アーミー・ハマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アーミー・ハマー
Armie Hammer
Armie Hammer
2017年
本名 Armand Douglas Hammer
生年月日 (1986-08-28) 1986年8月28日(35歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州、サンタ・モニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 194.3cm
職業 俳優
活動期間 2005年 -
配偶者 エリザベス・チェンバース英語版(2010年 - 2020年)
主な作品
ソーシャル・ネットワーク
ローン・レンジャー
コードネーム U.N.C.L.E.
君の名前で僕を呼んで
テンプレートを表示

アーミー・ハマーArmie Hammer, 1986年8月28日 - )は、アメリカ合衆国俳優

ソーシャル・ネットワーク』での双子のウィンクルヴォス兄弟、『ローン・レンジャー』でのジョン・リード / ローン・レンジャー、『コードネーム U.N.C.L.E.』でのイリヤ・クリヤキン、『ALONE/アローン』でのマイク、そして、『君の名前で僕を呼んで』のオリヴァー役で知られている。

J・エドガー』のクライド・トルソン役でSAG賞にノミネートされた。

経歴[編集]

カリフォルニア州サンタ・モニカで、父のマイケル・アーマンド・ハマー (Michael Armand Hammer) と、母のドルー・アン (Dru Ann) の間の長男として生まれた[1][2][3]。家族は他に、弟のヴィクター (Viktor) がいる。

父は"Armand Hammer Foundation"のCEOであり、ドリーム・センターおよび"Knoedler & Hammer Galleries"の取締役である[4][5]。また、曾祖父は石油王のアーマンド・ハマー(ロシア系ユダヤ人家系)で、祖父はジュリアン・アーマンド・ハマーである[6]

母のドルー・アンはオクラホマ州タルサ出身で、父方の祖母はテキサス州出身である。ハマーの出自は、東欧系ユダヤ人、ドイツ人、イギリス人、スコットランド系/北アイルランド系アイルランド人、スコットランド人、ロシア人、ポーランド人、デンマーク人、スイス人(Swiss-German)、ギリシャ人と多数あるが[7]、さらに、2013年"Ancestry.com"の研究で、8代前の曽祖父はチェロキー族の長"Kanagatucko"であるとの発表があった[8][9]。ハマー本人は出自を、半分ユダヤ人と表現している[10]

ハイランド・パークで数年間生活していたが、1993年、ハマーが7歳のときに一家はケイマン諸島に住所を移し5年間居住していた。学校は、ケイマン諸島のフォークナーズ・アカデミー、GCA(父により創設された)に通学していた。

後に、一家でL.A.に移ったため、サン・フェルナンド・ヴァレーのハイ・スクールLABに転校した。6th-grade(小学6年生相当)で、『アニー』のルースター・ハニガン役をステージで演じたのが俳優としてのデビューであった[11]

両親の反対があったが、11th-Grade(高校2年生相当)でハイ・スクールを中断し、演劇学校や芸術学校に通いながら、エージェントと契約して俳優としてのキャリアを優先した[12]

その後、両親を安心させるため、パサデナ・シティ・カレッジUCLAのコースを取得した[13]

2008年のインタヴューで、ハマーは、宗教的信条について、「自分自身のスピリチュアル・ライフがあって、それをとても大事にしている」と話している[14]

2021年、ハマーがレイプカニバリズムといった過激な性的願望のDMを複数の交際相手に送っていたことが告発された[15]。騒動を受け、所属するタレントエージェンシーのWMとの契約が解除されたほか、出演予定であった複数の作品が降板となった[16][17]

キャリア[編集]

ハマーは、『ヴェロニカ・マーズ』、『ゴシップガール』、『REAPER デビルバスター』、『デスパレートな妻たち』といったTVシリーズに出演した後、2008年10月に初公開された映画『Billy: The Early Years』において、キリスト教宣師のビリー・グレアムを演じた。

この映画の出演により、ハマーは「信仰と価値賞」("Faith and Values Award")の「恩寵賞」("Grace Award")のカテゴリーでノミネートされた。これはクリスチャンの観点から見て、映画やTVで最も印象的なパフォーマンスに授与される賞である[18]

