山村美智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまむら みち
山村 美智
本名 宅間 美智子
別名義 山村 美智子(旧芸名)
生年月日 (1956-11-05) 1956年11月5日(65歳)
出生地 日本の旗 三重県伊勢市
身長 166cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル テレビドラマ・映画・舞台ほか
活動期間 1989年 - 現在
配偶者 宅間秋史
主な作品
ドラマ
私の運命』(1994年 - 1995年)
テンプレートを表示
やまむら みちこ
山村 美智子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 三重県
国籍 日本
生年月日 (1956-11-05) 1956年11月5日(65歳)
血液型 B型
最終学歴 津田塾大学学芸学部英文学科
所属事務所 イトーカンパニー
職歴 フジテレビジョン1980年 - 1985年
活動期間 1980年 - 1988年
ジャンル バラエティー報道番組
出演番組・活動
出演経歴 オレたちひょうきん族

山村 美智(やまむら みち、1956年11月5日 - )は、日本フリーアナウンサー女優。元フジテレビアナウンサー。本名、宅間 美智子(たくま みちこ)。旧芸名、山村 美智子(やまむら みちこ)。夫は、元・フジテレビ社員(プロデューサー)で制作会社「(株)サンダーストームエンターテイメント」初代CEO宅間秋史

略歴[編集]

三重県伊勢市の出身[1]で、血液型はB型。小学校卒業後、中高一貫校であるセントヨゼフ女子学園高校から進学した津田塾大学学芸学部英文学科への在学中に、ミュージカル劇団「東京キッドブラザース」で活動していた。

大学卒業後の1980年に、アナウンサーとしてフジテレビに入社する[2][3]。同期入社の社員に、土井尚子(現姓名:坂野尚子。ネイルクイック 実業家)、黒岩祐治(現:神奈川県知事)、亀山千広(前:フジテレビ社長)、松本方哉、横山淳(現:福島テレビ社長)、本間欧彦(現:北海道文化放送常務取締役編成局長)。

フジテレビのアナウンサー時代には、『オレたちひょうきん族』の初代ひょうきんアナウンサー[4][5]として、「ひょうきんベストテン」などのコーナーに出演。入社直後でまだレギュラー番組が少なく、焦りを感じ始めていた頃に、当時のアナウンス部長から「『ひょうきんベストテン』のコーナー(でアシスタントを)やらない?」との誘いを受けたことがきっかけで出演を決めたという。同コーナーへの出演により一躍人気となり、一部マスコミから「アイドルアナウンサーの草分け的存在」とも言われるようになった[1]

1984年に、同僚(当時はフジテレビ制作局のプロデューサー)の宅間秋史と結婚[5]。翌1985年にフジテレビを退社してからも、フリーアナウンサーとして、同局の『FNN DATE LINE』で平日にニュースキャスターを務めていた[6]。後に女優へ転身。2001年には、芸名を山村美智子から山村美智に改めた。

2002年2003年には、『私とわたしとあなたと私』という二人芝居の脚本を執筆。自身の主演・演出による舞台作品として、実際に上演された。2003年には新宿シアタートップスで上演されていて、吉川ひなのを相手役に迎えている。

2003年から2008年まで、ニューヨークに滞在。2007年には、『私とわたしとあなたと私』の英語版に当たる『I and Me & You and I』が、オフ・ブロードウェイのブリーカーズ劇場で上演された。日本人が日本語で執筆したオリジナルの脚本を英語に翻訳したうえで、舞台作品としてオフ・ブロードウェイで上演した事例は初めてで、アメリカ人からも現地在住の日本人からも絶賛された。上演前に親友の深浦加奈子に相談していた事を自身のブログ内で語っている。2009年に日本へ帰国したことを機に、日本での女優業を再開。

人物[編集]

子供時代[編集]

伊勢市で建設会社を営む父と専業主婦の母の3人家族だったが、3歳の頃に父が亡くなり会社が倒産。小さな一軒家に引っ越した後キッチンを除く1階を人に貸して2階の一間で母と暮らし始め、ほどなくして保険の外交員となった母に育てられる[1]

幼少の頃は、気弱な性格で体も弱く幼稚園を休みがちだった。人生で初めて演じた役は、幼稚園の学芸会で演じた『白雪姫』の白雪姫を案内するうさぎの役[注 1]。セリフは一言だけだったが、本人は後年「演じてすごく嬉しかったのを鮮明に覚えています」と回想している[1]

小学生になるとテレビドラマを見ては女優に憧れを持つようになり、国語の朗読が好きになった。制服に憧れて中学からセントヨゼフ女子学園に進学し、演劇部に入部。高校1年生の時に上演した『クリスマスキャロル』で主役のスクルージ役を演じ、脚本と演出もこなした。大勢の生徒たちの前で演じる楽しさと、シスターからも好評価を得て芝居に対する喜びを感じ、本格的に女優を目指すようになる[1]

