ライアン・ブラッドレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ライアン・ブラッドレイ
Ryan BRADLEY
Figure skating pictogram.svg
Ryan Bradley 2010 World Championships.jpg
2010年世界選手権でのブラッドレイ
基本情報
生年月日 (1983-11-17) 1983年11月17日(36歳)
出生地 アメリカミズーリ州
身長 180 cm
選手情報
元コーチ トム・ザカライセック
ベッキー・カルヴァン
元振付師 トム・ディクソン
カタリナ・リンデン
レネ・ロカ
ニコライ・モロゾフ
所属クラブ ブロードムーア SC
引退 2011年5月
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 212.75 2008 GPスケートカナダ
ショート 72.50 2008 GPスケートカナダ
フリー 145.97 2010 四大陸選手権
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

ライアン・ブラッドレイ英語: Ryan Bradley, 1983年11月17日 - )は、アメリカ合衆国ミズーリ州出身の男性フィギュアスケート選手。2011年全米選手権優勝、2008年スケートカナダ2位。

来歴[編集]

2006-2007年シーズン、日本の富士ゼロックスApeosのコマーシャルにスイスステファン・ランビエールとともに出演、「バックフリップを決める経営者」を演じた。

1983年11月17日、フィギュアスケート選手の両親のもとに生まれ、2歳でスケートをはじめる。1996年から1998年まではティファニー・ヴァイスとペアを組んでいたが、その後シングルスケーティングに専念。1998年全米選手権ノービスクラスで2位に入り、トリグラフトロフィーではジュニアクラスで優勝。1999年全米選手権ではジュニアクラスで優勝を果たした。

2006-2007シーズンのスケートアメリカからグランプリシリーズに参戦。2008-09シーズンのスケートカナダで2位入賞を果たした。

2007年には全米選手権で2位となり、世界選手権に出場した。2009年、2010年の全米選手権では2年連続の4位となったが、エヴァン・ライサチェクが世界選手権の代表を辞退したために、2010年の世界選手権の代表となった。

2010-2011シーズン、シーズンオフに行った手術のために、ISUグランプリシリーズを欠場しアイスショーなどに出演した。その後、全米選手権に出場し、ショートプログラムで首位に立つと、そのリードを守りきり初優勝を果たした。3度目の出場となった世界選手権では自己最高の13位となった。世界選手権終了後、現役引退を表明した[1]

現在、コロラド大学コロラドスプリングス校でビジネスを専攻している。オフにはアイスショーなどで活動中。

主な戦績[編集]

大会/年 97-98 98-99 99-00 00-01 01-02 02-03 03-04 05-06 06-07 07-08 08-09 09-10 10-11
世界選手権 15 18 13
四大陸選手権 11 4 5
全米選手権 2 N 1 J 7 9 7 9 6 8 2 5 4 4 1
GPエリック杯 5 7 9
GPスケートアメリカ 8 6 3
GPスケートカナダ 6 2
ネーベルホルン杯 4
世界Jr.選手権 10 5 15
JGPファイナル 5 5
JGPバルト杯 1
JGPメキシコ 1
JGPサルコウ杯 3
JGPモントリオール 2
JGPハンガリー 3
JGPサン・ジェルヴェ 2
トリグラフトロフィー 1J

詳細[編集]

