代より伝統的には、背もたれの無い腰掛け(腰を下ろすための台)の一種を指す。しかし現代では、横に長い椅子の形状をした腰掛けをも指す。

概要[編集]

昔ながらの背もたれ無しの腰掛け型や、長い椅子型のほか、上から見ると円形楕円形三角形のものや、その他様々な形状のものがある。個々の区画に区切ることがないため、肘掛けがないか、あっても両端部にのみ設置しているものが多い。また、背の部分がない椅子であることも多い。材質としては、石造りのものは古代から世界各地に存在した。現代の都市社会では、座面には木製、合成樹脂製等が用いられ、脚部に金属が用いられるものが主流となっているが、コンクリート等で脚部が地面に固定されている据え付け型も少なくはない。

ベンチは、広場公園街路樹のある場所、待合室プラットホームなどといった、公共空間に設けられていることが多い。

定員については、一人掛けのものもあるが、基本的には2人以上座れるものが多い。しかし、鉄道車両のロングシートなど設計上の定員はあるものでも、設計が古い、荷物置き等に使われるなどで、実際にその定員を守ることが利用者のマナーに委ねられる事例がままある。

現代の都市社会において、公共施設に設置されるベンチにはリサイクル材が用いられることが多いと言えるかもしれない。少なくとも環境問題に比較的意識の高い現代のヨーロッパ日本などといった地域ではそうである。変わった事例としては、日本の京王電鉄が使用済みの定期乗車券パスネットカードを回収して再利用した「エコベンチ」[1](日本初の試みとして2000年[平成12年]に着手[1])がある。

スポーツにおいては、競技場内で選手やコーチなどが試合中に着席するために使用されている椅子、すなわち「プレーヤーズ・ベンチ」を指すが、その椅子を含めて競技者が控えるエリアをベンチと呼ぶことが多い。そのため、選手として出場登録されることを「ベンチ入り」、控えとして入ることを「ベンチスタート」と表現する。このエリアを指す場合、サッカーでは「テクニカル・エリア」、野球では、グラウンドレベルより床が低いものを「ダッグアウト」と呼ぶこともある。また、特に野球においては監督・コーチ陣など作戦を担当する者たちをベンチと称する場合があり、メジャーリーグベースボール (MLB) ではコーチングスタッフのうち監督に次ぐ地位の役職を「ベンチコーチ」(日本のヘッドコーチに該当)と呼んでいる。

なお、自動車の一部座席が平面のベンチシートがあるが、背ずりがあり、また自動車用の椅子でもあることから、安全装置としてシートベルトが設置されているため、乗客の位置が決まっている。(通常はバケットシートと呼ばれる座面にくぼみがあるシートが使われる)

記録に残るベンチ[編集]

世界最長クラスのベンチは、国際的に一般にあまり知られてはいないと見えて、各物件の関係者や関心を持つ人が個別に「世界最長」を謳っている。事実に反して公式当事者が謳っている場合や、記録を他所に更新されたものが世界一の“看板”を下ろさない場合もあり、それらを元にした記事は観光情報サイトを含めてインターネット上では数多い。

ギネス世界記録による「世界一長いベンチ」は、日本の南砺市にある瑞泉寺前に設置された全長653.02mの木製ベンチ[2][3][4][5]か、ブルガリア南西部の町パザルジクにある全長1,015mの木製ベンチ[6]のいずれかである。パザルジクのベンチのほうが瑞泉寺前のベンチより長いことや、瑞泉寺前のベンチになぜ「木製」という限定条件が付け足されているのかが疑問点としてあり、これに対する解答は見当たらない。また、イギリスのリトルハンプトンにある風変わりなベンチ(後述)も世界最長の可能性がある一つである。

長いベンチの一覧[編集]

