ループジャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
図1:エッジと進み方

ループジャンプ(Loop jump)は、フィギュアスケートにおけるジャンプの種類のひとつ。単にループとも、考案者の名を取ってリットベルガーとも呼ばれる。

解説[編集]

LOOP ループジャンプ(Loop、略記:Lo) <難易度:中> ジャンプ直前の腰掛け姿勢がチェックポイント 右足踏み切りで、トウを使わないジャンプがループジャンプです。 右足外側のエッジで滑りながら、左足を少し前に出して、滑ってきた勢いを使って踏み切ります。跳ぶ瞬間に、イスに腰掛けたような格好になるのが特徴です。 最後に紹介するトウループジャンプも同じように右足外側エッジに乗って跳びますが、トウループはフリーレッグのトウを氷につくので判別は容易でしょう。 比較的難度の低いループジャンプは、トウループと同じくコンビネーションジャンプの2番目に跳ばれることが多いジャンプでもあります。ただし、着氷した右足でトウピックの助けなしに再び跳び上がらなければならないため、トウループよりも難しいとされています[1]。 また、コンビネーション(連続)ジャンプの第2、第3ジャンプとしてもよく用いられる。

基礎点・難易度・GOE[編集]

<高難度        ※4Aが最高の高難度

 4T< 4S < 4Lo < 4F < 4Lz < 4A  

<高難度        ※基礎点(base)

 9.50< 9.70< 10.50
< 11.00< 11.50 < 12.50  

基礎点 10.50

sov(価値尺度)

GOE加点

GOE+1 (+10%) 1.05

GOE+2 (+20%) 2.10

GOE+3 (+30%) 3.15

GOE+4 (+40%) 4.20

GOE+5 (+50%) 5.25

GOE減点

GOE-1 (-10%) -1.05

GOE-2 (-20%) -2.10

GOE-3 (-30%) -3.15

GOE-4 (-40%) -4.20

GOE-5 (-50%) -5.25


国際スケート連盟コミュニケーション第 2168 号 2018-2019 シーズンにおける価値尺度(SOV),難度レベル(LOD),GOE 採点のガイドラインより[2]

歴史[編集]

1910年にドイツヴェルナー・リットベルガーが初めて跳んだのが始まりとされている。そのため、欧州ではループではなくリットベルガーと呼ばれることが多い。


1925年にはオーストリアカール・シェーファーが2回転ループジャンプに成功した。


1952年、アメリカディック・バトンが3回転ループジャンプに成功し、1968年ガブリエル・ザイフェルトが女子選手として初めて3回転ループジャンプに成功した。


2016年9月、日本羽生結弦が4回転ループジャンプに初めて成功した[3][4]ISU「羽生のバイオグラフィー」に競技クリーンな「4回転 ループジャンプ」を実行した最初のスケーター記載された[5]


2016年、当時ジュニアイタリアダニエル・グラスルは、プロトコルでは跳んだと認定されたが、クリーンな4回転を跳んだ選手として羽生結弦が認定書を授与された[6]


現在(2019年4月)、ISU公認国際大会で 4回転ループ ジャンプループを成功させている選手は、男子では4人 「羽生結弦宇野昌磨ネイサン・チェンダニエル・グラスル」、女子はまだいない。


脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]