また、シアトル国際映画祭で初公開された、カート・ヴォネガット・ジュニアの短編小説『ハリスン・バージロン』が原作の、ショート・フィルム『2081』でハリスン・バージロンを演じた[19]

2007年、映画監督ジョージ・ミラーに指名され、長い審査の末に『Justice League: Mortal』でブルース・ウェイン / バットマン役に決まったが、未製作に終わった。この作品の別のヴァージョンが2017年に公開された『ジャスティス・リーグ』である[20]

2010年、"Facebook"の創設を描いたデイヴィッド・フィンチャー監督の映画、『ソーシャル・ネットワーク』に出演し、ハマーはジョシュ・ペンスとともに双子のキャメロンとテイラー・ウィンクルヴォスを演じた。撮影後はペンスが演じたテイラーにCGIでハマーの顔が貼りつけられている。ハマーはボート競技のチャンピオンである双子を演じるために、ボートの両側を漕ぐ技術を習得しなければならなかった[21]

ハマーの次の作品は、クリント・イーストウッド監督の『J・エドガー』で、クライド・トルソン役で出演した。この作品は、ジョン・エドガー・フーヴァーについでのドラマであった。また、ジュリア・ロバーツリリー・コリンズと共に2012年の映画『白雪姫と鏡の女王』に、アルコット王子役で出演した[22]。そして、『ザ・シンプソンズ』のエピソード「The D'oh-cial Network」にウィンクルヴォス兄弟の声で出演した。

WXYZ局による放送、映画、TVシリーズの『ローン・レンジャー』から派生した、2013年の『ローン・レンジャー』が製作された。ハマーはこの作品に、トント役を演じたジョニー・デップとの共演で、ジョン・リード / ローン・レンジャー役で出演した[23][24]。また、1960年代のTVシリーズ『0011ナポレオン・ソロ』を、ガイ・リッチー監督が2015年に『コードネーム U.N.C.L.E.』として映画化した作品に、ナポレオン・ソロ役のヘンリー・カヴィルと共にイリヤ・クリヤキン役で出演した[25][26]

ハマーは、2016年公開の作品、トム・フォード監督の『ノクターナル・アニマルズ』にアンサンブルで出演した[27]。また、ベン・ウィートリー監督の『フリー・ファイヤー』にオード役で、『ALONE/アローン』にマイク・スティーヴンス役で出演した[28][29]

ティモシー・シャラメマイケル・スタールバーグと共に、ルカ・グァダニーノ監督の『君の名前で僕を呼んで』にオリヴァー役で出演した。アンドレ・アシマンの小説が原作によるもので、2017年のサンダンス映画祭で初公開された。この映画のオリヴァー役でハマーは放送映画批評家協会賞とインディペンデント・スピリット賞、そしてゴールデン・グローブ賞の助演男優賞にノミネートされた。

2018年に公開された作品、最高裁判事のルース・ベイダー・ギンズバーグの夫マーティン・D・ギンズバーグ役で『ビリーブ 未来への大逆転』に、SF/コメディーの『ホワイト・ボイス』に、ムンバイ同時多発テロに関係したスリラーの『ホテル・ムンバイ』に出演している。またハマーは、2018年6月29日から"Second Stage Theater"で上演される、劇作品、『Straight White Men』への出演が3月に発表された。ハマーはドルー役で、エド役のトム・スケリットと共演予定である[30]

私生活[編集]

友人のTyler Ramseyの紹介で知り合った、TVパーソナリティーのエリザベス・チェンバースと2010年5月22日に結婚した。その結婚式は、Town&Country誌の2011年1月号に掲載された[31][32]

