ロッカーターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ロッカーターンとは、フィギュアスケートで行われる片足ターンの一種である。




技術[編集]

ロッカーターンのダイアグラム(進行経路の図式)


ロッカーはスリーターンブラケットとは異なり、ターンの前後でエッジの向きが変わらず、カーブの方向が逆になるため、軌道がS字を描いているように見える。なお、ターン前の軌道の方向とターンの回転方向は変わらない。(カウンターターンとの相違はここのみである。)
例えば、右図で言うと、左足のフォアアウトエッジで開始する場合、左側の緑色の弧から始まって、中央のくぼみでエッジはそのままに、反時計回りにターン行い、左足のバックアウトサイドエッジに乗り、右側の弧に乗り換える。LFO→LBO
つまり、ロッカーターンは全部で8通りある。

  • 足が右足か左足か (R or L)
  • 進行方向が前か後ろか (F or B)
  • 開始のエッジがインエッジかアウトエッジか (I or O)

2x2x2=8通り

試合においては、高橋大輔が3回転ルッツのエントランスとしてロッカーターンを用いていた。

参考文献[編集]

フィギュアスケート資料室