うなずきトリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
うなずきトリオ
メンバー ビートきよし
松本竜介
島田洋八
芸種 漫才
テンプレートを表示

うなずきトリオは、日本のコミックグループ。

1980年代のMANZAIブームに乗って、紳助・竜介ツービートB&Bのツッコミ(うなずき役)によって結成され、プチブームとなった。

デビューするに当たって、当時何人もの大物歌手にオファーを出しており、最終的には大滝詠一がプロデュースを担当した。

メンバー[編集]

ビートきよし1949年12月31日 - 、リーダー )

本名は兼子 二郎(かねこ にろう)。ツービートのツッコミ担当で、相方はビートたけし

松本竜介(まつもと りゅうすけ、1956年4月6日 - 2006年4月1日、サブリーダー)

本名は松本 稔(まつもと みのる)。紳助・竜介のツッコミ担当で、相方は島田紳助。2006年、脳出血のため死去。

島田洋八1950年2月13日 - )

本名は藤井 健次(ふじい けんじ)。B&Bのツッコミ担当で、相方は島田洋七

由来[編集]

ユニット名は、番組プロデューサーの横澤彪が命名。

「うなずき」は島田紳助の「竜介・きよし・洋八の3人を組ませて漫才をやらせてたらどうなるかって? 竜介が『んなアホな!』、洋八が『なんでやねん!』、きよしさんが『よしなさい!』って、うなずくだけの漫才になる」というネタに由来している。

うなずきマーチ[編集]

備考[編集]

  • うなずきトリオ解散後の1986年にビートきよしと松本竜介が“うなずきコンビ”という再結成ユニットを組んで『ひょうきんスター誕生』に出場し、グランプリを獲得したことがある。また、うなずきコンビは2008年4月にきよし・洋八で再結成された。現在でも定期的に吉本の劇場中心に舞台を勤める。
  • 2006年、『ますだおかだのオールナイトニッポン』で設けられた「平成のうなずきトリオを作れ!」というコーナーの中で、平成のうなずきトリオが結成された。メンバーは岡田圭右ますだおかだ)・鈴木拓ドランクドラゴン)・平畠啓史DonDokoDon)の3名。番組内でうなずきマーチ平成版の歌詞を作って録音し、CDデビューも目指していたが大瀧詠一からの返事がなかったため頓挫した。
  • メンバーの一人、松本竜介が亡くなる半年前(2005年10月3日)に、日本テレビ系列の『ものまねバトル』に3人揃って出演。竜介にとってはこれが最後のテレビ出演となった。番組出場時、丸山和也から“何故あなたは紳助みたいにならなかった?”と聞かれ、本人は「何ででしょうね」と笑いながら回答していた。
  • うなずきトリオの兄弟ユニットとして、やかましトリオ仲良しコンビいじわるコンビがあった。
  • トリオでも洋八ときよしは「自分の方がしゃべりができる」というライバル意識が強く仲が悪いそうである[1]
  • 2010年には、この流れを汲むユニットとして有吉弘行のプロデュースの下、さがね正裕(X-GUN)と安田和博デンジャラス)と河田貴一(BOOMER)の3名で「元祖・じゃない方芸人」によるユニット「有吉命名☆ゴーストバスターズ」が結成され、阿佐ヶ谷ロフトAで3回に渡りトークライブを行っている。このユニットのテーマソングとしてさがね作詞の楽曲「前に進め」が制作され、PVも作られた。

脚注[編集]

  1. ^ 1989年10月7日のひょうきん族総集編でのこと

関連項目[編集]