2014年12月1日に生まれた娘ハーパー・ハマー (Harper Hammer) と、2017年1月19日に生まれた息子フォード・ダグラス・アーマンド・ハマー (Ford Douglas Armand Hammer) の、2人の子供がいる[33][34][35][36]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名
原表記
備考 吹き替え
2006 マイ・フレンド・フリッカ
Flicka
男性監督生
Male Prefect
2008 パニック・エレベーター
Blackout
トミー
Tommy
川島得愛
Billy: The Early Years Billy Graham N/A
2009 2081 Harrison Bergeron 短編映画 N/A
スプリング・ブレイクダウン
Spring Breakdown
アバクロンビーのモデル
Abercrombie Boy
(吹き替え版なし)
The Last Hurrah Skateboarder N/A
2010 ソーシャル・ネットワーク
The Social Network
キャメロン・ウィンクルヴォス / タイラー・ウィンクルヴォス
Cameron Winklevoss / Tyler Winklevoss
トロント映画批評家協会賞: 助演男優賞
ノミネート - シカゴ映画批評家協会賞: 有望俳優賞
四宮豪[37]
2011 J・エドガー
J. Edgar
クライド・トルソン
Clyde Tolson
川中子雅人[38]
2012 白雪姫と鏡の女王
Mirror Mirror
アルコット王子
Prince Alcott
玉木雅士
The Polar Bears Zook 短編映画
声の出演
N/A
2013 ローン・レンジャー
The Lone Ranger
ジョン・リード / ローン・レンジャー
John Reid / Lone Ranger
相原嵩明[39]
2014 Stan Lee's Mighty 7 Strong Arm テレビ映画
声の出演
N/A
2015 アントラージュ★オレたちのハリウッド:ザ・ムービー
Entourage
本人役
Himself
カメオ出演
コードネーム U.N.C.L.E.
The Man from U.N.C.L.E.
イリヤ・クリヤキン
Illya Kuryakin
宮内敦士[40]
2016 バース・オブ・ネイション
The Birth of a Nation
サミュエル・ターナー
Samuel Turner
家中宏
ノクターナル・アニマルズ
Nocturnal Animals
ハットン・モロー
Hutton Morrow
井上悟
フリー・ファイヤー
Free Fire
オード
Ord
川原元幸
ALONE/アローン
Mine
マイク
Mike
津田健次郎[41]
2017 君の名前で僕を呼んで
Call Me by Your Name
オリヴァー
Oliver
ジャコメッティ 最後の肖像
Final Portrait
ジェームズ・ロード英語版
James Lord
(吹き替え版なし)
カーズ/クロスロード
Cars 3
ジャクソン・ストーム
Jackson Storm
声の出演 藤森慎吾[42]
2018 ホテル・ムンバイ
Hotel Mumbai
デヴィッド
David
星野貴紀
ホワイト・ボイス
Sorry to Bother You
スティーヴ・リフト
Steve Lift
ビリーブ 未来への大逆転
On the Basis of Sex
マーティン・D・ギンズバーグ英語版
Martin D. Ginsburg
(吹き替え版なし)
2019 ワウンズ: 呪われたメッセージ
Wounds
ウィル
Will
川原元幸
2020 Query Jim 短編映画 N/A
レベッカ
Rebecca
マキシム・ド・ウィンター
Maxim de Winter
てらそままさき
2021 クライシス
Crisis
ジェイク・ケリー
Jake Kelly
津田健次郎
2022 ナイル殺人事件
Death on the Nile
サイモン・ドイル
Simon Doyle
TBA Next Goal Wins

テレビ[編集]