大学時代[編集]

上京を決意して津田塾大学に進学し、小平市のキャンパス内にある学生寮で暮らし始めた。同時期から一橋大学との劇団サークル・劇団己疑人(コギト)に入団し、演劇漬けの日々を送る。しかし、その後東大の学園祭で野田秀樹の芝居を観て衝撃を受け、才能の差を感じてしまい女優を諦めようとする。4年生になった頃に教師になることを決めて、母校の校長に志願する手紙を書いて内定をもらった[1]

残りの大学生活は、観客として芝居を楽しもうと東京キッドブラザースの公演を観に訪れた。するとチケット売り場に現れた劇団主宰の東由多加から、直々に「あなた、女優になりませんか?」と誘われた。これにより女優活動を続けることを決め、母に「一年だけ」との条件で芝居を続けることを許された[注 2]

1978年12月に同劇団の稽古に加わり、同年末の公演に参加し(一般の女優としての)初舞台は日本武道館だった。ちなみに大学3年生から国立駅近くの四畳半のアパートで暮らしながら家庭教師のバイトをし、大学院浪人中の恋人と付き合っていた。 その後母と約束した1年が来て同劇団を退団[1]

フジテレビに入社[編集]

女優に近い仕事はないかと就職口を探した所、その日が偶然にもフジテレビのアナウンサーの応募締め切りの前日ということが判明。ギリギリの出願だったが同社に採用され、1980年にフジテレビに入社。その後数回の転居を経て、渋谷区代官山のワンルームで暮らし始める[1]

この頃、山村と宅間秋史などフジテレビの職員5人[注 3]で「モダン会」を結成し、時々集まっては日頃のストレス発散を兼ねてワイワイ楽しんでいた[1]。モダン会で大磯に遊びに行った時に宅間からプロポーズされて結婚。その後は渋谷区千駄ヶ谷目黒区祐天寺品川区大井を引っ越しを重ねた[1]

『ひょうきん族』の出演が4年目になった頃、CMにドラマ出演、選挙特番など仕事を任されるようになり多忙を極めた。また、女優をやりたいという思いが再燃したため、入社5年で燃え尽きてフジテレビを退社した後、本格的に女優活動を開始[1]

渡米後の夫婦生活[編集]

その後主演した『私とわたしとあなたと私』が評判となった矢先、夫のニューヨーク転勤が決まった。夫と離れて東京で一人暮らしすることは考えられなかったため、女優活動を休んで夫婦での渡米を決断[1]

渡米後はマンハッタンにある73階建ての超高層アパートの48階で、1LDKながら100㎡もの広さの部屋で暮らした[注 4]。本人は後年「夫との二人の時間を存分に楽しめたことが嬉しかった。ニューヨークで過ごした5年間は、神様からのプレゼントだったと思っています」と回想している[1]

帰国後、宅間はフジテレビから独立して制作会社を立ち上げ、公私ともに充実した日々を送った。しかし、2019年に宅間に食道がんが見つかり入院した夫を懸命に看病したが、2020年12月18日に亡くなった。現在(2022年1月)は、2匹の愛犬(カレンとセリーナ)と暮らしている[1]

エピソード[編集]

「ひょうきんベストテン」では、元ネタになった『ザ・ベストテン』TBS)における黒柳徹子の司会振りを参考に、黒柳のパロディを交えながら進行していた。当時(1980年代)の放送局では社員である女性アナウンサーにスタイリストを付けていなかったため、収録には山本寛斎などの衣装を借りて出演。衣装を汚さないよう留意していたものの、エンディングで放送されていた「ひょうきん懺悔室」(収録中にNGを出してしまった出演者やミスを犯したスタッフがブッチー武者扮する神様の前でNGやミスを懺悔させられるコーナー)で(「反省が足りない」と判断されて)水を容赦なく被らされた時には、着用していた衣装を自腹で買い取ったという。宅間との結婚直後に臨んだ『ひょうきん族』の収録では、NGやミスを犯していなかったにもかかわらず「ひょうきん懺悔室」へ出演させられたが、番組終了後の2021年に臨んだインタビューでは「今となってはいい思い出です」と語っている[7]。『ひょうきん族』での芸人たちによるイジリや掛け合いでは、本人は「それまで舞台で培われた度胸や臨機応変さで何とか乗り切れた」としている[1]

なお、フジテレビ退社後の1986年6月からは、本格的な音楽番組である『ロッテ 歌のアルバムNOW』(TBS)で1年3ヶ月にわたって司会を担当。同局が延べ20年以上制作してきた『ロッテ 歌のアルバム』シリーズの歴史を締めくくる役割を果たした。

