川上泰生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川上 泰生(かわかみ やすお、1953年8月30日 - )は、日本タレントお笑い芸人大分県大分市出身。PINES所属。現在は九州地方でローカルタレントとして活躍している。

来歴・人物[編集]

コントユニット「ヒップアップ」の一員として、『オレたちひょうきん族』などに出演。主にネタ考案の役割を持っており、「アダモステ」のネタも川上が考案した。

トリオ解散(自然消滅)後、1990年代後期から地元である九州に活躍の場を移す。『めんたいワイド』のレギュラー(イムズ前レポーター)を皮切りに、『朝はポレポレ』など、様々な地元ローカル番組に出演。

40代に入るころから頭髪が薄くなり、1998年ころからカツラを被りはじめる。そのことは別に秘密ではないようで、カツラメーカー「アーバンヘアー・ミキ」のCMにも出演していた。現在でも、普段はバンダナを巻いてテレビ出演しているが、このカツラを装着してテレビ出演することもある。また、入浴などのシーンではカツラを外している。

現在は「福岡の顔」といった形。長らく東京で活躍していたことから、東京のタレントにも友人・知人が多い。そのため、ナイトシャッフルでの「一日おもてなし」のコーナーでは、来福する大物芸能人のエスコートをする場合が多い。

2006年6月より、福岡市にて「カワカミスクール」を開校。テレビで通用するリポーターやタレントの養成を、こかどひろこ池田史らと担うことになっている。

現在の出演番組[編集]

CM[編集]

過去の出演番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]