放映年 邦題
原題
役名
原表記
備考 吹き替え
2005 アレステッド・ディベロプメント
Arrested Development
生徒2
Student #2
第2シーズン第14話「ジョージ・マイケルを生徒会長に!」
2006 ヴェロニカ・マーズ
Veronica Mars
カート
Kurt
第3シーズン第3話「不義と詐欺」
2007 デスパレートな妻たち
Desperate Housewives
バレット
Barrett
第4シーズン第8話「過去の亡霊」
2009 REAPER デビルバスター
Reaper
モーガン
Morgan
計6話出演
ゴシップガール
Gossip Girl
ゲイブリエル・エドワーズ
Gabriel Edwards
計4話出演
2010 The Etiquette Ninjas - (Video) N/A
2012 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
キャメロン・ウィンクルヴォス / タイラー・ウィンクルヴォス
Cameron and Tyler Winklevoss
声の出演
第23シーズン第11話「ドウッシャル・ネットワーク」
アメリカン・ダッド
American Dad!
レンタカー店員
Car rental agent
声の出演
第7シーズン第12話「The Wrestler」
2018 Last Week Tonight with John Oliver 本人(ゲスト)
Himself (guest)
計1話出演 N/A
2019 ランニング・ワイルド with ベア・グリルス
Running Wild with Bear Grylls
本人(ゲスト)
Himself (guest)
第5シーズン第5話「アーミー・ハマーとサルデーニャ島へ」 津田健次郎
2020 We Are Who We Are Cafeteria worker 第6話「Right here, right now #6

コンピュータゲーム[編集]

年度 邦題
原題
備考
2013–2015 ディズニー インフィニティ プレイセット・パック :ローン・レンジャー
Disney Infinity Series
ジョン・リード / ローン・レンジャー
John Reid/The Lone Ranger
2017 カーズ3 勝利への道
Cars 3: Driven to Win
ジャクソン・ストーム
Jackson Storm

シアター[編集]

上演年 題名
原題
役名
原表記
備考
2018 Straight White Men ドルー
Drew
Second Stage Theater

受賞とノミネーション[編集]

年度 賞の名称 カテゴリー 作品名 結果 (注)
2010 ハリウッド国際映画祭賞 Ensemble of the Year ソーシャル・ネットワーク 受賞
トロント映画批評家協会賞 Best Supporting Actor 受賞 [43]
シカゴ映画批評家協会賞 Most Promising Performer ノミネート [44]
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 Best Ensemble ノミネート
2011 放送映画批評家協会賞 Best Acting Ensemble ノミネート [45]
SAG賞 Outstanding Performance by a Cast in a Motion Picture ノミネート [46]
ダラス・フォート・ワース映画批評家協会賞 Best Supporting Actor J・エドガー ノミネート [47]
ヒューストン映画批評家協会賞 Best Supporting Actor ノミネート
2012 SAG賞 Outstanding Performance by a Male Actor in a Supporting Role ノミネート [48]
2017 シカゴ映画批評家協会賞 Best Supporting Actor 君の名前で僕を呼んで ノミネート
サン・フランシスコ映画批評家協会賞 Best Supporting Actor ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 Best Supporting Actor ノミネート [49]
ヴァンクーヴァー映画批評家協会賞 Best Supporting Actor ノミネート
2018 AACTA賞 Best Supporting Actor ノミネート
放送映画批評家協会賞 Best Supporting Actor ノミネート [50]
エンパイア賞 Best Actor 未決定 [51]
ゴールデン・グローブ賞 Best Supporting Actor – Motion Picture ノミネート
サテライト賞 Best Supporting Actor ノミネート [52]
インディペンデント・スピリット賞 Best Supporting Male ノミネート [53]

出典[編集]