『FNN DATE LINE』では初回(1987年10月1日)から平日版のキャスターを務めていたが、同年11月16日放送分での担当を最後に、わずか1ヶ月半で降板を余儀なくされた。降板をめぐっては、「11月16日の放送で三原山噴火関連のニュースを伝えた際に、『あんな島に住まなければいいのに』と発言したことが原因」とされる見解が当初から広まっているが、本人は後年のインタビューでこの見解を明確に否定。「実際の放送では『あんな島に住まなければいいと言う人もいますが、生活されている方にとっては、大切な故郷ですから』と言っていたにもかかわらず、前段の部分だけが切り取られる格好で広まってしまった」と述べている[8][9]

アルベルト・ザッケローニ内田篤人の存在をきっかけにサッカーにのめり込み[10]、日本代表の試合を観戦するため海外まで訪れている。2014年にはブラジルW杯の日本対コロンビア戦を現地観戦[11]2017年にはW杯アジア最終予選UAE対日本戦をUAEで現地観戦した[12]

一人っ子で、3歳の時に実父を亡くしてからは、宅間と結婚するまで実母と2人で暮らしていた[13]。実母に認知症が現れてからは、実母を看護施設に預けながら、女優業の合間を縫う格好で看護に努めている。さらに、夫の宅間が食道ガンに罹患していることが2019年に判明してからは、13回にわたる宅間の入退院にも立ち会った。宅間も一人っ子であったが、1年半もの闘病生活を経て、2020年12月18日に65歳で永眠。宅間との間に実子はおらず、実母の看護については、宅間を看取ってからも一人で続けている[14]。その一方で、2021年10月27日には、結婚生活や宅間の闘病中でのエピソードを綴った『7秒間のハグ』というエッセイ幻冬舎から刊行された。

出演[編集]

アナウンサーとして[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

WOWOW

  • 贖罪(2012年) - 小川真由・由佳の母

映画[編集]

バラエティ[編集]

トーク番組[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

川越町での公開収録「深夜便の集い」において「生きることは旅すること」と題して講演を行った。

メディア[編集]

音楽[編集]

シングル「Be Smiling〜ブッシュマン・ソング〜」

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ このうさぎの役は当初台本にはなかった。『白雪姫』の配役を決める頃に幼稚園を休んでおり、保育士は数日ぶりに登園した山村を見て配役がないことに気づき、急遽山村のために「ピョンピョンピョン、白雪姫さんこちらです」というセリフと共にこの役が作られた。
  2. ^ また、母校のシスターに内定の断りを申し出た所「私はあなたの芝居に感動した一人ですよ。頑張って」との言葉をかけられたという[1]
  3. ^ 他の3人はネットワーク部の遠藤龍之介、営業部の永山耕三、ワイドショーにいた寺尾のぞみ。肩書はそれぞれ当時のもの。
  4. ^ 本人によると、「当時の自宅で印象的だったのは窓から見える外の景色。言葉では表せないくらいとにかく絶景でした」とのこと。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 週刊文春2022年2月3日号新・家の履歴書p60-63
  2. ^ 人生のキーウーマン 洋子 山村美智 Official Blog 2020年1月9日
  3. ^ 山村美智、女優活動を経て局アナに。約40年前の入社、当時は“お茶汲み”で「皮膚が炎症を起こして…」 テレ朝POST 2021年10月12日
  4. ^ コントや劇中歌によく登場し、明石家さんま島田紳助らと張り合った。
  5. ^ a b “元フジテレビP宅間秋史氏が死去 妻山村美智明かす”. 日刊スポーツ. (2020年12月20日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012200000016.html 2020年12月20日閲覧。 
  6. ^ “ひょうきんなアナ 山村美智子 番組降板”. 日刊ゲンダイ. (2013年7月27日). オリジナルの2016年5月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160512174425/http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/143697 2016年5月2日閲覧。 
  7. ^ 週刊ポスト2021年6月4日号「オレたちひょうきん族」40年目の真実p144
  8. ^ ひとインタビュー 第213回 山村美智さん」どらく(2012年3月26日)
  9. ^ 第一線で輝くあの人のニューヨーク・サクセスストーリー vol.17」アイシーニューヨーク(2006年8月)
  10. ^ ザッケローニ監督と 内田篤人選手へ
  11. ^ クイアバの 涙
  12. ^ ラクダレース? いや、リベンジだ!
  13. ^ 2022年2月9日放送分『徹子の部屋』
  14. ^ “山村美智:フジテレビ人気アナから女優に転身 一周忌むかえた夫の闘病生活を告白 「徹子の部屋」”. 毎日キレイ. (2022年2月9日). https://mainichikirei.jp/article/20220209dog00m100002000c.html 2022年2月10日閲覧。 
  15. ^ “国民的美少女・吉本実憂、銀幕デビューで初主演 病と向き合う少女を熱演”. 映画.com. (2014年9月13日). http://eiga.com/news/20140913/6/ 2014年11月26日閲覧。 

関連人物[編集]

外部リンク[編集]