ブルガリア南西部の町パザルジクにある全長1,015mの木製ベンチで、協力者2,020人の手を借りて設置された。製作費は12万レフ。ギネス世界記録公認か(詳細不明)。建築家ディミタール・ボイユクリエフ (Dimitar Boyukliev) の作。[6]
よじれたリボンのように複雑に湾曲する部分を含みながら直線的な所は長く伸びる、極めてユニークな造形でデザインされたマルチカラー・ベンチ(座面は木製、骨組みは金属製)で、2010年7月30日、イングランドウェスト・サセックス州の町リトルハンプトン英語版にある臨海地区の遊歩道沿いに設置された[7][8]。作られた時点では全長(総延長距離)324m[7][8]であったが、その後、何度も延伸されてゆき、621m[7]、655m[9]と記録を伸ばしている。「イギリス一長いベンチ」で[8]、「世界一長いベンチ」とも呼ばれているが、ギネス世界記録には見られない。なお、655mというのは湾曲に湾曲を重ねた総延長距離の数字かも知れず、普通に座れる平面的形状部分の長さではもっと短い可能性がある。長さを稼ぐための簡素な作りのベンチではない。
  • 南砺市、瑞泉寺前のベンチ日本の旗 日本
全長653.02mの木製ベンチで、「世界一長い木製ベンチ」としてギネス世界記録に登録されている[2][3]。木彫(木製彫刻)の国際大会である「国際木彫刻キャンプ」の2011年大会会場となった真宗大谷派井波別院 瑞泉寺(在・富山県南砺市)にて、2011年平成23年)8月28日、当寺を発祥地とする伝統工芸井波彫刻」による地域おこしの一環として、同寺の境内から門前の通りにほぼ一直線に長く伸びる[5]ベンチが設置され[10]、当日中にギネス世界記録に認定された[2][3][4]。「アジア一長いベンチ」、「日本一長いベンチ」でもある。使われた材は板およそ320枚[5]。このベンチはに見立てられ、寺から最も遠い側の先端には着彩された龍の木彫が据え付けられた[5]
ポーランド西部の町オシェチュナ英語版スタジアムに設けられた全長613.13mの木製ベンチで、瑞泉寺前のベンチが登場する以前は「世界一長いベンチ」としてギネス世界記録に登録されていた[6][9]
ドイツ北部はシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州の町レンズブルク英語版にある全長501.35mのベンチで、「世界一長いベンチ」と呼ばれている[11][9][12]
サンセットヒルイン増穂のベンチ
石川県志賀町富来領家町(旧・富来町領家町)の増穂浦海岸沿いにある長いベンチ。全長460.9mで、かつて世界一長いベンチとしてギネス世界記録に登録されていた。
  • サンセットヒルイン増穂のベンチ日本の旗 日本
過去の記録をそのまま名乗って「世界一長いベンチ」と呼ばれることが多く、「富来町にある、世界一長いベンチ」「志賀町にある、世界一長いベンチ」などとも呼ばれる。石川県羽咋郡富来町領家町(現在の志賀町富来領家町)の増穂浦海岸沿い(「サンセットヒルイン増穂」はこの区域の名称)にて、1987年(昭和62年)3月29日に[13]同町が設置した全長460.9mの木製ベンチで[14][15]、かつて「世界一長いベンチ」としてギネス世界記録に登録されていた。
  • 帯広市、緑ヶ丘公園のベンチ日本の旗 日本
北海道帯広市公園東町5丁目の緑ヶ丘公園にて、1981年(昭和56年)5月[16][17][18]、市民の手で設置された全長400mのベンチ[16][19][18]。富来町に記録を塗り替えられた際、世界一の称号を取り戻すために延伸すべきとの声も挙がったが、帯広市のベンチは市街地の公園に設置されたものであり、海岸沿いにあるためいくらでも延長できる富来町のベンチとの競争は不利であるとの市当局による判断があり、延伸は見送られた[20]
  • ジュネーヴ旧市街、トレイユ坂上の公園ベンチスイスの旗 スイス
スイスの首都ジュネーヴの旧市街にあるトレイユ坂の上にある小公園[21]に設置されている全長126mのベンチで、かつて「世界一長いベンチ」としてギネス世界記録に登録されていた[21][22][23]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 環境保全への取り組み”. (公式ウェブサイト). 京王グループ. 2012年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月1日閲覧。 “定期券のリサイクル : 2000(平12)年から、日本で初めて、使用済み定期券を再利用した「エコベンチ」を設置しています。また、現在導入しているユニバーサルベンチやホーム待合室内のベンチにも定期券をリサイクルしています。”
  2. ^ a b c Longest bench made from wood - Guinness World Records (official website).
  3. ^ a b c 日本の記録”. (公式ウェブサイト). ギネス・ワールド・レコーズ 地域活性化委員会 (2012年). 2012年10月30日閲覧。