  1. ^ Armie Hammer Biography: Film Actor, Television Actor (1986–)”. Biography.com (FYI / A&E Networks). 2016年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月16日閲覧。
  2. ^ Abramovitch, Seth (2017年11月20日). “Armie Hammer on His Steamy New Movie, a Charmed Upbringing and Oscar's "Double Standards"”. The Hollywood Reporter. 2017年12月23日閲覧。 “The couple raise their two children [...] in Holmby Hills, just a few miles from where Hammer was born, in Santa Monica.”
  3. ^ “Miss Mobley Has Nuptials In Oklahoma”. The New York Times. (1985年1月13日). https://www.nytimes.com/1985/01/13/style/miss-mobley-has-nuptials-in-oklahoma.html 2010年10月5日閲覧。 
  4. ^ Smith, Michael (2010年10月22日). “'Network' twin has ties with Tulsa: Armie Hammer connects to Mobleys, Hammers”. Tulsa World. http://www.tulsaworld.com/scene/article.aspx?subjectid=268&articleid=20101022_283_D1_CUTLIN603839 2010年10月22日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ Dru Hammer – Board Member”. Joyce Meyer Ministries. 2016年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年1月26日閲覧。
  6. ^ Epstein, Edward Jay (1998). Dossier: the secret history of Armand Hammer. Orion Business. pp. 187. ISBN 0-7528-1386-2 
  7. ^ http://nymag.com/movies/features/armie-hammer-2011-11/
  8. ^ Unmasking The Lone Ranger's Leading Men”. Ancestry.com (n.d.). 2017年1月16日閲覧。
  9. ^ https://blogs.ancestry.com/cm/unmasking-the-lone-rangers-leading-men/
  10. ^ Jim Sturgess headlines a new generation of reluctant leading men”. wmagazine.com (2011年8月1日). 2012年1月26日閲覧。
  11. ^ http://nymag.com/movies/features/armie-hammer-2011-11/
  12. ^ http://archive.azcentral.com/thingstodo/movies/articles/2012/03/28/20120328armie-hammer-interview-mirror-mirror-lone-ranger.html#ixzz3wcBPHbGy
  13. ^ http://archive.azcentral.com/thingstodo/movies/articles/2012/03/28/20120328armie-hammer-interview-mirror-mirror-lone-ranger.html#ixzz3wcBPHbGy
  14. ^ Profile, christianitytoday.com; accessed February 16, 2015.
  15. ^ アーミー・ハマー、本人のものとされる“メールのやりとり”の「内容」が波紋を呼ぶ”. FRONTROW (2021年1月12日). 2021年2月11日閲覧。
  16. ^ 性的DM疑惑のアーミー・ハマー、米タレントエージェンシーが契約解除&パブリシストが辞任”. 映画.com (2021年2月8日). 2021年2月11日閲覧。
  17. ^ アーミー・ハマー、DM流出騒動後も女性と「性的なやりとり」を続ける”. FRONTROW (2021年2月4日). 2021年2月11日閲覧。
  18. ^ Kimball, Josh (2009年2月6日). “'Epiphany Prize' Nominees for Most Inspiring Movie, TV Program Announced”. The Christian Post. https://christianpost.com/article/20090206/-epiphany-prize-nominees-for-most-inspiring-movie-tv-program-announced 2010年12月3日閲覧。 
  19. ^ 2081 - About the Film” (英語). www.finallyequal.com. 2017年4月29日閲覧。
  20. ^ Malkin, Marc (2008年9月25日). “Holy Double Take, Batman! Here Comes a New Caped Crusader”. E! Online. http://www.eonline.com/uberblog/marc_malkin/b30975_holy_double_take_batman_here_comes_new.html 
  21. ^ 'Social Network' Stars Talk Twitter and Clint Eastwood Archived April 9, 2011, at the Wayback Machine.
  22. ^ Breznican, Anthony (2011年3月26日). “Armie Hammer cast as prince in 'Snow White'”. Entertainment Weekly. 2011年3月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月28日閲覧。
  23. ^ 24 Like15 Dislike0 (2011年5月17日). “Armie Hammer Is the Lone Ranger!”. MovieWeb.com. 2012年1月26日閲覧。
  24. ^ Jordan, Richard (2011年5月14日). “Cannes 2011: Armie Hammer signs on for 2:22”. TotalFilm.com. 2012年1月26日閲覧。
  25. ^ Fleming, Mike Jr. (2013年4月24日). “‘Lone Ranger’ Armie Hammer To Star With Tom Cruise In ‘Man From U.N.C.L.E.’”. Deadline.com. 2013年4月25日閲覧。
