ウィリアム・テル序曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第3部と第4部の演奏(1914年)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ウィリアム・テル序曲: William Tell Overture)は、1829年ジョアキーノ・ロッシーニが作曲した、オペラウィリアム・テル』のための序曲。日本でも広く知られるクラシック楽曲の1つ。

概要[編集]

フリードリヒ・フォン・シラー1804年に書いた戯曲『ヴィルヘルム・テル』(独:Wilhelm Tell)を元に、1829年にロッシーニがオペラ『ギヨーム・テル(ウィリアム・テル)』(仏:Guillaume Tell)を作曲した。その序曲が一般に『ウィリアム・テル序曲』(伊:Guglielmo Tell Introduzione)と呼ばれる序曲である。

構成[編集]

ロッシーニは『セビリアの理髪師』に見られるように、オペラの序曲についてはこれまでに作曲した他の作品から転用したりすることも決して少なくなかった。しかしこの曲は新しく作っただけではなく、ソナタ形式を使わずに四つの部分が続けて演奏されるという、独創的な構成を与えている。

第1部「夜明け」
ホ短調チェロコントラバスティンパニだけで演奏される序奏。チェロには五人の独奏が指定されている。
第2部「嵐」
ホ短調。ここからトゥッティ(全合奏)となり、強風から暴風雨に至る様子が描写される。
第3部「静寂(牧歌)」
ト長調。嵐の後の静けさのなかからコーラングレフルートによる牧童の笛が聞こえてくる。
第4部「スイス軍隊の行進(終曲)」(スイス独立軍の行進、スイス軍の行進、スイス軍の行軍とも)
ホ長調トランペットホルン、ティンパニによるファンファーレに導かれてギャロップ調の行進曲が始まる。曲は繰り返しを経て次第に高揚し、盛大なクライマックスで締めくくられる。

関連事項[編集]

この作品の『スイス軍隊の行進』は現在でも多くの作品で引用されるほど有名な曲である。

楽曲[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

アニメ[編集]

  • タイムボカンシリーズヤッターマン - ヤッターキングによるゾロメカ(ビックリドッキリメカ)を出動する際のファンファーレにも使用されている(ヤッターキングの胸部分にある巨大樽から、犬型ミニオーケストラが飛び出して演奏する)。また、この曲が初使用された回はウィリアム・テルをモチーフにした話(第46話「アイアムテルは勇者だコロン」)だった。またヤッタードジラやヤッターパンダがゾロメカを発信する際には、短縮版のファンファーレが使用。更に後番組『ゼンダマン』第21話では、ゼンダライオンが敵の罠にかかってファンファーレメカ(ライオンの胴体に居る。ファンファーレは別曲)が全滅状態だったため、ゼンダマン1号&2号がこの曲を口三味線で歌って、ファンファーレ代わりとした。
  • おそ松くん - 1988年から1989年に放送された第2作で、番組用にアレンジされたものがBGMとして使用されていた。
  • おれは直角 - 照正がそりを引いて出現するときのシーンで、番組用にアレンジされたものがBGMとして使用されていた。
  • 丸出だめ夫 - 柔道大会で金持との決戦でだめ夫が着ていた柔道スーツの制御が出来なくなって観客全員が逃げ回るオチのシーンで、番組用にアレンジされたものがBGMとして使用されていた。
  • みりたり! - 第3話において、対コタⅡ決戦兵器・コタⅡ改が登場したシーンでBGMとして使用されていた。

ゲーム[編集]

その他[編集]