2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年4月24日-5月1日 2011年世界フィギュアスケート選手権モスクワ 12
70.45
12
142.26
13
212.71
2011年1月23日-30日 全米フィギュアスケート選手権グリーンズボロ 1
80.39
4
151.51
1
231.90
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月22日-28日 2010年世界フィギュアスケート選手権トリノ 21
56.10
17
123.14
18
179.24
2010年1月25日-31日 2010年四大陸フィギュアスケート選手権全州 8
66.22
3
145.97
5
212.19
2010年1月14日-24日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 6
70.63
2
155.34
4
225.97
2009年11月12日-15日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレークプラシッド 8
59.24
2
138.88
3
198.12
2009年10月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 8
65.21
10
112.44
9
177.65
2009年9月24日-26日 2009年ネーベルホルン杯[2]オーベルストドルフ 3
68.18
6
127.50
4
195.68
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年1月18日-25日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド 5
74.05
3
147.35
4
221.40
2008年11月13日-16日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 5
69.35
10
106.27
7
175.62
2008年10月30日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダオタワ 3
72.50
2
140.25
2
212.75
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権セントポール 4
74.20
5
147.11
5
221.31
2007年11月15日-18日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯パリ 7
59.13
5
132.19
5
191.32
2007年10月25日-28日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカレディング 8
58.69
6
122.97
6
181.66
2007年10月6日-7日 日米対抗フィギュアスケート競技大会2007](横浜 4
49.56
- 1
団体
2006-2007 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2007年3月19日-25日 2007年世界フィギュアスケート選手権東京 19
62.88
13
126.02
15
188.90
2007年2月5日-11日 2007年四大陸フィギュアスケート選手権コロラドスプリングス 3
68.83
5
127.46
4
196.29
2007年1月21日-28日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 3
73.58
2
145.63
2
219.21
2006年10月26日-29日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカハートフォード 4
64.44
9
107.85
8
172.29
2005-2006 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2006年1月7日-15日 全米フィギュアスケート選手権セントルイス 6
69.33
9
130.17
8
199.50
2003-2004 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2004年1月19日-25日 2004年四大陸フィギュアスケート選手権ハミルトン 11 10 11
2004年1月3日-11日 全米フィギュアスケート選手権アトランタ 5 6 6
2002-2003 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2003年1月12日-19日 全米フィギュアスケート選手権ダラス 15 9 9
2002年10月30日-11月3日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケベックシティ 7 6 6
2002年10月15日-19日 2002年カールシェーファーメモリアルウィーン 5 3 4
2001-2002 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2002年3月3日-10日 2002年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーマル 4 15 15 15
2002年1月6日-13日 全米フィギュアスケート選手権ロサンゼルス - 8 7 7
2000-2001 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2001年1月14日-21日 全米フィギュアスケート選手権ボストン 8 10 9
2000年12月14日-17日 2000/2001 ISUジュニアグランプリファイナルエア 8 5 5
2000年11月8日-12日 2000年ゴールデンスピンザグレブ 3 1 1
2000年10月26日-29日 ISUジュニアグランプリ バルト杯グダニスク 3 1 1
2000年9月14日-17日 ISUジュニアグランプリ メキシコ杯メキシコシティ 1 1 1
1999-2000 シーズン
開催日 大会名 予選 SP FS 結果
2000年3月5日-12日 2000年世界ジュニアフィギュアスケート選手権オーベルストドルフ 3 4 5 5
2000年1月6日-13日 全米フィギュアスケート選手権クリーブランド - 6 7 7
1999年12月16日-19日 1999/2000 ISUジュニアグランプリファイナルグダニスク - 7 4 5
1999年11月4日-7日 ISUジュニアグランプリ サルコウ杯ストックホルム - 3 4 3
1999年9月29日-10月3日 ISUジュニアグランプリ モントリオールモントリオール - 2 2 2
1998-1999 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1999年3月12日-14日 1998/1999 ISUジュニアグランプリファイナルデトロイト 8 8 8
1999年1月7日-14日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ソルトレイクシティ 1 1 1
1998年11月22日-29日 1999年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ザグレブ 12 10 10
1998年10月14日-18日 ISUジュニアグランプリ ハンガリーブダペスト 2 3 3
1998年8月19日-22日 ISUジュニアグランプリ サン・ジェルヴェサン・ジェルヴェ 2 2 2
1997-1998 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
1998年4月8日-12日 1998年トリグラフトロフィー ジュニアクラス(イェセニツェ 2 1 1
1998年1月4日-11日 全米フィギュアスケート選手権 ノービスクラス(フィラデルフィア 3 2 2

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2010-2011 Boogie Woogie Bugle Boy 映画『アマデウス』より
モーツァルトメドレー
映画『夢のチョコレート工場』より
2009-2010 黒い瞳
演奏:ニカ・レオーニ、セルゲイ・トラファノフ
ハートレス
ボーカル:カニエ・ウェスト
2008-2009[3] エルヴィス・プレスリーメドレー
監獄ロック
ハートブレイク・ホテル
ハウンド・ドッグ
演奏:クリストファー・ウェスト
マンボ・オン・サックス
ある恋の物語
エル・クンバンチェロ
演奏:ペレス・プラード
ウィリアム・テル序曲
作曲:ジョアキーノ・ロッシーニ
2007-2008 映画「ゴッドファーザー」より
作曲:ニーノ・ロータ
チャーリー・チャップリンメドレー マネー
曲:ピンク・フロイド
2006-2007 Polka
Happy Birthday Variations
演奏:ギゴン・クレイマー
マンボ・オン・サックス
ある恋の物語
エル・クンバンチェロ
演奏:ペレス・プラード
Dueling Banjos
The Devil Went Down to Georgia
2005-2006 映画『その男ゾルバ』より
作曲:ミキス・テオドラキス
映画『サタデー・ナイト・フィーバー』より
作曲:ビージーズ
2004-2005 ニューヨーク・ニューヨーク 映画『アンタッチャブル』より
作曲:エンニオ・モリコーネ
2003-2004 Dueling Banjos
The Devil Went Down to Georgia
2000-2001 道化師の踊り 歌劇『雪娘』より
作曲:ニコライ・リムスキー=コルサコフ
歌劇『ウィリアム・テル』より
作曲:ジョアキーノ・ロッシーニ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ retires from competitive skating
  2. ^ バンクーバーオリンピック最終予選。国際スケート連盟主催。
  3. ^ 『ワールド・フィギュアスケート 35』新書館、2008年12月、pp.32-33

参考文献[編集]

関連項目[編集]