  26. ^ 'Man of Steel' star Henry Cavill needs nerves of steel[リンク切れ], usatoday.com; accessed February 16, 2015.
  27. ^ Kroll, Justin (2015年8月28日). “Armie Hammer Joins Tom Ford’s ‘Nocturnal Animals’” (英語). Variety. https://variety.com/2015/film/news/armie-hammer-tom-ford-nocturnal-animals-1201580947/ 2017年4月29日閲覧。 
  28. ^ Nyren, Erin (2017年4月14日). “Brie Larson, Armie Hammer Premiere ’70s Gangster Movie ‘Free Fire’” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/brie-larson-armie-hammer-free-fire-premiere-1202030641/ 2017年4月29日閲覧。 
  29. ^ Kroll, Justin (2014年4月30日). “Armie Hammer to Star in ‘Mine’ From ‘Conjuring’ Producer (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2014/film/news/armie-hammer-mine-from-conjuring-producer-1201167256/ 2017年4月29日閲覧。 
  30. ^ “Straight White Men” (英語). 2econd Stage Theatre. https://2st.com/shows/current-production/straight-white-men#cast 2018年3月11日閲覧。 
  31. ^ Lone Star Love Story”. Town and Country Magazine. 2015年3月31日閲覧。
  32. ^ Armie Hammer and Elizabeth Chambers Debut Their Baby Girl Harper—See the Adorable Pic!”. E! (2014年12月30日). 2015年3月31日閲覧。
  33. ^ Armie Hammer and Wife Elizabeth Chambers Hammer Welcome a Baby Girl!”. E! (2014年12月2日). 2015年3月31日閲覧。
  34. ^ http://celebritybabies.people.com/2014/12/02/armie-hammer-welcomes-daughter-harper/
  35. ^ <Oops! Armie Hammer Reveals the Sex of His Second Child: 'I'm In So Much Trouble'
  36. ^ http://www.instyle.com/news/armie-hammer-baby-boy-name-reveal
  37. ^ ソーシャル・ネットワーク”. ふきカエル大作戦!!. 2021年7月21日閲覧。
  38. ^ J・エドガー”. ワーナー公式. 2021年7月21日閲覧。
  39. ^ ローン・レンジャー”. ふきカエル大作戦!!. 2021年7月21日閲覧。
  40. ^ コードネーム U.N.C.L.E.”. ワーナー公式. 2021年7月21日閲覧。
  41. ^ 君の名前で僕を呼んで”. ふきカエル大作戦!! (2018年4月20日). 2021年7月21日閲覧。
  42. ^ カーズ/クロスロード”. ふきカエル大作戦!! (2017年7月15日). 2021年7月21日閲覧。
  43. ^ TFCA Names "The Social Network" Best Picture of 2010 Winners”. Toronto Film Critics Association (2010年12月14日). 2011年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月18日閲覧。
  44. ^ Chicago Film Critics Awards - 2008-2010”. Chicago Film Critics Association. 2012年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月20日閲覧。
  45. ^ The 16th Critics' Choice Movie Awards Nominees”. Broadcast Film Critics Association. 2012年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月13日閲覧。
  46. ^ The 17th Annual Screen Actors Guild Awards”. Screen Actors Guild. 2010年12月16日閲覧。
  47. ^ Smith, Nigel (2011年12月16日). “Dallas-Fort Worth Film Critics Name 'Descendants' Top Film of 2011”. IndieWire. 2012年1月6日閲覧。
  48. ^ The 18th Annual Screen Actors Guild Awards”. Screen Actors Guild. 2017年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月19日閲覧。
  49. ^ The 2017 WAFCA Awards”. Washington D.C. Area Film Critics Association (2017年12月6日). 2017年12月6日閲覧。
  50. ^ 'The Shape Of Water' And 'Feud: Bette And Joan' Lead Nominations For The 23rd Annual Critics’ Choice Awards”. Los Angeles, CA: Broadcast Film Critics Association/Broadcast Television Journalists Association (2017年12月6日). 2017年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月6日閲覧。
  51. ^ https://www.empireonline.com/movies/news/star-wars-last-jedi-thor-ragnarok-lead-empire-awards-2018-nominations/
  52. ^ 2017 Awards Nominees”. International Press Academy (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  53. ^ 33rd Film Independent Spirits Nominations Announced”. Los Angeles: Independent Spirit Awards (2017年11月21日). 2017年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]