アイスダンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アイスダンスは、フィギュアスケート競技のひとつ。一組の男女が音楽に合わせてステップワークリフトなどを行い得点を競う。氷上の社交ダンスとも言われる。

歴史[編集]

1952年、第43回世界フィギュアスケート選手権パリ)で世界選手権の正式種目となった。1976年、第12回冬季オリンピックインスブルック)で冬季オリンピックの正式種目となった。

1950年代はイギリスが世界をリードしたが、1970年代からソビエト連邦ロシア)が台頭した。現在は冬季オリンピックの花形種目の一つであり、ロシア、アメリカ、フランス、イタリア、カナダなどが有力選手を数多く輩出している。

国際スケート連盟ルール[編集]

一組の男女がフリーダンス種目を、またはパターンダンスショートダンスとフリーダンスの2つの種目を演技し合計得点を競う。国際スケート連盟が主催する競技会では、ショートダンスとフリーダンスの合計で競われる。

フィギュアスケートの競技の中では、唯一ヴォーカル入りの音楽の使用が認められているが、男女が別々にスピンを行うソロスピン、1回転半を超えるジャンプ、パートナーを肩より上に持ち上げるリフト、制限時間を超えるリフトなどは禁止されている(ただし、ペアとは異なり女性が男性を持ち上げるリフトは認められている)。また、基本的に男女が離れて演技することも禁止されている為、近年においては、二人が接近している中で、スピーディで切れのあるステップワークが要求され、さらに深い(より傾いて滑る)エッジワーク、難易度の高いリフトも要求される。

スケートの技術そのものや「ユニゾンが合っていたか」といった見分けが難しい部分で得点が左右され、比較的成否の判断がつきやすいジャンプが必須要素ではなく、転倒も少ない。そのため観客(特に、スケートを見始めたばかりの人)からはカップル間の出来映えの差が分かりにくい競技でもある。

なお2009-2010シーズンまでは、コンパルソリーダンス(パターンダンスの旧名称)、オリジナルダンス、フリーダンスの3種目での合計得点で、また同シーズンまでのISUグランプリファイナルではオリジナルダンスとフリーダンスの2種目の合計得点で競われた。

ショートダンス[編集]

演技時間は2分50秒。予め指定されたリズムとテンポに対し競技者が自由に選曲した音楽を用い、自由に構成した演技を行う。但し、ステップシークエンス、ダンスリフトなどの必須要素と、予め規定された1分程度のステップ・パターン滑走を含まなくてはならない。ヴォーカル入りの音楽を用いることも許されている。リズム、テンポ、必須要素、ステップ・パターンは各シーズン毎に指定される。

フリーダンス[編集]

演技時間はジュニアが3分30秒、シニアが4分。自由に選曲した音楽を用い(但し音楽はリズム・ビートを伴うものでなくてはならない。メロディのみの音楽は不可)、自由に構成した演技を行うもの。但し、ステップシークエンス、ダンスリフト、ダンススピンなどの必須要素を含まなくてはならない。ヴォーカル入りの音楽を用いることも許されている。

パターンダンス(コンパルソリーダンス)[編集]

予め指定されたリズムとテンポの音楽を用い、予め規定されたステップ・パターンを滑走するもの。すなわち全てのカップルが同じステップを滑走をする。リズムは所定の22種類(ワルツクイックステップタンゴ等)から各シーズン毎に3課題が指定され、更に試合毎に抽選でそのうちの1つが選ばれる。

2010年に種目の呼称が、コンパルソリーダンスからパターンダンスに変更された。

オリジナルダンス[編集]

演技時間は2分30秒。予め指定されたリズムに対し自由に選曲した音楽を用い、自由に構成した演技を行う。但し、ステップシークエンス、ダンスリフト、ダンススピンなどの必須要素を含まなくてはならない。ヴォーカル入りの音楽を用いることも許されている。リズムと演技時間と必須要素は各シーズン毎に指定される。

著名な選手[編集]

外部リンク[編集]