  4. ^ a b 世界一長い木製ベンチ ギネス世界記録認定!”. 地域ブランドNEWS(ウェブサイト). ブランド総合研究所 (2011年8月29日). 2012年11月1日閲覧。
  5. ^ a b c d 井波彫刻の聖地、瑞泉寺に 世界の木彫刻家が集まりました”. (ウェブサイト). 富山市ウオーキング協会、富山市体育教会 (2011年8月28日). 2012年11月1日閲覧。
  6. ^ a b c Longest Bench - The Pazardzhik bench setting the new world record for the Longest Bench (made from wood) - Guinness World Records”. 4to40.com (website). 4to40 (2011年5月10日). 2012年10月31日閲覧。
  7. ^ a b c Longest bench in Britain comes to Littlehampton” (en). The Architect's Journal News (website). The Architect's Journal (2010年8月3日). 2012年11月1日閲覧。
  8. ^ a b c Littlehampton's Long Bench”. Sussex by the sea (website). New Mind (2012年1月1日). 2012年11月1日閲覧。
  9. ^ a b c Topic started by: thelocalbuzz on September 23, 2009, 05:03:27 AM”. Littlehampton Forum (website). 2012年10月31日閲覧。
  10. ^ 南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ2011”. (公式ウェブサイト). 南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ実行委員会事務局 (2011年8月). 2012年11月1日閲覧。
  11. ^ Kiel Canal”. ShipParade.com. ShipParade!. 2012年10月31日閲覧。 “Rendsburg is the largest city you will pass during your Kiel Canal transit. The town holds the dubious reputation of having the world's longest bench (501 m / 1,643 ft) on the banks of the canal.”
  12. ^ bench / Bank / Discuss”. Flickr (website). 2012年10月31日閲覧。
  13. ^ 世界一長いベンチ〔サンセットヒルイン増穂〕(志賀町・旧富来町)”. みんカラ(ウェブサイト、自動車SNS (2011年8月10日). 2012年11月1日閲覧。 “昭和62(1987)年3月29日に完成しました。”
  14. ^ サンセットヒルイン増穂浦”. (公式ウェブサイト). 志賀町観光協会. 2012年11月1日閲覧。
  15. ^ 増穂浦海岸”. 日産ドライブナビ(ウェブサイト). 日産自動車 (2006年9月14日). 2012年11月1日閲覧。
  16. ^ a b 第478回普段着のとかちミーティング”. 上野敏郎の 普段着のとかちミーティング(ウェブサイト). 上野敏郎(帯広市議会議員). 2012年11月1日閲覧。
  17. ^ 別資料では7月19日。
  18. ^ a b 400m・おびひろベンチ・グリーンパーク”. あなた情報マガジンびもーる(ウェブサイト). 株式会社 調和技研. 2012年11月1日閲覧。
  19. ^ 世界で二番目に長いベンチ(帯広市緑ヶ丘公園)- ブログ”. (ウェブサイト). 株式会社 環境緑地研究所 (2012年9月5日). 2012年11月1日閲覧。
  20. ^ 北海道新聞』 1994年7月21日 朝刊地方21面 帯広C版。
  21. ^ a b 江國滋 『スイス吟行―旅券(パスポート)は俳句』 新潮社1993年12月20日ISBN 4-1030-3209-X ISBN 978-4-1030-3209-0。「ジュネーブ旧市街にあるトレイユ坂上の小公園にある『公式マロニエ』やギネス公認の世界最長ベンチ…(省略)」
  22. ^ Geneva, Switzerland” (en). The World Bench Project.com (website). The World Bench Project (2012年2月15日). 2012年10月31日閲覧。
  23. ^ Sitting on the Longest Bench in the World in Geneva, Switzerland” (en). (website) (2008年12月8日). 2012年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]